July 15, 2015

妊娠初期に一番辛かったのは、
飲み食いできなかったこと。

一日中、気持ちが悪くて、吐き続けていたし、
何も食べていないときは胃液を吐いていました。

夕方、炊飯器から漂う匂いも耐えがたく
ご飯を炊く時間帯は絶対に台所に近づけなかったし、
まだ自分でスーパーへ買い物しに行っていた頃は
魚売り場付近の生臭さも耐えられなかった。

あと、水道水。
ある日、突然、水道水の匂いがダメになりました。
前日まで普通に飲めていたのに、まるで泥水のように
感じられて、飲むのはもちろん、顔を洗ったり、
シャワーを浴びるのもきつくて、
長時間(といっても10分ぐらいだけど)、水を使うシャワーの後は
2時間ぐらいグッタリしちゃいましたね。

食べられるものがどんどんなくなっていって
あれだけダイエットをしても痩せなかったのに
体重も急激に減り、このままじゃお腹の赤ちゃんが危険では?
とビビったぐらいです。

でも、お医者さん曰く
「初期の頃は何も食べなくても赤ちゃんに影響はありません。
ただし、水分は必ず摂ってくださいね。
今は脱水症状にならなければ大丈夫ですから」とのこと。

とにかく水分だけは摂らなければ、と必死だった私が
唯一飲めた飲み物が「オランジーナ」。
orange
炭酸と柑橘系という、つわり妊婦にはありがたい
ゴールデンコンビの飲料です。
毎日、ジュリアーニに買って帰ってきてもらいました。
私にとっては「命の水」ですよ〜。

ジュースだから糖分を摂りすぎかも、とは思いましたが
そんなこと構っていられないので
ひたすら毎日飲んでいましたね。

最近は「レモンジーナ」という姉妹品も出ているので
当時発売されていれば、レモンジーナも愛用していたな、絶対。


mackypimacky at 18:32│コメント(0)トラックバック(0)妊婦生活あれこれ | グルメ(その他)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字