テレビ

March 16, 2012

twitterの今日のトレンドにあがっている「マホコ」。

今日、放映されたtvk(テレビ神奈川)の音楽番組
『sakusaku(サクサク)』に出てきた素人の女の子の名前が
「マホコ」なのです。

そもそも『sakusaku(サクサク)』って何なんだ?
って人もいるでしょうが、2代前には数年間、木村カエラがMCをしていた
朝7時半〜8時(再放送は23時半〜24時)に
ローカル局のtvkで放映されている
知る人ぞ知る、超ゆるーい音楽番組です。
【初回限定生産】saku saku Ver.8.0/ミハラマジックとトヤマワンの星人 [DVD]
【初回限定生産】saku saku Ver.8.0/ミハラマジックとトヤマワンの星人 [DVD]
クチコミを見る

メインMCはぬいぐるみ?のヴィンセント(ヴィンちゃん)。
そして、その相棒を務めているのが三原勇希ちゃん。
勇希ちゃんは雑誌「ニコラ」出身のモデルさんで
もうすぐ3年間のMCを終え、卒業しちゃいます。

『sakusaku(サクサク)』では毎週1人のミュージシャンが登場し、
月曜から金曜までMCたちとトークを繰り広げるコーナーがあるんですが
今週のゲストミュージシャンはmiwa。
miwaは過去にも何度か出演していて、出演するたびに
出て来る名前が「マホコ」だったのです。

「マホコ」は偶然にも勇希ちゃんとmiwa、
共通のプライベートの友人だそうで
トークではいつもマホコの話題に。
そして、今日初めて「マホコ」が番組に登場したのです!
素人なので顔は隠していましたが
sakusaku視聴者(サクサカー)にとっては嬉しいサプライズ!

だけど、こんなコアネタがトレンドに上がっちゃうってすごいなぁ(笑)。

【sakusaku】
http://www3.tvk-yokohama.com/saku2/

mackypimacky at 23:18│コメント(0)トラックバック(0)

March 08, 2012

いま、TBS系の火曜日深夜に放映されている
アニメ『ちはやふる』を知っていますか?

モデルのように美人だけれど天然な女子高生、
綾瀬千早(あやせ ちはや)とその仲間たちが
競技かるた(百人一首)の日本一を目指すという、
インドア系作品にみせかせて、実は体育会系のストーリーです。

以前から原作コミックスが気になっていたんですが
すでに15巻まで刊行されているので、買うには勇気が…。

でも、ふと思いついて、「TSUTAYA DISCAS」で借りてみました!
ちはやふる コミック 1-14巻 セット (Be・Loveコミックス)
ちはやふる コミック 1-14巻 セット (Be・Loveコミックス)
クチコミを見る

いやー、面白い!
かるたがスポーツだなんて、全然知りませんでした。
かるたなんて、お正月にちょこっと遊ぶぐものだと思っていたけれど
「ちはやふる」を読んでいると、体力も知力も必要な
ものすごくハードな競技だとわかります。


mackypimacky at 22:32│コメント(0)トラックバック(0)

March 07, 2012

今日のぼやき。。。

私の大好きなミッチーが『相棒』を降板しちゃう(ノ◇≦。) ビェーン!!
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)
クチコミを見る

ネット上では右京さん役の水谷豊とうまくいっていないからと
嘘か本当かわからない理由が出ていましたが
私は「絶対に檀れいなんかと結婚したからだ!」と思っています。
彼女って、男の人をダメにする「毒まんじゅう女」の香りがプンプン漂っている!

男の人(我が家のジュリアーニも!)は檀れいのことを
「いい!」「いい!」と言っていますが
女性ファンはいるんだろうか?

彼女がそばにいると、ミッチーの運気がどんどん下げるんじゃないかと不安だわ〜。
結婚以来、彼の面白キャラ度が薄まっている気が…。

mackypimacky at 22:39│コメント(0)トラックバック(0)

February 27, 2012

毎年WOWOWで放映されている
米国の映画の祭典、『2012アカデミー賞授賞式』のライブ映像を
今年は友達のマリちゃんと一緒に鑑賞しました!

マリちゃんは5時半起きして、8時過ぎには私の住む駅に着くほど
楽しみにしていたようです。

のんびり観られるように、サンドイッチと飲み物を用意して
いざ、スタート!

最初の1時間半はレッドカーペットを歩く俳優&女優のインタビュー。

今年は全体的にドレスがシンプルな気がしました。
派手な色は少ないし、ゴチャゴチャと飾りがついたドレスの人も
ほとんど見かけなかった。
そして、ゴージャスなアクセサリーをつけている女優が
ほとんどいなくて驚きました。
アカデミー賞と言えば、ハリー・ウィストンのキラキラ、ゴージャスな
アクセサリーを身にまとう人がいっぱいだったのに〜。

アンジェリーナ・ジョリーは黒のドレスだったけれど
ものすごーく深いスリットが入っていて、超セクシーでした。
脚色賞のプレゼンターを務めた時は、「さあ!私の脚を見なさい」ってぐらい
足をグッと突き出したポーズをとってセクシー全開!
(受賞者がアンジーのセクシーポーズを真似てお茶目だった)

主演男優賞のプレゼンターを務めた
ナタリー・ポートマンの赤いドレスもかわいかった!

そして、肝心の結果です。
主要受賞者はこちら。
【助演女優賞】オクタヴィア・スペンサー『ヘルプ〜こころがつなぐストーリー〜』
【助演男優賞】クリストファー・プラマー『人生はビギナーズ』
【主演女優賞】メリプ・ストリープ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
【主演男優賞】ジャン・デュジャルダン『アーティスト』
【監督賞】ミシェル・アザナヴィシウス『アーティスト』
【作品賞】『アーティスト』

下馬評ではマーティン・スコセッシが暴力を封印して(?)
監督した子供が主役の3D映画『ヒューゴの不思議な発明』と
モノクロで無声映画の『アーティスト』の対決って雰囲気でしたが
終わってみれば『アーティスト』の圧勝でしたね。

たしかに『アーティスト』は予告を観ただけでもワクワクする
面白そうな作品。早く観たいな。

『ヒューゴの不思議な発明』は撮影賞、美術賞、録音賞、音響編集賞、
視覚効果賞の5部門で受賞しました。
数でいったら『アーティスト』と同じだけど、裏方での評価となりましたね。

助演女優賞のオクタヴィア・スペンサーや
助演男優賞を最高齢の82歳で受賞したクリストファー・プラマー、
そして、17回目のノミネートとなったメリル・ストリープの主演女優賞の
受賞スピーチも良かったなぁ。

ほかに気になったのはこちら。
【短編ドキュメンタリー賞】『セイビング・フェイス』(イスラエル)
【外国語映画賞】『別離』(イラン)
【脚本賞】ウッディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』
【メイクアップ賞】『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

イスラエルとイランの作品が獲ったのは大きいと思います。
ウッディ・アレンは授賞式に来ていませんでした(笑)。
きっと、どこかで遊んでいたのでしょう。
メイクアップ賞を受賞したは
37年間、ずっとメリル・ストリープのメイク担当だったんですって。
メリルの作品は全部、彼が手がけたそうです。
メリルが受賞を大喜びしていた姿が印象的でした。

授賞式で披露されたシルク・ドゥ・ソレイユのショーも
めっちゃ良かったです。もう、シルク最高!!

また、9回目となるビリー・クリスタルの司会ぶりも安定していました。
毎回、最初に登場する作品賞にノミネートされた作品の
パロディ映像が面白かった〜!!

9時から14時まで、マリちゃんと一緒に
ワイワイ、キャーキャー言いながら、楽しく観ることができました。

いつも一人で観ていたけど、二人で観たほうが断然面白いですね!

mackypimacky at 23:47│コメント(0)トラックバック(0)

October 16, 2011

英国に住む友達も思わずYoutubeで検索しているという
『戦国鍋TV』に引き続き、現在は『戦国男子』を放映している
TVK(テレビ神奈川)が満を持して(?)放つ新番組、
それが『ウルトラゾーン』。

スタート前は「ウルトラマンに出てきた怪獣たちの番組」って紹介でしたが
もちろんただ怪獣が出て来るわけじゃない。

円谷プロ製作のかいじゅうたちがコントをしたり、
ショートドラマを演じたりするのです。

キャストも結構豪華。
テレビでよく見かける人たちがたくさん出ます。

先月まで放映していた『仮面ライダーオーズ』でヒロインを演じていた
高田里穂ちゃんも出演していて、ジュリアーニは喜んでおりました。

内容は、そりゃあもうくだらないことこの上ない。
でも、かなり笑えます。大人のための番組ですね。

【ウルトラゾーン】
http://www.tvk-yokohama.com/ultra/

mackypimacky at 23:59│コメント(0)トラックバック(0)

September 06, 2011

日本の上空を四六時中飛んでいる何百もの飛行機が
事故もなく、安全に飛行できるよう管制しているのは
国家公務員(国土交通省)の航空管制官。
その人たちを主人公としたドラマがあるのを知っていますか?

CS放送のフジテレビNEXTで放映されているドラマ、
『TOKYOコントロール(東京航空交通管制部)』。


主人公は川原亜矢子。劇中で話す英語の発音がすごく綺麗です。
そのほかに時任三郎、清水美沙、梶原善、野波麻帆などなど。

操縦士やキャビンアテンダント(CA)のドラマはいろいろとあるけど
裏方のドラマはこれが初めてですよね。

いつも乗っている飛行機がどのようにして
コントロールされているのか、全然知らなかったから
毎回興味津々です。

私は管制室って飛行場にあるものだと思ってましたが
違うんですよー。
もちろん、空港にもあるけれど、それは空港の管制塔で
離着陸をコントロールする管制室(ターミナル管制)。
離陸してから各地域に移動する飛行機を日本全域で
コントロール(エンルート管制)している管制は
日本全国には4ヵ所(札幌、東京、福岡、那覇)あります。
東京は、東京と言いながらも埼玉の所沢にあるんですって。
所沢の航空公園駅にあるそうです。

『FLY!FLY!FLY! 』『FLY!FLY!FLY! 紀行』という4分間のミニ番組が
番組の放映前と放映後にそれぞれ放映されていて
これまでなかなか表に出てこなかった管制官の仕事や航空に関する話を
ドキュメンタリーで紹介しています。
これも結構面白いっ!
飛行機がちょっとでも好きな人には楽しめるドラマだと思います。

ちなみにこのドラマ、世界初の3Dドラマなんです。
私が観たのは2Dですけど、3Dのテレビを持っている人は
3Dでドラマが楽しめるらしい。

あ、CSで観られない人もDVDが出ているので
レンタルショップで借りられます。
TOKYOコントロール 東京航空交通管制部 DVD-BOX
TOKYOコントロール 東京航空交通管制部 DVD-BOX
クチコミを見る

もちろん、販売されているので買えます(笑)

【TOKYO CONTROL(東京航空交通管制部)】
http://www.fujitv.co.jp/otn/TACC/index.html


mackypimacky at 18:57│コメント(0)トラックバック(0)

August 31, 2011

最近、都内へ向かう電車に乗る時間を含め、
いろんな場面で長い時間じっとしていなければいけないことが多いので
時間潰しの文庫本が欠かせません。
大きな本だと持ち運ぶのが大変なので
あまり厚くなくて、短編集の文庫本がベスト。

先日、本屋さんでブラブラしていたら
以前、当時出ていたものを一気読みした
石田衣良の『池袋ウェストゲートパーク』シリーズを発見しました。


6冊目までは読んだけれど、いまでは
シリーズ10作目まで発売されているんですね。

シリーズ第1作『池袋ウェストゲートパーク』
池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)
池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)
クチコミを見る

シリーズ最新作『PRIDE(プライド)』
PRIDE(プライド)―池袋ウエストゲートパーク<10>
PRIDE(プライド)―池袋ウエストゲートパーク<10>
クチコミを見る

放映されていたのはもう11年も前(2000年!)になるけれど、
宮藤官九郎が脚本、堤幸彦が演出のTBS系ドラマ、
『池袋ウェストゲートパーク(I.W.G.P.)』は大好きでした!
私も主人公たちと同じく、小さな頃から池袋を中心に遊んでいた
バリバリの(って表現が古過ぎだけど…)池袋っ子。
ドラマに出てくる池袋のあらゆる場所が、見慣れた場所で
まるで自分の周りで事件が起きているみたいでした。

池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX
池袋ウエストゲートパーク DVD-BOX
クチコミを見る


出演者も、今見てみると超豪華ですよね。
長瀬智也、窪塚洋介、山下智久、妻夫木聡、坂口憲二、佐藤隆太…。
女優も加藤あいや小雪が出ているし、
いまやアカデミー俳優である渡辺謙も出ていましたから!

小説もテンポがいいし、相変わらず池袋周辺の街並みが
たくさん描かれているので、藤沢在住となった今では
懐かしさまで感じます。

1冊に4話入っているので移動の途中や、待ち時間に
ちょこちょこ読むにはちょうどいいボリュームです。

mackypimacky at 22:53│コメント(0)トラックバック(0)