October 2012

October 31, 2012

間もなく10月が終わりますが、ネイルサロンでネイルチェンジ!

ここ最近、ネイルカラーは
カラーセラピストのマリちゃんに自分の体調や目標を伝え、
「どんな色がいいか」アドバイスを受けています。

今回の指示は「メインがグリーンで、アクセントがピンク」。
というわけで、こんなネイルになりました。


親指と薬指にストーンを使って
ピンク色の花を咲かせてもらいました。


結構かわいいので気に入っています!



mackypimacky at 22:24│コメント(0)トラックバック(0)ビューティー │

October 29, 2012

ドラマ『踊る大捜査線』の15年の歴史に幕を下ろす、最後の映画
『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』。


最後だ、最後だと前評判をあおり過ぎた気はしますが
まぁ、こんなものかなぁ。フジテレビの映画だもんね。
2時間ドラマっぽくても仕方なし。

設定があまりにもご都合主義っぽくて(犯人グループが)
「最後にまとめるためとはいえ、なんだかなぁ」と思っちゃいました。

観る前から「犯人は香取くん」という情報が氾濫していたけれど
最後のほうまで「あれ、どれが香取くん?」と
私は香取くんがどの役なのかわかりませんでした。
その辺はうまく撮っていたと思う。

これまで『踊る〜』はドラマも映画も全部観てきたので
「ああ、終わっちゃったんだ〜」という気持ちもありますが
いい引き際ではありますね。

しかし、深津絵里ちゃんの「すみれさん」が好きだったから
すみれさんが観れなくなるのは寂しいです。

【踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望】
http://www.odoru.com/index.html

mackypimacky at 00:15│コメント(0)トラックバック(0)映画 │

October 28, 2012

「来週、友達と一緒に食べに行こうかな」と思い、
鵠沼海岸にあるかき氷屋さん『埜庵(のあん)』のブログをチェックしたら
再開日未定の状態で今日を最後に休業することと知りました。
もう、びっくりです。

今にも雨が降りそうな天気だったけれど
慌てて食べに行きました。
最終日だから、すごく混んでいるかもと思っていましたが
お天気が悪かったおかげなのか、ほとんど待たずに注文できました。

かき氷の中にブドウのゼリーが入っている「Wぶどう」。


最後と知って食べに来ているお客さんも多かったですが
知らずに来て「え、今日で最後なの!?」と驚いている人も多数いて、
誰にとってもショックなニュースなんだと思いましたよ。

帰り際、オーナーさんがお客さん1人1人をお見送りしてくれました。

閑静な住宅街にいつも大行列ができるため、近所迷惑になることが多く、
これ以上、営業することは難しいと判断したそうです。
人気がありすぎて休業なんて、なんだか納得いかないけど
仕方ないですよね。

近隣に迷惑をかけない場所へ移転を考えているとのこと。
もしかしたら、移転先が決まるまでの間に
期間限定で営業したり、完全予約制で営業したりする可能性も
あるらしいので、そうなることを期待しています。

できれば近所で再開してほしいですが
とりあえずはまた来年、どこかでこの美味しいかき氷が食べられることが
一番の望みです。

【埜庵】
http://kohori-noan.com/


mackypimacky at 21:25│コメント(0)トラックバック(0)グルメ(スウィーツ) │

October 26, 2012

春に続いて、大好きなフランス生まれのキッチンウェアブランド、
『LE CREUSET(ル・クルーゼ)』のファミリーセールへ行ってきました!

今回は午後に予定があったので、
気合を入れて早起きをし、朝7時半に自宅を出発♪
それでも、会場に着いたのは9時ぐらい(やっぱり、藤沢は遠いよ〜)。

7時前から会場入りして、待っている人がたくさんいると聞いていたので
入場まで2時間ぐらい待つ覚悟で、座布団、文庫本、飲み物を持参しましたが
ラッキーなことに開場時間の10時から入場できる第一陣に入ることができました。
でも、私の後にはすぐに長蛇の列ができていた。。

第一陣で入ったおかげか比較的ゆっくりと商品を見て回れました。
でも、人気商品はあっという間になくなっていた…。

みんな、すごいですね〜。
まぁ、私も気合を入れて頑張りましたが!

で、こちらが戦利品でーす。


前回はストーンウェアだけだったんですが
今回は2人用の鍋に使う目的で(今、我が家には4〜5人用の大きな土鍋しかない)
ココット・ジャポネーズかビュッフェ・キャセロールを買う気満々で行きました。

どちらにしようか、そしてどの色にしようか迷ったんですが、
実物を見るとキャセロールの方が使いやすそうでした。
鍋だけじゃなく、煮魚やパエリアにも使えるし、
ホットケーキやお好み焼きを焼くにもいいかも。

色は同行してくれたマリちゃんに
「和食には使うなら黒がかっこいいんじゃない?」と言われ、ブラックを購入。

◎ビュッフェ・キャセロール26cm<ブラック>


ファミリーセールに行くまで「黒」は選択肢になかったんですが
実際、手に取ってみると、たしかに和食でも違和感がない気がする。
艶消しになっているのも、鉄鍋っぽくてかっこいいですね。
黒のキャセロールは売れ行きが良くて、私がキープしたらラスト1個でした。

そして、こちらがストーンウェアの戦利品。


まずは◎オーバル・パイディッシュ24cm<オレンジ>


◎フラワー・プレート<オレンジ>


◎ライスボール<タンジェリン、サテンピンク、ライム、サテンブルー>

これは今回、とっても欲しかったもの。
その名のとおり、お茶碗ですが
鍋の取り分け碗としても使えそう。
いつも、お皿は同色で揃えますが、あえて色違いで揃えてみました。
スタッキングするととってもキュート♪

◎マルチ・スタンド<アイボリー、オレンジ>

スパチュラたてにしたり、歯ブラシたてにしたり、いろいろと使えます。
私はオレンジをキッチンで使い、アイボリーをミニブーケ用の花瓶にするつもり。

◎スプーンレスト<カリビアンブルー>

これは何に使うかというと…。

こうやって使うのです!

調理中に、スパチュラや計量スプーンなどを置くのに便利。

こちらはポッツ&パンズクリーナーとダブルオーブンミトン<ブルー>。

オーブンミトンは全長センチと横長です。
ポッツ&パンズクリーナーは友人から頼まれたので
1本買いました。

最後は15,000円以上買ったお客さんへのプレゼント。
◎ラムカン・ダムール<イエロー>×2個


朝早かったけれど、2時間近く、楽しく買い物できました。

ただ、2日目の第一陣でも入手できない商品が
いくつもあったので、次回は初日参加を目指そうかな。


mackypimacky at 22:22│コメント(0)トラックバック(0)イベント | グッズ

October 24, 2012

『運命じゃない人』『アフタースクール』を撮った
内田けんじ監督の最新作『鍵泥棒のメソッド』。



番宣に出ていた堺雅人が「ラブストーリーです」と言っていたけれど
最初のうちは「??ラブストーリー?」って感じでした。
でも、ラストシーンで「ああ、本当にラブストーリーだった」と納得。
本当に予測不能のストーリー展開で面白かったです。

売れない貧乏役者(堺雅人)と優秀な殺し屋(香川照之)の人生が
ある日を境に入れ替わってしまう。
そこに結婚したくて婚活中の雑誌編集長(広末涼子)が加わり、
話はどんどん思わぬ方向へ進んでいきます。
登場人物は少ないけれど、出てくる人は誰もが個性的で目が離せません。

香川照之がここでも芸達者ぶりを発揮しています。
この人っていつからこんな性格俳優になったんだろう。
昔は「ああ、東大出の浜木綿子の息子ね」ってぐらいの存在感だったのに。

【鍵泥棒のメソッド】
http://kagidoro.com/


mackypimacky at 00:21│コメント(0)トラックバック(0)映画 │

October 21, 2012

V6の岡田准一くんが主演した、『天地明察』。
江戸時代前期に天文学を学び、800年にわたって使われてきた
日本の暦を変えようとした実在の人物、安井算哲(渋川春海)を描いた作品です。
監督は『おくりびと』でアカデミー外国語賞を受賞した滝田洋二郎さん。

奥さん役が宮崎あおいなんで、以前に観た
嵐の桜井くんと共演した『神様のカルテ』を思い出してしまった。
どことなく同じ雰囲気?

江戸時代に天文学、しかも鎖国している時期だから
道具も情報もなかなか日本には入って来ない中、
月の動きを観察するのは本当に大変だったんだろうなと推察できます。

でも、今と違って、無駄な灯りが少ないから江戸ではすごく綺麗な星空が
見れたんだろうなぁと、作中にでてくるCGの星空を見てうらやましく思いました。

しかし、暦を決めることは朝廷から妨害を受けるようなことだったんだ、と初めて知った。
暦を操る者が国を操るって考えがあったのね。

映画の中で年数がかなり経過しているはずなのに
登場人物がほとんど歳をとっていないことに違和感は感じましたが
その辺を意識して、メインキャストを童顔の2人にしたのかしら(笑)。

【天地明察】
http://www.tenchi-meisatsu.jp/index.html

mackypimacky at 20:28│コメント(0)トラックバック(0)映画 │

October 20, 2012

いつも観ている映画館のポイントが貯まっていて
無料鑑賞できたので『るろうに剣心』を観ました。

なんの思い入れもなく観たんですが、どうやらそれが良かった感じ。

さすがマンガが原作って思うぐらい、登場人物が濃くて面白かった。
香川照之はすっかり“色物”が売りになっていますね(笑)。
そして、想像以上に凄惨な残虐シーン続出で絶句〜。
吉川晃司演じる鵜堂が人を殺しまくりです〜(゚ロ゚;ノ)ノ

佐藤健くんの殺陣が、非常にカッコ良かった。
彼が『龍馬伝』で演じた岡田以蔵が生まれ変わったみたいで
なんだか不思議な気持ちになりました。
龍馬伝と同じ監督さんだから、あえて、狙ったのかな?

興行成績が良かったら続編とか作るんですかね。

【るろうに剣心】
http://wwws.warnerbros.co.jp/rurouni-kenshin/index.html


mackypimacky at 00:23│コメント(0)トラックバック(0)映画 │