アーティスト

February 27, 2012

毎年WOWOWで放映されている
米国の映画の祭典、『2012アカデミー賞授賞式』のライブ映像を
今年は友達のマリちゃんと一緒に鑑賞しました!

マリちゃんは5時半起きして、8時過ぎには私の住む駅に着くほど
楽しみにしていたようです。

のんびり観られるように、サンドイッチと飲み物を用意して
いざ、スタート!

最初の1時間半はレッドカーペットを歩く俳優&女優のインタビュー。

今年は全体的にドレスがシンプルな気がしました。
派手な色は少ないし、ゴチャゴチャと飾りがついたドレスの人も
ほとんど見かけなかった。
そして、ゴージャスなアクセサリーをつけている女優が
ほとんどいなくて驚きました。
アカデミー賞と言えば、ハリー・ウィストンのキラキラ、ゴージャスな
アクセサリーを身にまとう人がいっぱいだったのに〜。

アンジェリーナ・ジョリーは黒のドレスだったけれど
ものすごーく深いスリットが入っていて、超セクシーでした。
脚色賞のプレゼンターを務めた時は、「さあ!私の脚を見なさい」ってぐらい
足をグッと突き出したポーズをとってセクシー全開!
(受賞者がアンジーのセクシーポーズを真似てお茶目だった)

主演男優賞のプレゼンターを務めた
ナタリー・ポートマンの赤いドレスもかわいかった!

そして、肝心の結果です。
主要受賞者はこちら。
【助演女優賞】オクタヴィア・スペンサー『ヘルプ〜こころがつなぐストーリー〜』
【助演男優賞】クリストファー・プラマー『人生はビギナーズ』
【主演女優賞】メリプ・ストリープ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
【主演男優賞】ジャン・デュジャルダン『アーティスト』
【監督賞】ミシェル・アザナヴィシウス『アーティスト』
【作品賞】『アーティスト』

下馬評ではマーティン・スコセッシが暴力を封印して(?)
監督した子供が主役の3D映画『ヒューゴの不思議な発明』と
モノクロで無声映画の『アーティスト』の対決って雰囲気でしたが
終わってみれば『アーティスト』の圧勝でしたね。

たしかに『アーティスト』は予告を観ただけでもワクワクする
面白そうな作品。早く観たいな。

『ヒューゴの不思議な発明』は撮影賞、美術賞、録音賞、音響編集賞、
視覚効果賞の5部門で受賞しました。
数でいったら『アーティスト』と同じだけど、裏方での評価となりましたね。

助演女優賞のオクタヴィア・スペンサーや
助演男優賞を最高齢の82歳で受賞したクリストファー・プラマー、
そして、17回目のノミネートとなったメリル・ストリープの主演女優賞の
受賞スピーチも良かったなぁ。

ほかに気になったのはこちら。
【短編ドキュメンタリー賞】『セイビング・フェイス』(イスラエル)
【外国語映画賞】『別離』(イラン)
【脚本賞】ウッディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』
【メイクアップ賞】『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

イスラエルとイランの作品が獲ったのは大きいと思います。
ウッディ・アレンは授賞式に来ていませんでした(笑)。
きっと、どこかで遊んでいたのでしょう。
メイクアップ賞を受賞したは
37年間、ずっとメリル・ストリープのメイク担当だったんですって。
メリルの作品は全部、彼が手がけたそうです。
メリルが受賞を大喜びしていた姿が印象的でした。

授賞式で披露されたシルク・ドゥ・ソレイユのショーも
めっちゃ良かったです。もう、シルク最高!!

また、9回目となるビリー・クリスタルの司会ぶりも安定していました。
毎回、最初に登場する作品賞にノミネートされた作品の
パロディ映像が面白かった〜!!

9時から14時まで、マリちゃんと一緒に
ワイワイ、キャーキャー言いながら、楽しく観ることができました。

いつも一人で観ていたけど、二人で観たほうが断然面白いですね!

mackypimacky at 23:47│コメント(0)トラックバック(0)

October 19, 2011

新宿を歩いていたら、突然、ものすごい歓声が街を包み込んだ。
たくさんの女性が悲鳴に近い声で、誰かの名前を叫んでいる。

何を言っているのか全然わからなかったんだけど
いきなりドラムの音がとどろいて、知らない曲の生演奏が始まったので
「ああ、どこかのバンドが突然ライブを始めたんだ」と思いました。

でも、歌声は聴きとれない。
日本語だけど、なんだか歯切れが悪い。

駅に近づいて、やっと理由が判明しました。
誰だか知らないけれど、韓流のバンドが歌っている。

目の前を走る宣伝カーで
「CNBLUE」ってバンドってことだけはわかりました。
有名な人たちなの? 韓流に興味がないから全然わかんなかった。


とにかく、駅の周りは人、人、人。
上の写真の人みたいにガードレールによじ登ったり、
ステージ前の工事現場を乗り越えようとしたり、
無茶な女性がいっぱい。


私を含み、普通に駅に近づきたい人は圧死寸前ってぐらい
もみくちゃにされました。

そして、立ち止まっている人たちは
携帯を頭上に持ち上げて、遠いステージにいる
韓国人アーティストを撮影しまくっていました。
あんなに遠かったら、まったく写っていないと思うんだけど…。

おしくらまんじゅう状態で、悲鳴とカメラのフラッシュと
「写真を撮らないでくださーい」っていう叫び声。
ちょっとした地獄絵図でした。

案の定、たった1曲歌っただけで
「安全が確保できないのでこれで中止です」と言っていました。
まぁ、当然だわな。
今にも将棋倒しになって、誰かが押しつぶされそうでしたから。

それにしても韓流熱ってすごいんですねぇ。
目の当たりにしたのは初めてだからかなりビビっちゃいました。

mackypimacky at 23:29│コメント(0)トラックバック(0)