August 21, 2014

無料鑑賞券を利用して『ホットロード』を観てきました。
どうしても、お金を払う気にはならなかったんですよね( ̄▽ ̄;)
hotroad_poster_large

 まさにマンガの世界そのままで作っていて、昭和感たっぷり。
携帯電話は存在しないので、電話はみんな固定電話だし、
ナンバープレートの頭の数字は2桁。すべてが昭和テイスト。

でも、原作にすごく忠実に作られていて、
セリフもほぼ一緒で、何回も泣いてしまった。

正直、今の若者が観ても、わからないだろうなぁと思ったし、
観終わって映画館を出るときに周囲から聞こえてきた感想も、
私とはだいぶ違っていました。

原作をほぼ完璧に覚えている身としては、ツボなシーンがたくさんありましたね。
3年の担任の男の先生や、ママのピンクのガウン、宏子さんの「バイバイ、和希」とか。

ちなみに能年玲奈は結構、和希っぽかったです。
春山は背はもうちょっと低くて、サル顔の人が良かったな。
スズキくんはもっと細身の人であって欲しかった。
ママは木村佳乃だと雰囲気が強すぎるかと思ったけど、
演技の上手さなのか、ちゃんとママに見えました。

単行本全4巻のボリュームだと、2時間の映画にしても、
あまり、エピソードをカットせずに原作に忠実に製作できるんだなぁと思いました。
暴走族の抗争とか、ヤンキーのロングスカートとか、
最近の子供にはまったくピンとこないであろう設定が
そのままなことは、ある意味、すごいです。

【ホットロード】
http://hotroad-movie.jp/

mackypimacky at 19:47│コメント(0)トラックバック(0)映画 │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字