ウェディング

September 07, 2010

昨年の結婚式の前に、ブライダルエステを受けた
アロマテラピーサロン『VERADA』。
info02

女性限定で完全貸切のサロンなので、
かなり贅沢な気分が味わえちゃいます。

結婚式に向けて短期間で痩せたり、
ドレスで露になる背中やデコルテ、
そしてお顔の肌の調子を整えたりしたい。

だけど、ブライダルエステって、高価な化粧品を売りつけられたり、
高いコースに引き込まれてしまうようなイメージがあって
なかなか踏み切れないんですよねー。

私はたまたま、いいサロンに出会えたので
自分の望みどおりのコースを、予算の範囲内で
組んでもらうことができました。

こっちの予算に合わせつつ、個人個人の好みに合わせた
コースを自由に組んでくれるブライダルエステって
ありそうで、なかったので、すごく助かりました。

新宿御苑駅から徒歩1分という交通の便の良さも、大きな魅力でしたね。
僻地にあったり、駅から遠いと、通うのが面倒になっちゃいますから。

親身になってくれたセラピストさんのおかげで、
最高のコンディションで結婚式当日を迎えられたので
本当に感謝しています。

これも何かの縁なので、結婚式が終わってからも
VERADA』にはときどき、お世話になっています。

贅沢なことだから、そうしょっちゅうは受けられませんが(笑)。

今日も、ちょこっとお邪魔して
トリートメントを受けてきました!

現在、1周年ということで、
お得なキャンペーンが始まっていているそうです。

フットマッサージやボディマッサージも
「きく〜」って思わず声が出るほど気持ちいいけれど
おススメはフェイスマッサージ(顔筋マッサージ)。

終わったときには顔のむくみが取れて、スッキリ!
初めてやってもらったときには施術後に鏡を見て
「わっ、小顔になっている!」とビックリしちゃいました。

また、『VERADA』は「メディカルアロマ」を基本としているので
アトピーや敏感肌の人も使える材料しか扱っていないそうです。
最初にパッチテストが受けられるから、安心して
施術を受けられると思います。

そんな『VERADA』のオーナーさんから
素敵な申し出があったのでご報告。

【VERADA】
http://www.verada.jp/index.html

いま、上記WEBサイトから「WEB予約」をすると、
表示価格からさらに500円割引になるのですが
(1周年記念キャンペーンコースも割引されるそうです)
さらにさらに、キーワード欄に下記のキーワードを書き込むと
追加で大幅割引きあり!

なんと、6000円以上のコースなら、さらに2000円割引
になるそうです!<※ただし、2010年9月中の予約に限る>

もし興味があるならば、ぜひ、お安い値段で体験できる
この機会に利用してみてください。

あ、肝心のキーワードは 『マッキー』 です。

<マッキー>と書くと、割引されるので
忘れずに書いてくださいね!

mackypimacky at 22:20│コメント(0)トラックバック(0)

January 07, 2010

昨年の11月23日が結婚式だったのですが
当日、式場指定のカメラマンが撮影した写真とDVDは
「納品まで2ヵ月かかります」と言われてしまいました。

私は式場指定のアルバムを作らないので
撮影した生データをくれればいいだけなのに
なぜ、そんなに時間がかかるのか疑問でしたが
「急いでも2ヵ月。アルバムを作ると3ヵ月」と言われたので
仕方ないと諦めて、我慢強く(?)待ちましたよ。

それが今日、やっと届きました!
100107

ちなみに式場でアルバムを作ると
15〜20万円もの費用がかかる上
(表紙の素材や紙質、ページ数などで値段が変わる)
アルバムに載せる写真の選定も新郎新婦ではなく
カメラマンが担当するってことが、ほとんどです。

私は写真は全部、自分で選びたかったし、
デザインも自分の好きなものにしたかったので
「アルバムは作りません」で押し通しました。

今日届いた写真が約650枚、
友人のカメラマン2人に撮影してもらった写真が
約1500枚。
この中から厳選して、アルバムを作るのは
結構大変な作業になりそう。

撮影前から細かく「こういう写真を撮って」と
注文をつけた甲斐があって
(詳細な指示書を作って事前に打ち合わせをしました)
式場カメラマンの写真は、欲しいアングルやショットが
ほとんど網羅されていました。

結婚式の写真の場合、撮影ミスがあったとしても
やり直しはききませんからね。
撮影前から、その点に関してものすごーく、
プレッシャーをかけておいたので
万全の体制で撮影してくれたようです。

おまけみたいな気持ちで注文したDVDは
結構、感動しちゃいました。

時間的には長いけど、「ああ、こういう式だったんだ」と
改めて自分たちで確認できて楽しい。

結婚式当日、私たちは進行予定表に沿って
イベントを進めるのに精一杯で
みんながどんな表情をしていたかとか、
周囲がどんな様子だったのかとか、
全然わかりませんでしたからね。

今月末に、九州の彼の実家へ行くことになったので
義父母のもとへ持っていって、見せてあげようと思います。

mackypimacky at 22:24│コメント(0)トラックバック(0)

December 15, 2009

2009年11月23日に結婚式をしました。

wedding-syugou


出席してくれた人たちがクチを揃えて言ってくれた言葉が
「これは、本当に本当に準備が大変だったでしょう」。

はい、正直に言って、そのとおりです。
自分でも驚くほど準備が大変でした。

通常の(?)結婚式だって、きっと驚くほど
準備に手間がかかるでしょうが
私たちの結婚式はたぶん、
それ以上に細かな作業が多かった気がする。
そもそも、他人と比べるようなことじゃないですけどね。

でも、その甲斐あって、参列者から
「本当に楽しくて仕方なかった」という、
うれしい感想をたくさんもらえる
ウェディングパーティーになりました。

「いい結婚式だったね」「素敵な結婚式だったね」と
客観的な感想を言われるのではなく、
まるでディズニーランドで遊んだ帰りのような
「すごく楽しかった!」という主観的な感想が欲しかったので、
とってもとっても嬉しかったです。

出席者の1人からは
「20代や30代前半では絶対にできない結婚式だったね。
アラフォーだからこそできた、気配りの行き届いた
素晴らしい結婚式だった」
という、ありがたい言葉をいただきました。

今回の結婚式。
私たちのテーマは「参列者が主役の結婚式」。

忙しい中、時間を作って、オシャレをして、お金をかけて、
わざわざ参列してくれる人たちが
「出席して良かった」と思ってくれる結婚式を目指しました。

新郎新婦はあくまでホスト役なので
自分たちにはなるべくお金も時間もかけませんでした。

来てくださる人たちが、
「美味しい!」と思ってくれるような料理を用意し、
「面白い」「自分がめいいっぱい楽しんでいる」と
実感してくれるイベントをいろいろと仕掛け、
持ち帰って箱を開けるのが楽しみになりそうな
引出物を準備しました。

かけられる手間と時間とお金はすべて
参列者のために。
その気持ちがみんなにも伝わったようで、
写真に残る、参列者全員の笑顔はどれも最高です。
みんなの笑顔が、私たちへの最大のご祝儀でした。

もちろん、思い通りにいかないこともいっぱいあったし、
やり直しができるならやり直したいこともたくさんあるけれど、
いまの私たちにできる最善の結婚式にはなった気がします。

というわけで、これからちょこちょこと
結婚式の準備や当日について書いていこうかと思います。
どなたかの参考になれば幸いです。

mackypimacky at 22:42│コメント(0)トラックバック(0)