映画

August 07, 2014

映画3連チャンの最後は
久しぶりの洋画。しかも、SF。

日本人作家・桜坂洋の原作でトム・クルーズが主演の
『ALL YOU NEED IS KILL(オール・ユー・ニード・イズ・キル)』。
allyouneediskill

あらすじは…
--------------------------------
謎の侵略者“ギタイ”からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。
戦闘スキルゼロのケイジ少佐は最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。
だが次の瞬間、彼は出撃前日に戻っていた。
その時から同じ日を無限に繰り返すケイジ。
やがて彼は最強の女性兵士リタと出逢う。
ケイジのループ能力が敵を倒す鍵になると確信したリタは、
彼を強靭な“兵器”に変えるべく、徹底的に鍛え上げる。
“戦う・死ぬ・目覚める”のループを繰り返すことで別人のように成長したケイジは、
世界を、そしてかけがえのない存在となったリタを守りきることができるのか?
--------------------------------

期待していなかったけれど、すごく面白かったです。

何十回、いえ何百回、もしかしたら何千回も殺されて、
そのたびに生き返って、また殺されるって設定に無理がなくて、
ひ弱な男から徐々に戦闘能力の高い兵士に
変わっていく姿をトム・クルーズが格好良く演じていました。

さすがハリウッドっていう特撮と迫力。
日本で製作しても、あそこまで面白い映画にはならなかっただろうな。

あと、私は原題の『EDGE OF TOMORROW』のほうが
この作品にはしっくりする気がします。
もともとの原作のタイトルが『ALL YOU NEED IS KILL』だから
日本ではこれになったんでしょうけれどね。

【ALL YOU NEED IS KILL(オール・ユー・ニード・イズ・キル)】
http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/


mackypimacky at 19:43│コメント(0)トラックバック(0)

August 06, 2014

予備知識をまったく入れずに観た、
スタジオジブリの最新作『思い出のマーニー』。
l_ys_omo03

ここ数年のジブリ作品では、私は一番好きです。

終盤前に筋は読めてしまったけど、それでも、最後は泣きっぱなしでした。

ただ、幸せに育った普通の子供が観ても、よくわかんない話かも。
実際、終演後に周囲の人たち(たいてい親子)は
「ワケわかんなかった」「なんかアッサリした話だったね」とか言っていたし。
同じ作品を観て、こうも感想が違うとは!

なんというか、子供ゆえの傷つき方や憤りのやり場のなさが、
手にとるようにわかって、主人公を抱き締めてあげたくなる気持ちになりました。

【思い出のマーニー】
http://marnie.jp/index.html


mackypimacky at 19:42│コメント(0)トラックバック(0)

August 05, 2014

ここ最近、すっかり映画を観ていなかったので
怒涛の映画鑑賞をしてきました。

まずは『幕末高校生』。
最近お気に入りの石原さとみが主演のコメディってことでチョイス。
bakumatu

タイムスリップものですが、感動するポイントは特にないです(笑)。

今どきの高校生3人と、イマイチ教師に向いていない歴史の先生が
ある日、幕末にタイムスリップしちゃって、勝海舟に出会うという話。
で、玉木宏演じる勝海舟が、結構情けないおじさんで
立派な人と言い伝えられていた勝海舟に憧れていた先生(石原さとみ)は
ガッカリして、ハッパをかけまくるんですよねー。

普通のタイムスリップものとちょっと違う点は
タイムスリップして江戸時代にたどり着いた時間が
4人それぞれ違うということ。
一番長い子は半年以上前に飛ばされて、先生はつい3日前に飛ばされた。
時間差があることで歴史が微妙に変わっているという設定。

でも、「こんなのありえなーい」ってことがてんこ盛りなので
何も考えずに観るしかないです。突っ込み始めたらキリがない。

あえて映画館で観なくていいと思った作品でした。

【幕末高校生】
http://www.bakumatsu-kokosei.jp/


mackypimacky at 19:41│コメント(0)トラックバック(0)

July 01, 2014

上映開始後1週間は学生は1000円で観れるというので
『嫌われ松子の一生』『告白』の中島哲也監督の最新作、
『乾き。』を観てきました。
kawaki

正直、無駄に派手で、グロテスクすぎて、ドン引きしました。
しかも、話になんの救いもない。
料金を安くして学生に観て欲しいってことなんでしょうが
私は学生には観せたくないな。
っていうか、これを「面白い」と思ってほしくない。

『告白』も心理的に重たい気持ちになって帰ってくる作品だったけど
あれは、意味のある重たさだった。
今作は、まったく意味がない、嫌な重みを背負わされて
帰ってきた気がする。

全体的に「やりすぎ」。
原作を読んでいないので、原作通りに作っているのかも
しれないけれど、それにしても、やりすぎ。

もし、北野武や三池崇が監督ってことなら、
観る前からある程度の心構えもできていたんですけどね。
私の中の、中島監督への評価が急激に下がっちゃいました。

【乾き。】
http://kawaki.gaga.ne.jp/

mackypimacky at 21:29│コメント(0)トラックバック(0)

June 19, 2014

平日の昼間、どうしても、時間を潰さなきゃいけなくて、
たまたま、映画が安く観られる日だったので
そのときに近所の映画館で上映している作品の中で、
時間の都合が良いのがこれでした。

榮倉奈々主演の『わたしのハワイの歩きかた』。
poster

タイトルからもわかるでしょうが、
ストーリーはわざわざ説明するほど深いものじゃありません。
ツッコミどころが満載だし、せめて、ハワイの観光ガイドっぽいシーンが
たくさん出てくるかなぁと期待したけど、
そんな紹介シーンはほんのちょっとだけだったし。

私がひたすら感心したのは主人公の榮倉奈々の脚が
とにかく、スラリとして長いこと。
何度も「脚、長くてきれいだな」と思いましたよ。

あとは主人公の相棒として、
セレブとの結婚を狙っている
ハワイ在住の女の子が登場するんですが、それが
NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』で
主人公・はなの女学校時代の同級生で、
現在勤務している出版社の同僚でもある
醍醐さん、こと高梨臨ちゃんでした。
帰国子女とかじゃないのに、英語がペラペラですごかった。
『花子とアン』じゃ、全然、英語とは無縁って感じの役なのがもったいない。

【わたしのハワイの歩きかた】
http://www.watashinohawaii.com/index.html


mackypimacky at 19:40│コメント(0)トラックバック(0)

May 28, 2014

ミスチルが主題歌を担当しているので(笑)
観てきました、劇団ひとりが原作・脚本・監督・出演した
映画『青天の霹靂(せいてんのへきれき)』。
hekireki

劇団ひとりの初監督作品ってことですが
意外にも(?)評判はいいですよね。

確かに、劇団ひとりって
品川庄司の品川よりかはいろんな意味で才能はあると思う( ̄∇ ̄)
売れ始めた初期の頃の、一人で何人も演じ分けるネタも
面白かったし。

ストーリーはタイムスリップものです。
メインの登場人物は大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとりの3人。
そのほかの登場人物もすごく数が少なくて
そのおかげで話を広げ過ぎることがなく、シンプルな展開で良かったです。

柴咲コウは昔から好きですが、今回も彼女に泣かされた。
病室で未来を聞くシーンは号泣でした。
辛い時に見せる笑顔がすごくいい。

劇団ひとりは、演技者としては、どうしても芸人としての、
ネタの演技みたいなオーバーリアクションに見えてしまって
そこが残念だったなぁ。
チンさんとか、過去にやっていた中国人のキャラかと思った。
でも、別の見方をすれば、
劇団ひとりにしかできない役だったって気もします。
他の役者だったら、だいぶ違うものになっていたかも。

マジシャン役の大泉洋の見せるマジックは
すべて吹替えなしで本人がやっているということでしたが
最後の見せ場はすごかった。プロ顔負け。
相当練習したんでしょう。

最初からオチの見えているストーリーだけど
時間も短いし、終わり方もあっさりしているし、
上手にまとめた作品だと思います。

【青天の霹靂公式サイト】
http://www.seiten-movie.com/


mackypimacky at 23:35│コメント(0)トラックバック(0)

May 15, 2014

『相棒-劇場版 - 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』を
観てきましたよ。
aibou

前評判があんまりよくなくて、観ようか観まいか迷いましたが
大好きなミッチーが出ているので行ってきました。

でも、やっぱりわざわざ映画館で観なくても良かったかも〜と後悔。

2時間スペシャルで十分な話でした。
相棒もそろそろ、ネタが尽きてきたってことなのだろうか。
ドラマでは、まだ「おっ、今日のは結構面白い」って話がいくつかあるけど
映画は作るたびに空回りな気がします。

スケールを大きくしても、所詮、ハリウッド映画みたいなものは
作れないんだから、もっと、小規模の身近なネタを使った話を
コツコツ積み上げていくほうが面白いと思うんだけどな。

【相棒-劇場版 - 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ】
http://www.aibou-movie.jp/

mackypimacky at 14:49│コメント(0)トラックバック(0)