September 06, 2011

日本の上空を四六時中飛んでいる何百もの飛行機が
事故もなく、安全に飛行できるよう管制しているのは
国家公務員(国土交通省)の航空管制官。
その人たちを主人公としたドラマがあるのを知っていますか?

CS放送のフジテレビNEXTで放映されているドラマ、
『TOKYOコントロール(東京航空交通管制部)』。


主人公は川原亜矢子。劇中で話す英語の発音がすごく綺麗です。
そのほかに時任三郎、清水美沙、梶原善、野波麻帆などなど。

操縦士やキャビンアテンダント(CA)のドラマはいろいろとあるけど
裏方のドラマはこれが初めてですよね。

いつも乗っている飛行機がどのようにして
コントロールされているのか、全然知らなかったから
毎回興味津々です。

私は管制室って飛行場にあるものだと思ってましたが
違うんですよー。
もちろん、空港にもあるけれど、それは空港の管制塔で
離着陸をコントロールする管制室(ターミナル管制)。
離陸してから各地域に移動する飛行機を日本全域で
コントロール(エンルート管制)している管制は
日本全国には4ヵ所(札幌、東京、福岡、那覇)あります。
東京は、東京と言いながらも埼玉の所沢にあるんですって。
所沢の航空公園駅にあるそうです。

『FLY!FLY!FLY! 』『FLY!FLY!FLY! 紀行』という4分間のミニ番組が
番組の放映前と放映後にそれぞれ放映されていて
これまでなかなか表に出てこなかった管制官の仕事や航空に関する話を
ドキュメンタリーで紹介しています。
これも結構面白いっ!
飛行機がちょっとでも好きな人には楽しめるドラマだと思います。

ちなみにこのドラマ、世界初の3Dドラマなんです。
私が観たのは2Dですけど、3Dのテレビを持っている人は
3Dでドラマが楽しめるらしい。

あ、CSで観られない人もDVDが出ているので
レンタルショップで借りられます。
TOKYOコントロール 東京航空交通管制部 DVD-BOX
TOKYOコントロール 東京航空交通管制部 DVD-BOX
クチコミを見る

もちろん、販売されているので買えます(笑)

【TOKYO CONTROL(東京航空交通管制部)】
http://www.fujitv.co.jp/otn/TACC/index.html


mackypimacky at 18:57│コメント(0)トラックバック(0)テレビ │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字