January 09, 2017

出産してから一番出来なくなったことは、映画鑑賞。
自分の時間が作れないんだから、映画館へ行くのはもちろん、
録画したドラマや映画すら観る機会がなく、どんどんHDDレコーダーに貯まっていきます。
そして、空き容量がなくなって、観ることがないまま、消されていく。゚(゚´Д`゚)゚。

でも、我が家の最寄りの映画館が昨年から、
子連れで映画鑑賞できる日を月に1回設定してくれるようになりました。

109シネマズ「ふれあいシネマ」
http://esp07.dt-r.com/fureai_cinema/

その貴重な1回が自分の観たい映画じゃないことがほとんどなんですけど(-_-;)、
たまーに「これは行きたい」と思う作品に当たります。

12月は『君の名は。』でした!
kiminonaha


子連れ鑑賞の日は館内が通常の上映時に比べて明るかったり、
音が小さめだったりと子どもにやさしい設定になっています。
さらに、スクリーンの前にオモチャやぬいぐるみが置かれていて、
子どもたちは上映前も、もちろん上映中も遊べます。
泣いたり、歩き回ったりするのも自由。
来ている人は全員、子連れなので、誰も文句は言わないし、
子どもを追いかけて走り回っても遠慮しなくていいので
(むしろ、「ああ、大変ですね。うちも同じですよ」という優しい笑顔を向けてもらえる)
映画の世界にどっぷり浸ることはできないけれど、
スクリーンで観るっていう希望は叶えられるので、ありがたい。

ということで、やっと観ることができた話題作。
前半は「こういう展開、よくあるよね」ぐらいの軽いノリで観ていましたが、
途中から予想外の方向へ話が進み、
「おお、これは脚本がよく出来ている」と感心しながら最後まで楽しみました。

音楽も細かく打合せして作られたというだけあって、とても良かったと思います。

【君の名は。】
http://www.kiminona.com/index.html

mackypimacky at 17:52│コメント(0)トラックバック(0)映画 │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字