October 2013

October 31, 2013

『ソーシャル・ネットワーク』でFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグを演じた
ジェシー・アイゼンバーグ主演の映画『グランド・イリュージョン』。
原題は『Now You See Me』。
1310251

〜あらすじ〜
天才マジシャンのアトラスをリーダーとする
4人組のイリュージョニストチーム“フォー・ホースメン”が、
ラスベガスのショーの最中、パリの銀行から金を消失させる驚愕のテクニックを披露。
大金を盗み出した4人のマジシャンと彼らを捕えようとするFBI捜査官らの攻防が始まる。

謎の人物から送られたタロットカードに従って集まった4人のマジシャンが
世界を股にかけた壮大なイリュージョンをやってのける
エンターテインメント感満載の作品でした。
モーガン・フリーマンやマイケル・ケインなど、わき役も豪華!

マジシャンが主役の映画と言えば、
クリストファー・ノーラン監督、ヒュー・ジャックマン&クリストファー・ノーラン主演の
『プレ・ステージ』が印象深いのですが(デヴィット・ボウイも出ていたし!)、
『プレ・ステージ』とはマジックの見せ方がまったく違って、
『グランド・イリュージョン』も面白かったです。

とにかく出てくるマジックがゴージャス!
マジックと呼ぶよりも「イリュージョン」と呼ぶのが相応しい。
マギー司郎やマギー審司もいいですが(笑)
アメリカのイリュージョンはスケールが全然違いますね。

結末がわかった今、もう一度観てみたいなと思いました。

【グランド・イリュージョン】
http://www.grandillusion.jp/

mackypimacky at 20:19│コメント(0)トラックバック(0)映画 │

October 30, 2013

いくえみ稜のマンガが原作の
映画『潔く柔く』を観てきました。
kiyokuyawaku

いくえみ稜の作品って、私の世代では子供の頃に
誰もが1度は読んだことがあると思うんだけれど、
この『潔く柔く』は比較的最近の作品です。

私は雑誌連載では読んでいなくて、単行本が発売されるたびに
1巻1巻揃えて読んでいました。
オムニバス形式の作品なので、1話ずつに起承転結があり、
たまに登場人物が重なるけれど、
それらのストーリーは独立したものだと思っていたんですよね。
でも、最終巻の13巻が近づくにつれ、それまでの
1話1話がすべて繋がってきて、全体を通して
ものすごく奥の深いストーリーだったと気づきます。

全巻を一気読みすると、涙が止まりません。
いやー、こんなに胸がキリキリする心理描写が描けるなんて
いくえみ稜ってすごい。

さて、そんなすごい作品の映画化です。
最初からちょっと不安はありました。
だって、13巻もかけて繊細に描かれた話を
たった2時間で表現できるとは思えない。
カンナとロクの話に絞ったってことですが
その2人には壮大なバックグランドがあるのに
そこは詳しくは描かれないんだーと思うと、観る気が失せちゃって。
でも、映画館で流れた予告編が良かったので、勇気を持って(?)
観に行きました。

原作のセリフやシチュエーションがそのまま描かれている場面もあったので
原作を読み込んでいる私は泣きまくりでしたが、
まったく未見の人は感情移入できないかも。

そして、「やっぱり」って感じですが、2時間にまとめたことで
すごくサラッとした感じになっていて
原作の深みは描写できていなかったなぁ。
何よりミスキャストが多すぎ。
もっと別の俳優や女優はいなかったのか!?と怒りたくなるような
キャスティングでガッカリでした。
特にハルタ、モモカ、アサミ、野原先生はなー。違うよなー。

あ、斎藤和義の主題歌はすごく良かったです。

どうせなら単発の映画じゃなく
連続ドラマとかじっくりと描いて欲しい作品ですね。

【潔く柔く】
http://www.kiyoku-yawaku.com/

mackypimacky at 20:16│コメント(0)トラックバック(0)映画 │

October 27, 2013

秋と言えば、「栗」。
栗が大好きなんですが、とにかく皮をむくのが
面倒でたまりません。
スーパーできれいに皮がむいてある「むき栗」を
買おうかという誘惑に負けそうになりますが
皮つきの栗と値段の違いが大きいので、毎年、
「節約、節約」と呟きながらせっせとむいています。

今年も2時間かけてむきました。
おかげで、栗ごはん、完成!
CIMG9621

ホクホクしていて美味しかったです♪

ちなみにレシピ。

★栗ごはん★
お米 2合
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
塩 小さじ1/2〜1
昆布 5〜6cm

炊飯器に上記の材料を入れて、通常のお水の量で炊けばOKです。

mackypimacky at 22:34│コメント(0)トラックバック(0)日々の出来事 │

October 26, 2013

ジュリアーニの同僚たちと総勢5名で
横浜中華街の『横浜大飯店』の食べ放題へ行ってきました。
CIMG9599

12月から値段が上がる(現2480円→新2980円)からなのか、
予約の電話が全然つながらなくて、久しぶりに
昔のチケットぴあ状態でリダイヤルしまくりましたよー。

お料理の写真は撮らなかったので、入口のショーウィンドーの写真で。
CIMG9603
CIMG9604

オーダーバイキングなので、熱々のものが運ばれてくるし、
約100種類もの広東・上海・四川・北京の料理が食べられるし、
中国茶も無料ですし、2480円はコスパがいい!
参加人数が多ければ多いほど、いろんなものを食べられて
良いと思います。

mackypimacky at 23:03│コメント(0)トラックバック(0)グルメ(その他) │

October 20, 2013

是枝裕和監督の最新作『そして父になる』を観てきました。
father

念のため、ハンカチを2枚持って行きましたが、
泣きすぎて目が腫れちゃって大変です。

『そして父になる』は福山雅治が演じる父親が主役なんだろうけれど、
私には尾野真千子演じる母親と、
大人の事情に小さな胸を痛める子供の話に思えました。
特に子供の気持ちを思うと泣けて泣けて。
6歳で何もわからないと大人はたかをくくっているけれど、
実はもうなんでもわかっているのよー、
大人のためにわからないフリをしているだけなのよーと、
幼少期の自分を思い出し、ものすごく切なくなりました。

すベての父親がそうではないけれど、男性は血の繋がりにこだわり過ぎますよね。
いや、男性だけじゃなく、女性も含め、日本人は「血の繋がり」に固執し過ぎていると思う。
血が繋がっていても、いなくても、愛情を求めてくる子供を
慈しみ育てることそれ自体が「親子」なのではないでしょうか。

日本では血の繋がりがないと、なぜか後ろ指さされちゃう。
日本で養子縁組制度が広まらないのも、そのせい。
誰も何も悪くないのに、むしろ幸せな環境で育つ子供が増えて良いことなのに、
血の繋がりにこだわって、後ろ指をさす人たちの多さに情けなくなる。

私自身がまったく血の繋がりのない人たちに愛情をかけて育ててもらったから、
感じることなのかもしれないけれど。
日本も、海外みたいに養子と実子を同じように
受け入れる国になってほしいと心から願います。

【そして父になる】
http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp/

mackypimacky at 20:56│コメント(0)トラックバック(0)映画 │

October 19, 2013

3年前から秋開催になった江ノ島花火大会。

朝から小雨が降っていましたが、夕方にはちょっと止んだので
雨で中止になると思っていたジュリアーニに
「私が観に行くからには打ち上げ中には降らない」と宣言し
無理矢理一緒に連れて行きました。

夏に開催されていたときにはものすごい人混みで
ぐったりしちゃいましたが、秋だと地元の人が多いので
ほのぼのしていて、すごく良いです。
打ち上げ時間ギリギリに会場(海岸)についても、
座るところはいっぱいありますよ。

今日は満月でしたが、花火を目立たせるために
お月様は雲に隠れてくれていました。おかげで真っ暗。
始まる前に暗闇の中、煌めく江ノ島のシーキャンドル(展望台)。
CIMG9288

目の前の海から打ちあがり、花火も音もダイナミック。
CIMG9422
CIMG9305
CIMG9540

今年は海に向かって斜めに打ち上げる花火もあって面白かったです。
CIMG9387

最後は大迫力の連発!!
CIMG9550

45分ぐらいの短い時間でしたが、とっても楽しめました。
今年は夏に1回も花火大会に行けなかったので
2013年中に無事に花火を観れて良かった、良かった。


mackypimacky at 20:24│コメント(0)トラックバック(0)イベント │

October 18, 2013

2012年11月に新宿ルミネ2にオープンしたレストラン『Sarabeth's(サラベス)』。
「ニューヨークの朝食の女王」と呼ばれるお店で
本国アメリカでも大人気のため、長蛇の列ができるとのこと。
日本初出店となった新宿店も、オープン当初は入店に数時間待ちと
報じられていたので「もっと落ち着いたら行こう」と思っていました。

で、約1年経っての初訪問。
CIMG9259

さすがに空いていて、すぐに入れました。
こちらがメニュー。
CIMG9262
CIMG9263

サラベスの名物はエッグベネディクト、フレンチトースト、レモンリコッタパンケーキ。
さすがに1人で全種類は食べきれないので、悩んだ末に
レモンリコッタパンケーキを選びました。
CIMG9273

トッピングはバター、メープルシロップ、フルーツスプレッドから2つ選べます。
今回はメープルシロップとストロベリーピーチのフルーツスプレッドをチョイス。
CIMG9283

注文した際にスタッフから「レモンリコッタパンケーキはリコッタチーズが
入っているのでふわっとしたパンケーキではないです」と説明されていましたが
予想よりは柔らかかったです。
CIMG9286
『Bills(ビルズ)』のリコッタチーズパンケーキよりかはボリュームありますね。
レモンの香りは良いけれど、リコッタチーズ度は『Bills(ビルズ)』のほうが高いかな。

飲み物のメニューはこちら。
CIMG9265
CIMG9267

オススメメニューで、「フォーフラワージュース」を注文。
CIMG9270
オレンジ、フレッシュパイナップル、バナナ、グレナデンのミックスジュースです。

パンケーキ4枚は多かった。食べきるのに苦労しました。
ジュースはちょっと甘かったです。

もし、再訪する機会があればエッグベネディクトを食べてみたいな。

【Sarabeth's(サラベス)】
http://www.sarabethsrestaurants.jp/


mackypimacky at 20:26│コメント(0)トラックバック(0)グルメ(カフェ) │