スポーツ

June 04, 2013

やりましたー!♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ♪

サッカー日本代表、なんとかオーストラリアと引き分けて
5大会連続5回目のワールドカップ出場決定!

試合はずっと日本ペースで進んでいるにもかかわらず
まったく得点できなかった上、
後半37分、オーストラリアに1点先制されたときには
「ああ、今日は出場が決まらないかも」と思いましたが
まさか、まさかのアディショナルタイムでのPK。

今日、外しまくっていた本田がきっちり決めました。
しかも、ど真ん中。
すごい度胸だ。
全盛期の中田英でも外したかもしれない場面だと思う。

20年前の日韓共催W杯で、ワールドカップに初出場したとき、
私はサッカー専門誌で働いていました。

いまでこそ、サッカーで国民が一喜一憂するけれど
当時は「サッカー?なんでそんな地味なスポーツの仕事しているの?」と
言われてばかりでした。

日本では「スポーツ」と言えば有無を言わさず「野球」。
スポーツニュースでは野球と相撲ばかりが取り上げられ
サッカーが報道される機会は本当に少なかった。
野球担当の新聞記者やテレビのスポーツ局の人たちに
取材先で「サッカーなんてマイナースポーツ」と見下されることも
たびたびあったし。

それがサッカーを愛する人たちの努力が少しずつ実を結び
Jリーグというプロリーグができました。
今年の5月15日、Jリーグ開幕20周年としてニュースになり、
20年前の開幕戦のVTRが頻繁に流れていたけれど
私は20年前の5月15日に国立競技場のスタンドに臨時で作られた記者席で
周囲にいる関係者たちとマリノスvsヴェルディ戦を観ながら
「やっと、ここまで来たね」と涙したことを鮮明に思い出しました。

その後、開催国だから予選を戦わなかったとはいえ
日本がワールドカップに初出場!
アジアでもなかなか勝てなかった日本が
世界の頂点を争うワールドカップに出るなんて、まさに夢みたいでした。

とはいえ、ワールドカップはやっぱりワールドカップ。
そう簡単に勝たせてはくれない。
けちょんけちょんにやられた初出場。

悔しかったけれど、それが実力だなぁと実感したのを覚えています。

でも、その悔しさを体験した
その頃、小さな子供だった人たちが
いま、日本代表に名を連ねていて、世界の有名チームに
所属していて、そして日本を5回目のワールドカップ出場に導いた。

なんだかものすごく感慨深いです。
サッカーが一過性ではなく
日本にきちんと根付いたんだって信じていいんだと、今日、改めて感じました。


mackypimacky at 23:59│コメント(0)トラックバック(0)

January 10, 2012

なでしこジャパンの澤穂希(さわ・ほまれ)選手が
バロンドール(FIFA年間最優秀選手賞)を受賞しました!
無題

男女通じて、アジア人初の快挙です。
うれしいっ。うれしいっ。
だって、バルセロナのメッシ選手と並んでの受賞ですよ〜。
すごいことだー!

佐々木則夫監督がFIFA女子年間最優秀監督賞を受賞し、
日本サッカー協会は年間フェアプレー賞を受賞。

世界中のサッカーファンが注目するハレの場で、
日本が3冠を獲る日が来るなんて、正直、想像していませんでした。

いまでこそ、サッカーはメジャースポーツですが
私がサッカーを仕事にした頃は
日本ではまだまだマイナースポーツだったんです。
スポーツニュースは野球と相撲にばかり時間を割かれ、
サッカーの試合結果なんて全然報道されないのが
当たり前だったんです。
スポーツ新聞だってサッカーを取り上げることなんて
ほとんどなかった。

サッカー専門誌に勤務し始めたって、周囲に報告しても
「ふーん。サッカーの雑誌なんてあるんだね。知らなかった〜」
と興味なさそうに言われておしまいだったんですよ。

それがJリーグが開幕し、男子日本代表が少しずつ結果を出し、
世の中でサッカーの存在が大きくなっていった。
テレビや新聞で、サッカーのニュースが取り上げられる機会が
増えたことをうれしく思っていました。

でも、そんな中でも女子サッカーにスポットが当たることはほとんどなく、
男子選手とは雲泥の差をつけられた悪環境の中で
選手も、スタッフも、地道に、そして真摯に努力をしてきたんです。

その結果が、2011年のドイツワールドカップ優勝。
そして、今回の澤選手のバロンドール受賞。
世界で一番優秀な女子サッカー選手だと、世界中から認められたんです。
日本から世界ナンバーワンに選ばれる選手が出る日が来るなんて〜。
それが、男子ではなくて女子だなんて〜。
ずっと日が当たらなかった女子選手の頑張りが認められて本当に良かった。

昨年末、私が企画編集を手伝った、なでしこジャパンの書籍でも
澤選手のインタビューが読めます。

『紡 -TSUMUGI- なでしこジャパンを織りなす21の物語』
紡―TSUMUGI― なでしこジャパンを織りなす21の物語
紡―TSUMUGI― なでしこジャパンを織りなす21の物語
クチコミを見る

澤選手だけでなく、なでしこジャパンの選手21人の
ワールドカップ開催中の知られざる出来事や気持ちの揺れ、
そして日本代表になるまでの軌跡など読みどころはいっぱいです。
これからなでしこジャパンを目指す、女の子たちにとって
参考になる話もたくさんあるので、ぜひ一度読んでもらいたいと思います。


mackypimacky at 14:32│コメント(0)トラックバック(0)

September 19, 2011

昨日のJリーグ第27節「湘南ベルマーレvs水戸ホーリーホック戦」。
サッカー観戦以外に、もう一つ、お楽しみがありました!

それは、「選手と一緒にハーフタイム献血PRサポーター」。

実は同行した友達の子供3人が、このサポーターの募集に応募し、
見事、当選!

競技場の外には献血PRブースも出ていて
クイズに答えると非売品のクリアファイルをもらえました。


当選したら、何ができるのかというと……
ハーフタイムに、宣伝のフラッグを持って、
ベルマーレの野澤選手と小澤選手、
そして献血推進キャラクターの「けんけつちゃん」、
江ノ島電鉄マスコット「えのんくん」、
ベルマーレのキャラクター「キングベル祇ぁ廚醗貊錣
グランド内を宣伝しながら一周できたのです!


子供たちを集合場所に連れて行った友達自身(子供たちのお母さん)も
「人数が足りないので」と飛び入りで一緒に歩いていて
ちょっと驚きました(笑)。

子供たちは参加した記念にかわいいウサギの耳(血の色だけど…)と
ベルマーレのユニフォームを着た「けんけつちゃん」の
小さな人形をもらってきて大喜び。

↑ 子供たちのお父さんが被った図<後ろから撮影>

お人形はこれ。


サッカーを観ただけでなく、イベントに参加したことで
3連休の良い思い出になったと思います!


mackypimacky at 17:38│コメント(0)トラックバック(0)

September 18, 2011

今日は湘南ベルマーレの「藤沢市民デー」ということで
ベルマーレのホームゲームが、藤沢市民ならば半額で観戦できる日です。

以前仕事でお世話になった方が、現在、
湘南ベルマーレのスタッフになっているので
「一度、試合を観に行きますね」と約束をしていたこともあり、
近所に住むお友達夫妻とその子供たち(3人)と、
ジュリアーニとともに平塚競技場まで
湘南ベルマーレ対水戸ホーリーホック戦を観に行ってきました!


平塚競技場へ行くのなんて、15年以上ぶり。
どこにあるのかも、どんな競技場なのかも
全然覚えていませんでした。

キックオフより2時間ほど早く着くように出掛けたので
17時には競技場のある平塚市総合公園に着きました。

スタジアム周辺にはいろんな食べ物屋さんが出店しています。


子供たちも大興奮。
中でも、子供たちが「どうしても食べたいっ!」と切望したのが
こちら。
「ドネルケバブ」


野菜をたんまり入れてもらって大満足です。


それぞれが好きなものを買って、いざ、スタジアムへ。

子供たちは3人とも初めてのサッカー観戦だったので
初心者でも観やすい、メインスタンドのチケットを購入。


1時間半前でも、ホームサポーター側の席はすでに埋まっていたため、
電光掲示板側のゾーンに席を取りました。
でも、こちらもすぐに埋まっていき、かなり混んでいます!


藤沢市民デーだけあって、試合をお手伝いする
キッズサポーターも藤沢のサッカーチームの子で
一緒に観戦していた友達の子供は
「あ、○○くんがいる!」と同級生を見つけて
手を振ったりしていました。


試合開始前には藤沢市の海老根市長が
ベルマーレのキャラクター「キングベル祇ぁ廚函
江ノ電のキャラクター「えのんくん」、
そして献血キャラクターの「けんけつちゃん」とともに
インタビューを受けていました。


さて、試合。
湘南ベルマーレが攻勢で、何度も会場を沸かせます。


しかし、ゴールが決まらず、前半は0-0で終了。

後半、48分にやっと先制すると
56分、68分と立て続けに2ゴールし、3-0に!

「これで勝利か!」と思ったのも束の間、
終了直前の90分にPKを与えてしまい1点を返され、
さらにロスタイムにも失点と、最後はガタガタ。
結果的には3-2と
ベルマーレが辛くも逃げきった、という試合でした。


Jリーグの試合をスタジアムの観客席で観戦するなんて
本当に久しぶりだったので、結構、面白かったです♪
サッカーは仕事じゃなく、プライベートで観るのが一番!

何より連れて行った子供たちが全員、
「楽しかった!今度はあっち(コアサポーターが応援している席)で
応援したい」と言っていたので、嬉しかった〜。
こうしてコツコツと地道にサッカーファンを増やしていかねば!


mackypimacky at 23:30│コメント(0)トラックバック(0)

July 18, 2011

今日は日本サッカー界の歴史を塗り替えた素晴らしい日です!

サッカーの女子日本代表チーム「なでしこジャパン」が
ドイツのフランクフルトで開催されたFIFA女子ワールドカップドイツ大会決勝戦で
これまでの対戦成績24戦0勝21敗3分けと一度も勝ったことのない
世界ランク1位のアメリカを延長PK戦の末に破り、優勝を成し遂げました!

快挙としか言いようがありません。
よく頑張った! 最後まで諦めない強さを見せてくれた!
素晴らしい! 嬉しくて、嬉しくて、朝から大泣きしちゃいました。
おめでとう、なでしこジャパンのみんな!

早朝からテレビの前で何度も何度も息をのみました。
試合は前半から米国ペース。
やっぱり、米国選手はうまい。パス回しも、ドリブルも男子顔負けです。

後半24分、米国のモーガンの左足シュートが決まった瞬間にはガッカリ。
でも、これまで何度も不利な状況を覆してきたなでしこの選手たちです。
きっと同点に追いつくと信じていました。

そうしたら、後半35分、相手ゴール前で米国DFのこぼれ球を
宮間が滑り込みながら左足アウトサイドで押し込み、ゴーール。
米国ゴールのネットが揺れたときはガッツポーズで立ち上がっちゃいました。

延長に入り、選手たちの疲れもピークに達していたけれど
緊張が切れたほうが負けるのがサッカー。両チーム、気迫で戦っていましたね。

男子のワールドカップは決勝戦は比較的、つまらない試合が多いけれど
(その分、準々決勝や準決勝はアツい試合が多くて大興奮です)
この試合はもう、手に汗握る展開で、心臓に悪かった。

そして延長前半14分、モーガンの左サイドからのクロスに、
米国のエースストライカー、ワンバックがヘッドで合わせ、日本が痛恨の失点。
もう、声にならない悲鳴をあげてしまった。
でもでも、それでもサッカーは最後の最後までわからない。
1分あれば同点にできる。
今のなでしこジャパンには「何かを起こす」パワーがある。

祈りながら見ていた延長後半12分、ついに澤が決めてくれました!
もう早朝なのも気にならず、「澤ー!澤ー!」って家の中で叫んじゃいました。

澤が中学生だったときからその頑張りを見ているだけに、
涙が出ちゃって大変だった。

私がサッカー専門誌で記者をしていた頃、女子サッカーの選手は
予算もなく、スタッフの数も少なく、まさに手弁当状態でプレーしていました。
男子はやっとプロリーグができることになったけれど
女子のプロチームなんてまったく考えられない時代です。
男子ですら、ワールドカップ出場なんて夢物語だと言われた時代です。
女子サッカー選手たちの大きな夢を真剣に聞く人がどれほどいたでしょうか。

そんな環境の中でも、「いつかワールドカップに出場する」という夢を持つ
選手がたくさんいました。
澤穂希選手はそういう先輩たちの思いを、全身に背負ってプレーしている
旧時代と新時代の架け橋となっている選手です。

その澤が、優勝へつながる貴重なゴールを決めた。
もう感慨深くて涙が止まりませんでした。

PK戦になってからは妙な安心感がありました。
米国は今まで優勢にきていた分、PK戦では動揺するだろうと思ったんです。
力のあるチームがPK戦では敗れるってことは
サッカーの大舞台でよくあるパターンですしね。

GK海堀が2本も止め、有利な状態のまま、日本4人目のキッカー、熊谷のPK。
PKがゴール左上に決まった瞬間、隣室で眠るジュリアーニをたたき起こして
オイオイ泣いてしまった。

澤は大会MVPと5得点で得点王も獲得。
日本代表チームは「フェアプレー賞」も受賞しました。

なでしこジャパンは世界が認める素晴らしいチームです。
いまの日本サッカー界は完全なる男尊女卑状態。
今後は男子同様、いえ男子以上に環境を改善してあげて欲しい。
選手たちがお金の心配をせず、安心してプレーできる環境を
企業がしっかりとサポートしてあげて欲しい。

男子代表も「世界に比べて体が小さいから」なんて言い訳はもう通じません。
女子に負けず、結果を残してほしいですね。

最後に、長い間、日本サッカー界を支えていた森孝慈さんが
決勝戦の前日(7/17)、腎盂がんでお亡くなりになりました。
きっと、この優勝を空の上から喜んでいらっしゃると思います。


mackypimacky at 16:22│コメント(0)トラックバック(0)

July 15, 2011

もう昨日のことになっちゃいますが
サッカーの女子ワールドカップ(W杯)、
日本代表、やってくれましたね!
スウェーデンを下し、決勝に進出決定。
メダル獲得を確実にするなんて、本当に本当に素晴らしい。

朝からテレビの前で釘づけでした。
すごいぞ、えらいぞ、なでしこジャパン!!!

私がサッカー専門誌の記者だった頃(遠い昔ですが…)
女子サッカーの取材によく行きました。
当時は男子だって、決して「良い」と言える環境じゃなかったけど
女子なんか、男子とは比べものにならないぐらい過酷な環境でしたよ。

サッカーは男のスポーツ。
それが当たり前とされる状況の中、
サッカーが好きで、好きで、頑張っていた選手がたくさんいました。
今だってサッカーでプロとして食べていける女子サッカー選手は一握りだけれど
当時はサッカーだけで食べていける人なんて全然いなかった。

現在のなでしこジャパンでチームの中心となっている
澤穂希(さわ ほまれ)選手も、その環境の中、
先輩たちの頑張りを見て育ったはずです。
先輩たちの分も必死に頑張って、日本の女子サッカーを支えてきた
澤には心からエールを送りたい。

私の後輩であり、大切な友人でもあるフォトグラファーの
早草紀子ちゃんは、もう何年もずっと、日本女子代表チームの
オフィシャルフォトグラファーをやっています。

サッカー界に対する新聞やテレビなどのマスコミの対応ってかなり露骨で、
男子サッカーの代表のためならたいして重要じゃない試合でも
たくさんの報道陣が日本から世界各地に出張取材しに行くのに
女子サッカーのためにはほとんど取材に出ないんですよ。
現地在住の記者やカメラマンを使ったり、通信会社の写真を使ったり。
ようは手抜きしまくりなのです。
いま、メディアはこぞって「なでしこ、なでしこ」言っているけれど
女子サッカーをちゃんとわかって報道している会社は非常に少ないと思う。

早草嬢は、オフィシャルなのでどんな試合でも
世界中、日本女子代表にくっついて取材に行っているので、
彼女から情報提供してもらったり、写真を提供されたりして
記事を作っている会社がほとんどです。

劣悪な環境と、少ないサポート体制の中、なでしこジャパンとともに
彼女も頑張ってきました。
日本女子代表選手たちの努力と勝利への渇望を伝えるために
ずっとずっと、カメラ片手にサポートしてきたフォトグラファーです。

そんな早草嬢が「なでしこジャパン」へ愛をこめて作った、本があります。
写真はもちろん、文章も全部、早草嬢が書きました。

ぜひ、興味のある方は見てあげてください。
(真っ白な表紙なので写真はわかりづらいですが触ると
リンク先に飛びます)
あすなろなでしこ
あすなろなでしこ
クチコミを見る



mackypimacky at 14:55│コメント(0)トラックバック(0)

February 20, 2011

今日はテレビで「四大陸フィギュアスケート選手権」の女子フリーが
放映されましたが、そんな日とは知らぬまま、
昼間、20年ぶりぐらいにアイススケートをしに行ってきました。

最初は東神奈川にある「神奈川スケートリンク」へ行くつもりでしたが
ふと立ち寄った金券ショップで「新横浜スケートセンター」の
ペアチケットが格安で売られていたので、急遽、行き先を変更しちゃいました。

これまで「新横浜スケートセンター」の前を何度も通ったことはあったけれど
中に入ったのは初めて。
CIMG1863CIMG1865

貸し靴はセルフサービスで、自分で棚から選んで使い、
使用し終わったら、自分で棚に返す、という方式。

いろいろと試し履きしたんですが
なかなか自分の足に合う靴に出会えませんでした(ToT)
CIMG1862

スケート靴ってぴったりのものに出会うと
すごく滑りやすいんですけれどね。
まぁ、靴なんて関係なく、私はペンギン歩きしか
できませんでしたが…。

リンクの中央では、小さな子供たちが一生懸命、
練習をしていました。
小学校低学年ぐらいの女の子がビールマンスピンの
練習をしていて驚いた!

ステージママならぬ、リンクママもたくさんいて
子供たちが「もう休みたい」って言っても
「整氷時間になるまで滑り続けなさいっ!!」って
厳しく指導していました。
親は皆さん、「第二の浅田真央ちゃん」「第二の安藤美姫ちゃん」にしようと
必死なんでしょうね。

あと、リンク上で、すごーく自分をアピールしている男性が数人いて
失礼ながら、何度も失笑。
どの人にも共通しているのが一人で来ていて、気持ちだけナルシス系。
しかも、格好が「残念すぎる!」ってぐらい“非オシャレ”な人々なのです。
太い体型に変なトレーナーを着ていたり、手袋じゃなく軍手していたり。

整氷終了後に真っ先にリンクへ出て、センターでクルクル回りだしたときは
ちょっと唖然としてしまった…。
「自分は高橋大輔か織田信成か小塚崇彦」ってイメージしているのかなってぐらい
独自の世界に入って滑っています。

iPodで音楽聴きながら、まるで「ここは世界選手権の大舞台」って意気込みで
華麗に舞おうとしているんですが、何十人も滑っている場所で
それは迷惑行為以外の何物でもありませんから!!!

いやー、私はほとんど滑らず、リンク脇のベンチで人間観察に終始してしまった。
私が真央ちゃんになる日は遠いな…。

【新横浜スケートセンター】
神奈川県横浜市港北区新横浜2-11
TEL 045-474-1112
営業時間
14:30〜17:30(平日)
13:00〜18:00(土曜)
10:00〜18:00(休日)
http://www.princehotels.co.jp/skate/shinyokohama/

mackypimacky at 22:28│コメント(0)トラックバック(0)