October 11, 2012

今日からジュリアーニの実家へ帰省します。
なんだかんだとほぼ2年ぶりの九州。

いつもより滞在期間が短いので予定がいっぱい詰まっています。
最後までバテずに完走できるかな。

初日の今日のメインイベントは
帰省ではお決まりの博多・中洲にあるお肉屋さん『ちんや』でのすき焼き!


1人前5000円と大出費ですが、この店の場合、仕方がない。
それだけ美味しいから「良し」とする。

霜降り牛肉!そして、玉子は黄身の色が濃い!


鉄製の鍋でお肉を焼いた後、野菜や豆腐を投入。


九州のすき焼きは焼きながら醤油と砂糖で味付けし、
そのまま食べます(煮込まない)。

でも、自宅で同じように作っても、どうしても美味しく作れない。
それで以前、お店の人に聞いたところ、
「醤油が違う。九州の醤油で作らないと」と言われ、
九州の醤油を使うようになってから(前々回の帰省時に購入して持って帰った)
味がお店の味に近くなりました。

九州の醤油、とは!?
なんと九州では普通の醤油(濃口)、薄口醤油のほかに
甘みのある「うまくち醤油」を使うのが普通らしい。
すごく甘いわけじゃないけど、原材料に砂糖は入っています。

関東のスーパーでいくら探しても、見つからない
うまくち醤油が、九州のスーパーではこんなにたくさん!!


なんで関東では全然扱っていないんですかね〜。


mackypimacky at 22:05│コメント(0)トラックバック(0)グルメ(レストラン) │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字