May 2013

May 11, 2013

有名なパティシエで、川島なお美の旦那さんでもある
鎧塚俊彦さんが箱根の近くで農園を始めた、
というニュースを数か月前に耳にしていたのですが
それがどこにあるのかは全然知りませんでした。

ところが、最近一緒に働いているKさんから
「昔、豊臣秀吉が一晩で建てた城として有名な
“一夜城”のそばにあるヨロイヅカさんの農園には
ランチができるカフェやショップが併設されていて、
いつも長蛇の列なんだよ」と教えられ、俄然、興味がわいてきた!

私と一緒にヨロイヅカファームの話を聞いていたAさんは
先週末に早速、訪れたそうなんですが
GWだったためか、カフェは予約で満席、
パティスリーも大行列で、ケーキやパンはほとんど売切れていて
「まったく選択の余地がなかった」と嘆いていました。

そこで、大雨降る本日、
「こんな天気の日こそチャンスでは!?」と思い、
行ってみました『一夜城Yoroizuka Farm』へ。
CIMG9623
CIMG9624
CIMG9625
大雨のせいで視界は真っ白。
数メートル先も雨で霞んでいます(* ̄∇ ̄*)

この建物がカフェと、パティスリーと、マルシェ(野菜と花の直売所)。
CIMG9627

やはり、雨の日に行って正解!
まったく混んでおらず、パンもケーキも豊富な品ぞろえ。
選び放題!!(お金があればって前提ですが…)
CIMG9631
CIMG9646
CIMG9647

こちらは注文後にクリームを詰めるシュークリーム。
CIMG9649

こちらは「マカロン」みたいな「ルクセンブルグリー」。
CIMG9642
フランス発祥のマカロンはアーモンドの粉で作るんだけれど
スイスではヘーゼルナッツの粉を使い、「ルクセンブルグリー」と呼ぶそうです。

ケーキはこの4つを買いました。

ジュリアーニの大好きな、ラム酒たっぷりの「ババ」。
CIMG9654

先程紹介した「シュー・ア・ラ・クレーム」。
CIMG9657

ピスタチオのプリン「クレム ピスターシュ」。
CIMG9660

ゴールデンオレンジのゼリーとバニラムースと抹茶のムースが三層になった
「エクラタン」。
CIMG9665

ジュリアーニ曰く「値段が高いっ!」ってことですが
私は「六本木ミッドタウンのショップに比べた3割ぐらい安い」と思い、
ついつい買ってしまいました。

ピスタチオやヘーゼルナッツを使ったケーキもたくさんあるし、
ロールケーキも美味しそう。
久しぶりに「いつか、全種類を制覇したい」と思わせるお店でした!

【一夜城Yoroizuka Farm(ヨロイヅカファーム)】
http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/farm/

mackypimacky at 21:28│コメント(0)トラックバック(0)グルメ(パン) | グルメ(スウィーツ)

May 09, 2013

ジュリアーニの誕生日です。
本人はまったくもって「ケーキが食べたい」なんて
思っていないんですが、
こんな機会でもないとホールケーキが買えないので
頼まれてもいないのに、私はケーキを買ってきました。

今回はこちら!
CIMG9579
『ANTENOR(アンテノール)』の「モンブランデコレーション」。
渋皮栗とマロンクリームたっぷりのモンブランケーキで
生クリームとスポンジに渋皮栗と洋梨がサンドされています。

ジュリアーニはモンブラン好きなので、ちょっとだけ喜んでくれました。

いいオッサンになりましたが、とりあえずロウソクは立てないとね。
というわけで、1本だけ。
CIMG9594

ちょっと寂しい感じもするけれど、とりあえず、お誕生日おめでとう!

mackypimacky at 22:46│コメント(0)トラックバック(0)グルメ(スウィーツ) │

May 06, 2013

毎年恒例、ジュリアーニの誕生日ランチ(今回は誕生日前なのでプレ)!
場所はもちろん、永福町の『MASSIMOTTAVIO(マッシモッタヴィオ)』です。


今回はGW最終日だったので、混んでいて
かなり前に予約をしたけれどカウンター席でした。
ジュリアーニはピッツェリアの
カウンター席が好きなので問題はないんですけどね。

最初にランチ用のサラダ。


こちらはジュリアーニの頼んだ
「ビアンカ コン サルシッチャ」。

モッツァレラ、サルシッチャ、タマネギ、バジリコ、パルミジャーノが
のっています。

私の頼んだ「アンナレッラ」。

モッツァレラ、アスパラガス、ベーコン、ニンニク、バジリコ、黒胡椒のせ。

実は前回、マッシモッタヴィオを訪れた時、
生地に塩気が足りなくて、「レシピを変えたのかな?」と
2人で首を傾げたんです。
もし、今回も前回同様の塩気のない生地だったら
「来訪はこれっきりになるかも」と話していたのですが
今回はバッチリ、いつもの味でした!

ということで、「今後も通う」とジュリアーニは宣言しておりました。

【MASSIMOTTAVIO(マッシモッタヴィオ)】
http://www.massimottavio.com/


mackypimacky at 19:04│コメント(0)トラックバック(0)グルメ(レストラン) │

May 05, 2013

自宅からそう遠くない場所に
本場ドイツ並の美味しいソーセージを売っている店があるという
情報を入手しました。

その店の名は『Wunderbarhof ANDO』。
店頭にはドイツ国旗が揺らめいています。


入口にはオススメの商品を紹介した看板あり。


何種類もあって、どれを買おうか迷いましたが
お店の方がいろいろと説明をしてくれるので
悩んだ末に3種類を購入。

1つ目はドイツ・ミュンヘンの名物でもある
白ソーセージ「ヴァイスヴルスト」。

国際コンテストで銀メダルを受賞したそうです。

ノンスモークのウィンナー「メットヴルスト」。

お湯で軽く茹でた後に、油をつかわず
フライパンで焦げ目がつくまで炒めます。

こちらはハムを使った加工品「シンケンアスピック」。

豚ハム・ヤングコーン・マッシュルームのブイヨンゼリー寄せ。
私にはちょっとしょっぱかった。残念。

でも、ウィンナーソーセージは2種類とも美味しかったです。
ビールが好きな人にはたまらないかも。

【湘南くん煙工房 Wunderbarhof ANDO】
〒252-0802 神奈川県藤沢市高倉606-4
TEL:0466-44-2911
http://andomeat.com/


mackypimacky at 18:54│コメント(0)トラックバック(0)グルメ(その他) │

May 04, 2013

せっかくのGWなのに、どこにも行かないのもなんなので
夕方から近場の温泉へ行くことに。

いつもは鶴巻温泉の「弘法の里湯」へ行くのですが
今回は隣の東海大学前にある「天然温泉さざんか」という
温泉へ行ってみました。


その存在を初めて知ったけれど
値段も安いし、施設もキレイで、広くて、使い勝手は良い温泉でした。
あかすりエステや格安マッサージサロンも併設しているので
今度はお風呂だけじゃなくオプションもつけたいです。

温泉の後は本厚木にあるラーメン屋さんで夕ご飯。
調べたら、本厚木ってラーメン屋さんが多いんですね。

食べログで上位にあった「麺や食堂」へ行ってみました。


こちらはジュリアーニが頼んだ「ゆずしおそば」。

ちょっとだけ分けてもらったら、さっぱりしていて美味しかった!

こちらは私が頼んだしょうゆ味の「味玉そば」。

スープは魚介系で、麺は細くてかため。
まさに“中華そば”って感じです。

こちらはジュリアーニが頼んだ「豚マヨ」。

豚肉のピリ辛炒めがのったご飯。

最後にギョウザ。お店の手作りだそうです。


食事が終わったころを見はからって
サービスで黒烏龍茶を出してくれます。
口の中がさっぱりして、うれしかった。

お客さんはひっきりなしに訪れていて
人気店なんだなぁと思いました。
とんこつ好きのジュリアーニは物足りなかったみたいだけど
私は好きな味です。

【麺や食堂】
http://www.santacala.com/menya_menu.html


mackypimacky at 22:52│コメント(0)トラックバック(0)リラクゼーション | グルメ(その他)

May 03, 2013

ここのところ、忙しくて全然映画を観る機会がなかったのですが
なんとか時間を作って『舟を編む』を観てきました。
poster

原作は2012年の本屋大賞第1位に選ばれた三浦しをんの『舟を編む』。
メガホンをとったのは「川の底からこんにちは」で
脚光を浴びた石井裕也監督(女優・満島ひかりの旦那さん)。

私の通っている鍼灸院の先生は元ライターという
異色の経歴をもっているのですが
先日、施術を受けに行った時に
「編集経験者なら絶対に共感する映画だから観たほうがいい」と
勧められたんですよね。

観て納得。
10数年前に雑誌や本を作っていた人たちには
たまらない映画かも。
アナログに本を作る人たちの情熱や本への愛情が
すごく伝わってくるんです。
今は出版業界もどんどんデジタル化していて、
それはそれで良い部分がたくさんあるとは思います。
でも、紙の手触りやページをめくる喜びを味わえるなど
紙媒体にも良いところはたくさんあります。
どんなに時代が変わっていっても
紙媒体の本は生き残ってほしいなぁ。

主人公の松田龍平くんも朴訥とした主人公を
うまく表現していたし、
オダギリジョー演じる先輩の西岡さんも
まさに「ああ、いたいた、こういう人」っていう
20年前の典型的な出版社社員で笑えました。

自分の中に宿る本への愛情を再認識した作品でしたね。

【舟を編む】
http://fune-amu.com/

mackypimacky at 23:09│コメント(0)トラックバック(0)映画 │