June 2010

June 30, 2010

アウェー開催のワールドカップで初めて
予選リーグを突破し、決勝トーナメントに進んだ日本。
勢いにのってベスト8進出も夢じゃないかも、という
空気が流れていましたが、残念ながら
延長でも決着がつかず、PK戦でパラグアイに敗れました。

でも、PK戦は「運」で決まります。
外した駒野のことは責められません。
あれはもう、仕方ない。
胸を張って、帰って来てほしいな。

南米の強豪チームを120分間、0点でおさえたことを
今回は心の底から誉めてあげたい。
みんな、最後まで本当に頑張ったと思います。
よくやった、日本代表!

まだまだ課題はたくさんあるけれど、
これまでのワールドカップに出場した日本代表としては
一番まとまりがあり、結果らしい結果を出したチームと言えるでしょう。

何より、未来を担う子供たちに「サッカーの面白さ」を教えてくれました。

今日は難しいことや厳しいことは言わずに
監督、選手、スタッフを労いたい気持ちでいっぱいです。

あとは今回のワールドカップで、にわかサッカーファンになった人たちが
4年後に向けて、Jリーグにも足を運ぶようになり、
「真のサッカーファン」に成長してくれることが期待されます。
ワールドカップで燃え尽きて、日本を渦巻いたサッカー熱を下降させてはいけません。

そのためにも、Jリーグの選手は1試合1試合を全力で戦って
観客を楽しませる試合をたくさん見せて欲しいと思います。

ちなみに日本対パラグアイ戦の平均視聴率は
関東地区で57.3%、関西地区は54.1%、
瞬間最高視聴率は64.9%で中継したTBSの歴代視聴率No.1に
なったそうです。


mackypimacky at 23:48│コメント(0)トラックバック(0)スポーツ │

June 29, 2010

ベランダで育てていたミニトマト。
ついに、ついに赤くなりました〜!
CIMG0981

大きい実から小さい実までたくさん、実っています。
これからどんどん、赤くなっていくのかな。

早速、最初に赤くなったトマトをジュリアーニのお弁当に入れたんですが
帰ってきてからの感想は「皮が固いので火を通さないとダメかも」とのことでした。

うーん、調理用ミニトマトって書いてあったから
やっぱり生で食べるのは難しいのかも。

赤くなったら、少し貯めておいて、まとめて
トマトソースとかにしたいですね。

mackypimacky at 22:58│コメント(0)トラックバック(0)日々の出来事 │

June 28, 2010

昨日の夜から今朝にかけて、ワールドカップの
決勝トーナメント1回戦では好カードの戦いが続きました。

「イングランド対ドイツ」。そして「アルゼンチン対メキシコ」。
そしてどちらも、レフェリーの決定的な誤審で試合の流れが
変わりましたね。

イングランド対ドイツなんて、決勝戦でもおかしくないカードです。
そんな試合でミスジャッジとは!

ランパードのシュート、絶対、入っていたと思うんですよね〜。
最終的には4−1と大差がつきましたが
あのゴールが決まっていたら、内容は大きく変わっていたかも。

レフェリーは「絶対」なので、誤審と後でわかったところで
結果は同じです。
きっと、「ビデオ判定にしろ」って流れが加速化するだろうな。

人間がすることだから、ミスをしないっていうのは無理だと思うけれど、
ミスするレフェリーって、だいたい同じ。
自意識過剰な人が多い気がします。

イタリアのコッリーナさんみたいに厳しくても、的確なレフェリーなら
「この人の言うことなら信頼しよう」って
選手も安心してプレーできるんですけどね。

mackypimacky at 20:26│コメント(0)トラックバック(0)スポーツ │

June 27, 2010

自宅の近所の「県民体育センター」というものがあり、
屋内プールと屋外プールが250円で使えるというので行ってみました。

向かっている途中に雨が降ってきたので
残念ながら屋外プールは使用できなかったんですが
屋内プールはほぼ貸しきり状態。

お客さんは私を含めて5人しかいませんでした。
25メートルレーンが8つもあるのに5人です。

私はほとんど泳がず、1時間ぐらい水中を歩きました。
2キロぐらいは歩いたことになるのかな。

値段は安いし、あんまりお客さんがいないので
ゆったりと利用できるんですが、いかんせん、ロッカールームが汚い!

お世辞にも「清潔」といえる環境じゃありません。

施設も全体的に古くて、ほとんど予算がかけられていないのが
一目瞭然です。

神奈川県もこんな施設にまで回すお金はないのかもしれないけれど
せめて、1時間に1回ぐらい、掃除をするとか、して欲しいな。
もうちょっと衛生的ならば、頻繁に通うんですけれどね。

mackypimacky at 18:11│コメント(0)トラックバック(0)スポーツ │

June 26, 2010

大好きな銀色夏生さんのエッセイ、つれづれノートの最新刊、
『今日、カレーとシチューどっちがいい?』が発売されました。

今日、カレーとシチューどっちがいい?  つれづれノート (18) (角川文庫 き 9-18)
今日、カレーとシチューどっちがいい? つれづれノート (18) (角川文庫 き 9-18)
クチコミを見る

まだ、買ったばかりなので、これから読みます。

そうそう、9月まで角川文庫の「銀色夏生フェア」が開催されるそうで
銀色さんの過去の作品で絶版になった詩集も
再販されるとのこと。早々に本屋さんへチェックしに行く予定です。

最近、銀色さんがtwitterを始めました。
本の中、そのままのマイペースな発言の数々で
フォローしていて、すごく面白いです。

大好きな作家の日常を知ることができるって
twitterの利点の1つですね。

mackypimacky at 23:09│コメント(0)トラックバック(0) │

June 25, 2010

日本代表、3−1でデンマークに勝ちました!
決勝トーナメントに進出です!!

自国開催だった2002年日韓W杯のときと違って
今回はアウェーでの勝利の末の予選リーグ突破!
素晴らしい結果だと思います。
本当に、本当に代表チームの選手、スタッフに感謝したいです。

深夜に一人で観ていたけれど(ジュリアーニは翌日、仕事なのでご就寝)
twitterで友達とリアルタイムでやり取りしていたので、
まるで大勢で観戦しているようでした。

それにしても、こんな勝利の喜びを味わえる日が来るなんて。
試合が終わったとき、あまりにも感慨深くて泣いちゃいました。

私がサッカー専門誌の記者になったとき、
Jリーグもまだ開幕していなかったので
世の中では「スポーツといえば野球」でした。

スポーツニュースも、番組タイトルからして「プロ野球ニュース」ですよ。
野球以外のスポーツなんて、ほんのちょっとしか報道されない時代で
一般紙はもちろん、スポーツ新聞にも
サッカーの記事なんてほとんど出ません。

どこにいってもマイナースポーツ扱いされて
「サッカー雑誌を作っています」と言っても
周囲の反応はほとんど何もなく
「サッカー?なんでそんなものを仕事にしているの?」と
言われていました。

世界で一番愛されているスポーツなのに、
なぜ日本ではこんなにマイナーな扱いなんだろう?

「どうすれば日本でサッカーが普及するのか。
何をすれば、外国のように、生活に溶け込んだスポーツになるのか。
いつになれば、日本国民がサッカーの試合を熱心に見る日が来るのか」

サッカーを愛して、仕事として関わっている人たちは
誰もが同じことを考えていました。

サッカーの面白さを世の中全体に、
そして、できれば小さな子供たちに知らしめたい。
サッカー人口が増えれば、おのずとレベルも上がるし、
裾野も広がる。
運動能力の高い子供はみな、野球をプレーしていたけれど
サッカーチームにも入って欲しい。
力のある子が集まれば、チームはどんどん強くなり、
いつしか日本全体の底力も上がるはず。

そう考えて、給料が安くても、休みが全然ない激務の連続でも、
私たちはサッカーを報道しつづけたのです。

サッカー雑誌に勤めていた5年弱の間、
私はずっと「子供たちに夢を与える記事を書こう」と決めていました。
子供たちがワールドカップに出ることを夢見る時代が来るように、
そしてワールドカップで活躍する日の丸を背負った選手を声を枯らして
応援する子供たちが大勢いる時代が来るように。

いま、代表で活躍している選手たちの大半は
Jリーグが開幕した頃に小学生だった人たちです。
中には小学生にもなっていなかった人もいます。

彼らの生活には、昔と違って
「サッカー」があるのが当たり前の日々になっている。

サッカーを愛する人たちの想いと努力が
少しずつ少しずつ実を結び、
そんな時代がやってきたのです。

夢に見続けていたことが、
やっとやっと形になってきたのです。

野球の陰に隠れて、日の目を見なかった時代を
知る者にとって、こんなにうれしいことはありません。

私はほとんど何もしていないに等しいけれど
サッカーにかける想いは、いまも昔と同じです。

今日の試合を観た子供たちが、
「自分もワールドカップに出る。いつかワールドカップで優勝する」
そんな夢を持ってほしい。

みんなの夢にかけるパワーが
いつか必ず夢を現実に変えるってことを
デンマークとの一戦で教えてくれました。

サッカーの面白さを改めて知った、最高の試合でした。

mackypimacky at 20:59│コメント(0)トラックバック(0)スポーツ │

June 24, 2010

パンを焼こうと思って、干しブドウとクルミを買ってあったのですが
なかなかパンを焼く機会がなかったので
これらの具材を入れたパウンドケーキを焼くことにしました。

バターに小麦粉を混ぜて焼くだけのお手軽ケーキなので。

ジュリアーニの好きなチョコレート味になるよう
生地にはココアを混ぜてみました。

じゃじゃーん。
CIMG0978

久しぶりに上手に焼けたと思います。
まだ食べていないですけれど、干しブドウとクルミを
「これでもか!」ってぐらいたっぷりと入れたので
結構食べ応えのあるパウンドケーキになったと思います。

-----------------------------
★材料★
薄力粉 100g
ココア   20g
ベーキングパウダー 小さじ1
バター   70g
砂糖   80g
玉子   2個
干しブドウ 適当に
クルミ   適当に

★作り方★
【1】薄力粉、ココア、ベーキングパウダーを合わせて2〜3回ふるいにかける。

【2】バターを溶かして、砂糖を2〜3回に分けて混ぜる。

【3】バターに玉子を混ぜて、ふるった粉を2〜3回に分けて入れ、
ゴムベラでさっくりと混ぜていく。

【4】型に生地を流し込み、170度で約50分焼く。
※途中でケーキの生地の表面に包丁で切り込みを入れるとキレイに膨らみます


mackypimacky at 21:14│コメント(0)トラックバック(0)お菓子作り │