January 19, 2013

本日は毎年恒例となっている
同じ歳の友人たちと楽しく美味しい料理を食べる会、
「クラブ・カランタン」(「クラブ・トランタン」から改めました)の日。
今年でもう11年目となります。
最初は3人でスタートしたカランタン・メンバーもいまや7名に。

レストランは悩んだ末に昨年秋に恵比寿にオープンした
『サロン メゾン・エメヴィベール』にしました。


昨年のクラブ・トランタンは麹町にある『メゾン・エメヴィベール』だったので
2年続けて姉妹店での開催、になりました。

こちらも麹町のお店と負けず劣らず、素敵な造り。
バーもあるウェイティングスペースもシックでゴージャスです。


まずは乾杯。
こちらはアルコールが苦手な人のために作ってくれた
バラの香りのジンジャーエール。

浮かんでいるのは生花のバラです。

アミューズ・ブーシェ。
「アカザエビのズッキーニ巻」。


こちらは「パンにつけて食べてください」と出された「豚のリエット」。


そして、こちらは表面がツルツルピカピカに成型されたバター。

「どうすれば、こんなにつやつやの丸い形になるんですか?」と
質問したら、「企業秘密です」とニッコリ微笑まれました(笑)。
あとでちゃんと教えてくれましたけど。

で、やっと真打ち。お料理の紹介を始めます。

まずは前菜。
「スコットランド産サーモンのマリネ 香草風味」。

右上に載っているベーコンが、カリッカリッなんですよ、これが。
サーモンの量もたっぷり。

お次はスープ。
私の大好きな「オニオングラタンのスープ」。


お魚料理は
「金目鯛のヴァプール ソース・ブールノワゼット」。


そして、グラニテ。


肉料理の前にはお肉専用のナイフを1人ずつ選ばせてくれました。

持ち手に象牙を使った1本1本、手づくりのナイフだそうです。

肉料理は
「シャラン産鴨のロースト カルダモンの香るリンゴを添えて」。


一口デザートは
柚子と人参とオレンジと金柑のスープ。


デザートは3種類からそれぞれチョイス。
私の選んだのは
「ラ・フランスのソルベとゴルゴンゾーラのクリーム
オレンジ カラメルソース」。


パリパリの皮と皮の間にソルベとクリームが挟まっています。


こちらは「80%カカオをつかった温かいビスキュイショコラ
バニラのアイスクリームとくるみのカラメルソース」。


「マスカルポーネのクリームとエスプレッソのグラニテ
シナモン風味のシュトロイゼル」。

右の筒の中にエスプレッソのグラニテが入っています。

最後に出てきた小菓子たち。

これは食べきれなくて、お持ち帰りにしてもらいました。

写真を撮り忘れてしまいましたが
パンも3種類出てきて、美味しかったです。

7人とも大満足のボリュームとクオリティでした!
サービスも完璧だし、コストパフォーマンスも良いと思います。

こちらのお店はレストランウェディングも行っているそうで
独身女子の皆さんは館内を「将来の参考に」と
食後に見学して歩いていました。

早く誰か、ここで結婚式をやってくれないかなぁ。

【メゾン・エメヴィベール】
http://www.aimeevibert.com/maison/


mackypimacky at 18:26│コメント(0)トラックバック(0)グルメ(レストラン) │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字