December 15, 2009

2009年11月23日に結婚式をしました。

wedding-syugou


出席してくれた人たちがクチを揃えて言ってくれた言葉が
「これは、本当に本当に準備が大変だったでしょう」。

はい、正直に言って、そのとおりです。
自分でも驚くほど準備が大変でした。

通常の(?)結婚式だって、きっと驚くほど
準備に手間がかかるでしょうが
私たちの結婚式はたぶん、
それ以上に細かな作業が多かった気がする。
そもそも、他人と比べるようなことじゃないですけどね。

でも、その甲斐あって、参列者から
「本当に楽しくて仕方なかった」という、
うれしい感想をたくさんもらえる
ウェディングパーティーになりました。

「いい結婚式だったね」「素敵な結婚式だったね」と
客観的な感想を言われるのではなく、
まるでディズニーランドで遊んだ帰りのような
「すごく楽しかった!」という主観的な感想が欲しかったので、
とってもとっても嬉しかったです。

出席者の1人からは
「20代や30代前半では絶対にできない結婚式だったね。
アラフォーだからこそできた、気配りの行き届いた
素晴らしい結婚式だった」
という、ありがたい言葉をいただきました。

今回の結婚式。
私たちのテーマは「参列者が主役の結婚式」。

忙しい中、時間を作って、オシャレをして、お金をかけて、
わざわざ参列してくれる人たちが
「出席して良かった」と思ってくれる結婚式を目指しました。

新郎新婦はあくまでホスト役なので
自分たちにはなるべくお金も時間もかけませんでした。

来てくださる人たちが、
「美味しい!」と思ってくれるような料理を用意し、
「面白い」「自分がめいいっぱい楽しんでいる」と
実感してくれるイベントをいろいろと仕掛け、
持ち帰って箱を開けるのが楽しみになりそうな
引出物を準備しました。

かけられる手間と時間とお金はすべて
参列者のために。
その気持ちがみんなにも伝わったようで、
写真に残る、参列者全員の笑顔はどれも最高です。
みんなの笑顔が、私たちへの最大のご祝儀でした。

もちろん、思い通りにいかないこともいっぱいあったし、
やり直しができるならやり直したいこともたくさんあるけれど、
いまの私たちにできる最善の結婚式にはなった気がします。

というわけで、これからちょこちょこと
結婚式の準備や当日について書いていこうかと思います。
どなたかの参考になれば幸いです。

mackypimacky at 22:42│コメント(0)トラックバック(0)ウェディング │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字