February 26, 2010

今日は仕事の締切を自主的に早めて(早朝に原稿送信!)
バンクーバー五輪「女子フィギュアスケート」に全力投球!

午前中にやるべきことは全部やって、
ライブ中継が始まる頃には
テレビの前にいられるように準備していました。

フィギュアスケートって、昔は熱心に見ていたけれど
(伊藤みどりさんやカタリーナ・ビットが活躍した時代)
ここ最近はあまり力を入れて見ていなかったので
技とか採点方法とか、何がなんだかわかりません。
いろんなことが昔とは違うんですもの!

でも、一番「変わったな」と思うことは
日本の選手層の厚さです。

男子も女子も3人出場して、全員入賞するなんて、
夢のような時代がきたな、と思います。

キム・ヨナ選手も含めれば、アジアが飛びぬけて
レベルが高いってことなんですかね?

真央ちゃんは銀メダル。
本人はとても残念がっていたけれど
私は素直に拍手したいです。

いくつかミスはあったものの、
トリプルアクセルを2回も跳んだなんてすごい!
この悔しさをバネに、4年後まで頑張って欲しいな。

安藤美姫ちゃんも、鈴木明子さんも、
あの大舞台で、並々ならぬ緊張に打ち勝って、
持てる力のすべてを出したと思います。

キム・ヨナ選手もものすごいプレッシャーがあっただろうに
それを乗り越えて、ノーミスで演技するなんて、すご過ぎます。
まさに金メダルにふさわしい選手ですね。

ただ、キム・ヨナ選手の得点の高さにはちょっと驚きました。
素敵な演技だったけれど、あそこまで2位の真央ちゃんと
差がつくとは……。
これからしばらくはいろいろと言われちゃうでしょうね。

私が今回、不思議に思ったのは
日本代表で日本語がほとんど話せないハーフのリード姉弟がいたり、
アメリカ代表で日本人の両親を持つ長洲未来選手がいたり
(米国育ちだから国籍は日米両方を持っているようですが)、
スケートの世界では、あんまり「国」って重要じゃないんだなぁということ。

個人競技(ペア競技もありますが)だから、なんでしょうかね。

mackypimacky at 16:08│コメント(0)トラックバック(0)スポーツ │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字