May 28, 2011

今年2月に開催された第83回アカデミー賞で
12部門ノミネート、そのうち作品賞、主演男優賞、監督賞、脚本賞を獲得した
映画『英国王のスピーチ(The King's Speech)』を観てきました。
やっと観に行けたって感じ(笑)。

現在の英国女王、エリザベス2世の父親であるジョージ6世と
その妻(9年前に亡くなった101歳まで長生きしていたエリザベス王太后)、
そして吃音症に悩む王をサポートする
オーストラリア人の言語聴覚士ライオネル・ローグの物語です。

史実にフィクションを交えた話で、脚本は自身も若い頃に
吃音症に悩んでいたデイヴィッド・サイドラーが担当しています。

この作品で一番目に付いたのはカメラワーク。
王とローグが向かい合うシーンでは必ず演者がスクリーンの右か左に寄っていて
半分は背後の壁が映っています。
何か意図してのことなんだろうなぁ。

帰ってきてから英国王室について、いろいろと調べちゃいました。
ジョージ6世の兄であるがエドワード8世が
離婚経験のあるウォリス・シンプソン夫人と結婚するために
王位を捨てた話を聞くたびに「ロマンチックなこと!」と思っていましたが
その裏にはジョージ6世夫妻の苦労があったんですね。

泣いたりはしませんでしたが、最初から最後まで
ほんわかした気持ちで観ることができました。

【英国王のスピーチ】
http://kingsspeech.gaga.ne.jp/

mackypimacky at 22:24│コメント(0)トラックバック(0)映画 │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字