妊婦生活あれこれ

July 16, 2015

私は“超”高齢出産だったこともあり、妊娠初期から問題が山積みで
生まれてくるその瞬間まで、
無事に生まれてきてくれるか不安でいっぱいでした。

特に胎動を感じられるようになるまで、お腹の中で
赤ちゃんがちゃんと生きているのかわからないため、
毎日病院へ行って、超音波検査を受けたい(生存を確かめたい)と
思ったぐらいです。
胎動を感じるようになっても、動きが少ない日には
「大丈夫だろうか?心拍は止まっていないだろうか?」と
悪いことばかり考えちゃいました。

そんな私の不安解消アイテムがこちら。
「エンジェルサウンズ」。
胎児超音波心音計 エンジェルサウンズ Angelsounds JPD-100S (ピンク)
胎児超音波心音計 エンジェルサウンズ Angelsounds JPD-100S (ピンク) [Baby Product]

この小さな機械で、赤ちゃんの心音が確かめられます。

まず、お腹(下腹部)にジェルを塗ります。
私はドラッグストアで安いボディ用ジェルを買ってきて、それを使いました。

ジェルを塗った下腹部に卵型の本体を押し付けながら、
備え付けのヘッドフォンで音を聞きます。
最初はザーザー、ポコポコ、雑音ぽいものが聞こえて
どれが心拍だかわかりません。
何もわからない時は音も小さく感じるので
ボリュームをどんどん上げていきます。
ボリューム最大の時に、うっかり咳なんかすると、
自分の咳の音に飛びあがります(笑)。

本体を少しずつ移動させているうちに、ドッドッドッドッという
リズムの早い心拍音が聞こえてくるようになります。
胎児の心拍は大人の2倍のスピードということで
1分間に120〜150回ぐらい。

使い始めたばかりの頃はどの音が心拍なのか
確信がないので「これかな?」と半信半疑ですが
慣れてくるとすぐにわかります。

病院のエコーで一度、心拍を聞かせてもらうと
「あ、これだ!」とわかるようになりますよ。

私は心拍を見つけたら、時計を見ながら
10秒間で何回、心拍があるかを確認し、
それを6倍にして「ああ、元気だ。ちゃんと生きている」と
安堵していました。


mackypimacky at 23:15│コメント(0)トラックバック(0)

July 15, 2015

妊娠初期に一番辛かったのは、
飲み食いできなかったこと。

一日中、気持ちが悪くて、吐き続けていたし、
何も食べていないときは胃液を吐いていました。

夕方、炊飯器から漂う匂いも耐えがたく
ご飯を炊く時間帯は絶対に台所に近づけなかったし、
まだ自分でスーパーへ買い物しに行っていた頃は
魚売り場付近の生臭さも耐えられなかった。

あと、水道水。
ある日、突然、水道水の匂いがダメになりました。
前日まで普通に飲めていたのに、まるで泥水のように
感じられて、飲むのはもちろん、顔を洗ったり、
シャワーを浴びるのもきつくて、
長時間(といっても10分ぐらいだけど)、水を使うシャワーの後は
2時間ぐらいグッタリしちゃいましたね。

食べられるものがどんどんなくなっていって
あれだけダイエットをしても痩せなかったのに
体重も急激に減り、このままじゃお腹の赤ちゃんが危険では?
とビビったぐらいです。

でも、お医者さん曰く
「初期の頃は何も食べなくても赤ちゃんに影響はありません。
ただし、水分は必ず摂ってくださいね。
今は脱水症状にならなければ大丈夫ですから」とのこと。

とにかく水分だけは摂らなければ、と必死だった私が
唯一飲めた飲み物が「オランジーナ」。
orange
炭酸と柑橘系という、つわり妊婦にはありがたい
ゴールデンコンビの飲料です。
毎日、ジュリアーニに買って帰ってきてもらいました。
私にとっては「命の水」ですよ〜。

ジュースだから糖分を摂りすぎかも、とは思いましたが
そんなこと構っていられないので
ひたすら毎日飲んでいましたね。

最近は「レモンジーナ」という姉妹品も出ているので
当時発売されていれば、レモンジーナも愛用していたな、絶対。


mackypimacky at 18:32│コメント(0)トラックバック(0)