ムスメとの日々

October 08, 2015

地元へ帰ったついでに、最近、新居を構えた友達の家に
遊びに行ってきました。
その友達にはムスメより1ヵ月早く生まれた女の子がいます。
ただ、3月と4月なので学年が違っちゃうんですよね。
それがちょっと残念だねぇと話しています。

たまたま、ダンナさんがお家にいる日で
2人でランチを作って待っていてくれました。
DSC_3744

大人がランチしている間、並んで座っていた赤ちゃん2人は
こんな感じ。
DSC_3735
(なんか、大人ばっかり、いいもの食べてずるいと思わない?)

DSC_3736
(聞いてよ〜。うちなんて、離乳食もまだ与えてくれないのよ)

DSC_3737
(ええー、そうなの?うちも、まだ始めたばかりだから品数が少なくて)

DSC_3738
(私たちが我慢強い子どもでよかったわよね)
(ほんと、ほんと)

こんな会話が繰り広げられているのかどうかはわかりませんが
2人並んで、難語を喋りながら、楽しそうに過ごしていました。

赤ちゃん同士って、実は会話が成立していたりするんですかね?
もしそうだったら、翻訳機が欲しい〜。


mackypimacky at 10:45│コメント(0)トラックバック(0)

September 06, 2015

同じ頃に同じ産院を退院した赤ちゃんのママたちから
続々と「寝返りをうった」と報告がきているんですが
我が家のムスメはまだまだって感じでした。

身体が大きいけれど、その分、体重が重たくて
なかなかクルッと回れなかったんです。

4ヵ月健診の時に、小児科の先生に相談したら
「5ヵ月過ぎてから寝返りをする子もたくさんいるから
気にしなくていいですよ」と言われたので
のんびり構えることにしたんですが…。

ムスメが機嫌よく一人で遊んでいるときに
パソコンで調べ物をしていたんです。
で、ふと、後ろを振り返ったら、ムスメがうつ伏せになっている!
DSC_3087

えええーー!!
いつの間にか寝返りしているじゃない。

別室にいたジュリアーニを慌てて呼んで
「寝返りした、寝返りした」と報告。
両親が揃っていたにも関わらず、
どっちも見ていないところで初めての寝返りを成功させちゃうとは。
ガッカリ〜(p_q*)シクシク

その後、ビデオを構えてジッと待つこと10数分。
クルッと回りましたよ〜。
思わず「おおおー」と歓声をあげたら、本人はなんだかわからないけど
誉められたと思ったのか、ニコッと笑っていました。

がしかし!
うつ伏せになっても、自力で仰向けに戻れない。
というわけで数分経つと、苦しくなるみたいで大泣きします。
洗濯していても、料理をしてもいても、「わーーん」という
泣き声が聞こえてきて、急いで声の先に行くと
うつ伏せのまま、ジタバタしながら苦しんでいます。
戻れないのに、クルッ、クルッと寝返りしまくっているので
思わず「バカだ…」と呟いてしまうハハでした。


mackypimacky at 03:18│コメント(0)トラックバック(0)

August 24, 2015

5日間の東京滞在中、普段、なかなか会うことのできない
友達やその家族に会うことができました。

まずは春まで藤沢で暮らしていたシーちゃん。
ダンナさまのお仕事の都合で、ムスメの出産直後に埼玉へ引越ししてしまい、
ずっと会えなかったんですよね。
DSC_2726

親友まゆちゃんのダンナさま。
忙しい中、わざわざムスメに会うために時間を作ってくれました。
DSC_2764

高校時代からの友達、クニちゃんの子どもたち。
DSC_2782

中学時代からの友達、シヨちゃんの子どもたち。
DSC_2792

子どもたちは自分より小さい赤ちゃんに夢中で
みんな、大喜びで遊んでくれました。

どこの家の子どもたちとも生まれた時から会っているので
「キミたちも昔はこんなに小さかったんだよ〜」と言うと
「ええ〜」と驚いていたのがおかしかった。
そりゃあ、自分の赤ちゃんの頃なんて覚えていないですよね。
ムスメも、こうやってみんなに遊んでもらったり、
抱っこしてもらったことは覚えていないんだろうな。


mackypimacky at 21:05│コメント(0)トラックバック(0)

August 19, 2015

出産してから4ヵ月近く経ちますが
まだムスメを連れて都内へ出たことはありませんでした。

これまで片道20分ぐらいの電車利用はありますが
都内へ出るとなると最短でも1時間、
地元へ帰るとなると2時間近く、電車で移動しなきゃいけません。
さすがに勇気がいります。
移動の車内で泣かれたら、困っちゃいますからね。

でも、ジュリアーニが数日間、出張に出るので
勇気を振り絞って(ってほどではないけど)
その間、地元へ帰ることにしました!

今回はムスメのお腹の調子が良くないので
いつでもオムツ替えできるよう
オムツ替えシート付きのトイレのあるロマンスカーで
新宿まで移動したかったんですが
残念ながら都合のいい時間に運行されていませんでした。

で、悩んだ末にJR湘南新宿ラインのグリーン車を利用して都内へ。

そこで初めて知ったのは、大人と同伴する小学生未満のこどもは
グリーン席を無料で利用できるということ。
湘南新宿ラインのグリーン車は自由席なので(指定席はない)
乗車料金のかからない乳児と幼児は無料で利用できるらしい。

私の分だけグリーン席を購入すれば2席分使えるんです。

畳んだベビーカーを置くだけでもかなりのスペースをとるし、
荷物も多いから、2席使えるのはすごくうれしい。
何より、2席の間の肘掛をはずすとムスメを寝転がしてオムツが替えられる。
本当に助かりました。

これまでJRは料金が高いだけでサービスが悪いと思っていたけれど、
今後は俄然、グリーン車を利用したくなりました。

mackypimacky at 21:48│コメント(0)トラックバック(0)

August 08, 2015

生後2ヵ月を過ぎて、ムスメの予防接種が始まりました。

私は高齢出産なので、周囲の友達の子どもたちは
すでに小学生や中学生、高校生。
「みんなのときは、どうだった?」と質問すると
現在みたいに接種する数は多くなかったそうです。

子どもが病気にならないためのものだから、
それだけ予防の意識が高くなっているってことなんでしょうが
接種スケジュールがかなり細かく決められていて、親は大変です。

予防接種には、まず「定期接種」と「任意接種」があります。

※※※※※※※※※※※※
定期接種のワクチンは、国や自治体が乳幼児に接種を強くすすめているワクチンです。
接種を受ける側にとっては経済的負担の少ない(ほとんどの地域で無料で受けられる)ワクチンです。
一方、任意接種ワクチンは、接種するかどうか接種を受ける側(赤ちゃんなら保護者)に任されているワクチンですが、決して医学的に重要度が低いワクチンというわけではありません。
※※ラブベビ.jpより転載※※

なるべく2ヵ月目の誕生日から接種をスタートするように勧められます。

でも、予防接種って受けたいときにすぐ受けられないんです。
事前に小児科に予約が必要で、それが1ヵ月前ぐらいに申し込まないと受けられない!
少子化っていうのに、この混み混みの状態っていったい…???

私はママ友からの「予約が取れない」っていう情報を聞くまで
行けばすぐに打ってもらえると思ってのんびり構えていました。
混んでいると教えてもらって、慌てて近所の小児科のホームページを見たら
やはり予約でいっぱいで、やっと1枠空きがあったのは
2ヵ月目の誕生日から10日も過ぎた日にちでした。

2ヵ月目で受けられるのは4種類。
定期接種の肺炎球菌、ヒブ(インフルエンザ菌b型)。
任意接種のB型肝炎(HBV)、ロタウイルス。

任意を受けたほうがいいのか受けなくてもいいのか、
自分では判断がつかなくて迷ったんですが
受けたほうがいいってことなら受けさせようと決めて4種類を申し込みました。

任意って自費だから費用がすごく高いんですけどね。
ムスメの行った病院はB型肝炎は5000円、ロタウイルスは13500円でした。

ロタは2回接種する「1価ワクチン」と3回接種の「5価ワクチン」があり、
ムスメの病院は2回接種の取扱いでした。

肺炎球菌とヒブ、B型肝炎の3種類は注射。
最初、針を刺されたときは騒ぎませんでしたが
薬を注入された途端、相当、痛かったんでしょう。
もうギャン泣きです。
「殺す気か!!」ってぐらい、しがみついて大泣きしました。

ロタウイルスは飲むワクチンです。
お腹を空かせてから来院するように言われ、
その通り空腹状態で訪れたためワクチンはゴクゴク飲んだんですが
(嫌がる子は途中で吐き出しちゃうらしい)
ワクチン投与後、30分は何も飲めないのに
ワクチンで食欲に火がついちゃったみたいで
「おっぱい、よこせー」とまたまた大泣き。
痛いわ、空腹を我慢しなきゃいけないわ、
かわいそうでしたが、仕方ないですよね。

ちなみに、3ヵ月目の予防接種では「4種混合(DPT-IPV)」が加わって
計5種類のワクチンを投与されました。
2ヵ月目同様、大泣きしましたよ〜。


mackypimacky at 23:22│コメント(0)トラックバック(0)

August 06, 2015

先日、ムスメが生後100日を迎えましたが
早いんだか、まだ100日なんだか、なんとも言えない気持ちです。
ただ、生まれてからここまで病気もせず、スクスク元気に育ってくれているので
それが一番ありがたいですね。

100日の記念に近頃、ママたちの間で流行っているらしい
お昼寝アート写真(オムツアート写真)にチャレンジしてみました。

なかなか眠ってくれないから、起きている状態で撮りはじめましたが
とにかくクネクネ動きまくるので全然、ちゃんとしたものが撮れない…。

しかも、撮っていくうちに編集者魂が刺激されて、
背景替えたり、文字の色を変えたり、し始めちゃって。
そのたびにムスメを移動させるのもだから
不機嫌になってしまい、大変でした〜。
CIMG4473rr

CIMG4572rr

最終的にお昼寝してくれたのがこちら。
CIMG4797rr

お金はかかっていないけど、いい感じでマリンテイストが出たかも〜。

撮影にあたり、用意したのは、
100円ショップで買ったB6サイズぐらいの色画用紙(約30枚で108円)。
同じく100円ショップでヒマワリの造花3本(108円×3本=324円)。
ジュリアーニのお気に入り(子どもの頃から使っている年代もの)の
ブルーのストライプのタオルケット。
いつも使っているオムツ20枚。以上です。

前日に、使いたい英語の文字をA4のコピー用紙に実寸大で印刷し
(Wordで文字の級数を大きくして1枚に2文字ぐらいのサイズにしました)
切り抜いてから、色画用紙に1文字ずつ重ねて、カッターで切り抜きました。
文字は細部までは写らないので、
切り口がガタガタでも気にしませんでした(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

同じ文字が出てくるので、その際は色画用紙を2枚重ねにして
一度に2枚切り抜いて、時間短縮。

最初は全部同じ色の画用紙で文字を作りたかったんですが
100円ショップの商品は1色4枚しか入っていなかったので
統一感を出すのは諦めて、いろんな色で文字を構成しました。

お昼寝アート写真を専門に撮っている写真スタジオもあるようなので
(セットもすごく凝ったものが用意されているようです)
プロに撮ってもらう方が断然ラクだとは思いますが
これもまた、母親の“自己満足的”思い出ですからね。
苦労も一つの思い出ってことで♪


mackypimacky at 15:23│コメント(0)トラックバック(0)

August 03, 2015

九州帰省時に、義父母用のイベントとして、
「お食い初め」をやってきましたが
実際にはまだ生誕100日は迎えていませんでした。

ということで、本当の100日目を過ぎてから、きちんとお祝いしたくて
頑張って準備しましたよ〜。
※右端の黒い「歯固めの石」はお宮参りをした森戸大神宮でいただいたもの。
CIMG4994rr

お宮参りやお食い初めなど、一般的な子どもの行事には
一切興味のないジュリアーニは
食べることと写真撮影以外は参加してくれませんでしたけどね(^_^;)

魚屋さんで鯛を尾頭付きで買ってきて、クックパッド情報を参考にしながら
オーブンで焼きました。
CIMG4938
飾りは先日『梅の花』でお祝いした鯛についていたものを
持って帰ってきて流用!

漆器はお宮参りの際に森戸大神宮から賜ったもの。
女の子用にちゃんと外側は黒塗り、内側は朱塗りになっています。
CIMG4935r
紅白のかまぼこを買ってくるのを忘れてしまって
冷蔵庫にあったカニカマで代用してしまった…。
紅白なますに見立てたということで、よし。

「なぜ、ケーキまで」とジュリアーニには呆れられましたが
この“100”のキャンドルを立てたかったのです(笑)。
CIMG5004rr

ケーキは『ラ・メゾン アンソレイユターブル』の「フリュイフロマージュ」。
上はフルーツたっぷりのゼリー、下はヨーグルトムースの二層になっています。

最初に写真を撮影して、それからお食い初めの儀式と思っていたら、
なんと写真撮影中にムスメが尾頭付きの鯛の載った大皿に
おでこを思いきりぶつけるというアクシデントが発生。

ものすごい音がしたので、相当痛かったはずです。
もう手のつけようがないぐらい大泣き。
やっと落ち着いても、数秒後には痛みを思い出すのか、また号泣。
それの繰り返しで、なかなか泣き止んでくれませんでした。

なので、儀式は超特急で終わらせてしまった。
食べさせる順番も正しかったかどうかは……。

まぁ「食べ物に一生困りませんように」
「丈夫な歯が生えてきますように」と何度も願いながら
箸を口に運んだから、きっと、これでいいはず。
やっぱり、ムスメの成長を願う気持ちが一番大事ですよね。
と、自分のいい加減さをフォローしてみる(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


mackypimacky at 13:58│コメント(0)トラックバック(0)