January 08, 2012

冬至、大晦日、節分。
この3日間の0時00分から0時01分までの
わずか1分間の間にしか、貼ることが許されない
「一陽来復」のお守り(お札)をもらいに、
早稲田の穴八幡宮へ行ってきました。


商売繁盛、金運上昇の効果がある
「金銀融通」のお守りとして人気が高いんですが
冬至から節分までのわずか1か月半しか入手できません。
というわけで、初日の冬至には全国からお守りを
手に入れるために、大勢が訪れて、早朝から長蛇の列になります。

私は年明けの平日に訪れたので
ありがたいことに、境内はガラガラ。
今年も例年通り、一陽来復御守と懐中御守をいただいてきました。


今年は恵方(吉方位)が
亥子(真北から少し西よりの方角)だそうです。


去年とは反対側の南の壁に貼らねば。

穴八幡宮で「一陽来復」御守をいただいたら
そのまま、隣の放生寺へ移動。

こちらの御守は「一陽来福」というように
4文字目が「福」の字になっています。


もともとは穴八幡宮の別当寺(神社内のお寺)だったのが
明治の神仏分離で、神社とお寺に分かれたということで
お互い「こっちが本家本元」と主張し合っているようです。

私はここ数年、両方で御守をいただいて、
上下に並べて貼っています。


上下で貼るようになってからのほうが
なんとなく金運が良くなったような気がする。
あくまで気がするだけですが…(笑)。

とりあえず、2月3日の節分の0時に、
絶対に貼り忘れないようにしなければ!
また2月3日に報告します。


mackypimacky at 11:05│コメント(0)トラックバック(0)気になること | イベント

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字