イタリア

June 09, 2013

私が世界で一番愛するサッカー選手、ロビーこと
イタリアのロベルト・バッジョが参加すると言うので
国立競技場で開催された『サッカー日本・イタリア代表OB戦』を
観戦しに行ってきました。
CIMG0020
CIMG0021

いまの若者は知らないかもしれないけれど
最近で言うところのベッカムレベルの超人気スター選手だったんですよ。
イタリアOBチームのメンバーは往年の名選手ばかりなのに
ロビーが動くとカメラマンもぞろぞろと移動。ほとんど、ロビーしか撮影していない(笑)
CIMG0033

試合は懐かしいメンバーが勢ぞろい。
CIMG0108
CIMG0120
キング・カズこと三浦知良選手は現役選手なので、正確にはOBじゃないけど、ゲスト出場。

審判団もOBっていうところが粋ですね。
CIMG0123

選手入場。
CIMG0132

イタリア代表に名を連ねているのにユニフォームじゃないロビー。
CIMG0148
今日の肩書は「監督」だそうです。ガッカリ〜。

1分ぐらい試合に出るかなと思ったし、後半にはスタジアム中から
「ロベルト・バッジョ」コールが起きていたけど、最後までピッチには立ちませんでした。
試合開始時のキックオフだけ、オマケで蹴っていたけど。

試合自体はとても面白かったです。
みんな、おじさんになっちゃって動きは鈍いし、体力が持たないから
数分出場したら、すぐに交代しちゃう選手も続出でしたが
懐かしい面々がボールを追う姿はほのぼのとしていて
「ああ、サッカーって面白いな」と改めて思いました。

後半にはイタリア代表OBチームにカズ、
日本代表OBチームにジュビロ磐田でプレーしたトト・スキラッチが参加するという
サプライズも用意されていて、会場からは拍手喝采でした。
CIMG0158

試合は2-2でタイスコア。
とはいえ、歳取っても、イタリア代表はやっぱりイタリア代表ですよ、上手かった。

日本OBチームは正直バテバテ(笑)
CIMG0179
CIMG0200

最後は闘将バレージがご挨拶。
CIMG0171
おっさんになったなぁ。

そして、締めはやっぱりロベルト・バッジョです。
CIMG0206

今回は膝のケガあってプレーできなかったけれど
次に日本に来るときはプレーしたい。また日本に来たいと言っていました。
有言実行でぜひぜひ来てほしいです。


mackypimacky at 22:19│コメント(0)トラックバック(0)

April 05, 2013

世界で一番好きな画家がラファエロです。
私は「死ぬまでに地球上にあるラファエロの絵を
自分の目で全部見る!」というのが夢なんですよねー。

そのラファエロの作品を集めた美術展「ラファエロ」が
上野の国立西洋美術館で開催されています。


開催初日からすごく混んでいて、
四角い絵が四角く観れないぐらい視界が遮られると知り、
行くのを躊躇していました。

でも、夕方になれば比較的空くという情報を得て、
1週間に1日だけ夜20時まで開館している金曜日に
上野へGo!

17時ぐらいに着いたんですがたしかにガラガラでしたよ。

滅多に借りない音声ガイドを借りて
ゆっくりと1枚1枚を観てまわりました。

ただ、さすがにラファエロの作品だけでは
展示数が足りなかったのか、ラファエロにまつわる
画家の作品も結構な数、展示されていたのが残念だったなぁ。

ショップでは絵葉書と公式図録(超重たかった!)を迷わず購入。

一番後ろの四角い箱は「大公の聖母」がパッケージに描かれた
イタリアのチョコレートショップ「カフェレル」のジャンドゥーヤです。

丸い容器は「ルピシア」とコラボした紅茶2点。
左が“fascino(ファッシノ)、ミモザとシャンパンのお茶”、
右が“grazia(グラツィア) 桃とミルクのお茶”。

まだ、fascino(ファッシノ)しか飲んでいませんが
結構美味しいですよ〜。


mackypimacky at 23:12│コメント(0)トラックバック(0)

November 13, 2011

テラスモール湘南にはいろんなスウィーツショップが
入っていますが、なんと!
イタリアのチョコレートとジェラートのお店、
『BABBI(バビ)』もありました〜!!


オープン初日から3日間(前日のプレオープンを含めて4日間)は
レギュラーとプレミアム問わず2種盛(ダブル)で500円ぽっきり!


シングルも300円といつもよりお得です!

フレーバーはいろいろあって、選ぶのに迷いまくり〜。


コーンではなく、カップでお願いしたら
BABBI(バビ)のロゴマークをかたどった
こんなにかわいいプレートに入れてくれました。

選んだのはもちろん、プレミアムフレーバーの
「ピスタッキョ(ピスタチオ)」と「カスターニャ(マロン)」。
ピスタチオは濃厚な味、マロンは大きな栗が入っていました。
普通に食べたら683円なので200円弱お安いっ!

こんな機会でもないと食べられないので
お腹いっぱいだったけど食べちゃった(笑)。

【BABBI(バビ)】
BABBI SHONAN TSUJIDO
神奈川県藤沢市辻堂神台1丁目3番1号 湘南テラスモール2F
TEL :0466-86-7272
営業時間:10:00〜21:00
http://www.babbi.jp/


mackypimacky at 22:37│コメント(0)トラックバック(0)

September 13, 2011

上野にある東京文化会館で
イタリアのボローニャ歌劇場の
オペラ『カルメン』を鑑賞してきました。


東京公演の初日だったということと、
事故で亡くなったり、病気で来日中止になったりと
出演者が来日直前で大幅に入れ替わったことのお詫びだったのか
入口で来場者全員にプログラムをプレゼントしてくれました。
そのプログラムは、出演者変更前に刷り上がっていたものなので
代役の人たちは載っていないため、
あまり役に立たないといえば立たないんですけどね(笑)

上演前には歌劇場の総裁が舞台に登場し、イタリア語で挨拶。
メインキャストが大勢来日しなかったのに
チケットの払い戻しを受け付けなかったので
かなり気を遣っていましたね。
「病気」って理由で来日しない人の中には
「いまの日本には行きたくない」って人もいたんだろうなぁ。
とってつけたような理由の人が多かったですから。

今日の『カルメン』はこれまでに観たことない
変わった演出でした。
もともと、スペインのセビリアにある煙草工場が舞台の話なのに
キューバの葉巻工場の話になっていたんです。

カルメンの衣装も、従来はスペインのジプシーらしい
フラメンコで着るような裾の長いドレスだったのに
今回は星条旗柄のタンクトップやショートパンツなどなど。
やたらとカラフルでポップなものでした。


『カルメン』はスペインが舞台なのにフランス語で演じられるオペラなんですが
今回はキューバが舞台で、喋っている(歌っている)のはフランス語で、
歌詞は変えられないため、歌詞の設定はスペインのまま(地名など)という
いつも以上に入り組んだ設定。
なんだか不思議な3時間半だったなぁ。

音楽は有名な曲も多く、演奏もとっても良かったし(指揮者がイケメンでした!)
ソリストたちの歌声にも文句はなかったんですが
いかんせん、ミカエラ役の設定が看護婦だったのがいけなかった…。

当初のキャスティングでは、ミカエラは細身の女性だったのに
来日できなくなって代役になった人が、オペラ歌手らしい
非常に豊満な肉体の方だったんです。
その人のナース姿は、もう目も当てられないぐらいパツパツで
かわいそうでした。
せっかくの美声が衣装によって台無し。

本来の衣装だったり、古典作品のゴージャスな衣装だったら
体型なんて全然気にならなかったんだろうけれど
体のラインがばっちり出てしまう現代的な衣装だと影響大ですね('д` ;)

あと、子供がたくさん出てきて歌うシーンが2ヵ所あるんですが
現地調達だったようで、日本のNHK東京児童合唱団の子供たちが
大勢出演していました。
世界的に有名な歌劇場の舞台に立つなんて貴重な経験ですね〜。
親御さんたちが終演後のアンコール時に
1階席の真ん中で大声援を送っていました(笑)。

オペラももうちょっと値段が安ければもっと観に行きやすいんですが
海外の有名歌劇場や交響楽団の来日公演は本当に高い。
今日は1階のS席だったので1枚52,000円!
これまで観た公演で一番高かったのは1枚10万円でした!

もちろん、どれも招待です。当たり前だけど、自分じゃ買えません。
オペラや、交響楽団の演奏や、お芝居など、
エンターテインメントを無料で観られるっていうのが
徹夜続き&休みなしの過酷な労働だったけど
マスコミの仕事をしていて良かったなぁと思える理由の1つかも。

25日の最終日にも『エルナーニ』を観に行く予定。

【ボローニャ歌劇場】
http://www.bologna.jp/

mackypimacky at 23:30│コメント(0)トラックバック(0)

May 25, 2011

レディースデーだったので映画を観に行ってきました。

イタリアのヴェローナ周辺が舞台となる『ジュリエットからの手紙』。

あらすじはこんな感じ。
----------------------------------------
米国の『ニューヨーカー』誌で事実調査(記事の内容が正しいか確認)を
担当しているソフィは記者志望。
でも、編集長にはなかなか認めてもらえない日々が続いていた。
婚約者のヴィクターはイタリア料理のシェフで
間もなく、自分のレストランをオープンするため、その準備に忙しい。
レストランがオープンすると長期休暇が取れなくなるので
オープン前にプレハネムーンとして、2人はイタリアのヴェローナへ行くことに。

ところが、イタリアに着くと、ヴィクターはソフィはと2人で過ごすより
ワイン畑やチーズ工場の見学など、仕事に関することで時間を使うばかり。
仕方なく、彼と別行動をとることになったソフィは
ヴェローナで一番人気の観光スポット、ジュリエットの家へ向かう。
シェイクスピアの小説『ロミオとジュリエット』の舞台がヴェローナで
そこにはジュリエットの生家(とされている家)があるのだ。

ジュリエットの家の前ではたくさんの女性が
ジュリエット宛の手紙(ジュリエット・レター)を書き、中庭の壁に貼っている。
よく見ていると、その手紙を集めて持ち帰る女性がいた。
その女性のあとをつけたソフィが目にしたのは
「ジュリエットの秘書」と呼ばれる女性たち。
彼女たちは世界中から集まるジュリエット宛の手紙にきちんと返事を書いているという。
興味を持ち、手伝うことにしたソフィは、偶然、50年前に出されたのに
誰にも見つかることなく壁の中に眠っていた手紙を発見。
そこには留学中に知り合った恋人ロレンツォと駆け落ちの約束をしていたのに
国を捨てる勇気がなく、待ち合わせ場所に行かないまま
英国へ帰ったクレアの後悔の言葉が綴られていた。
ソフィはクレアへ返事を書く。

すると数日後、クレアが孫のチャーリーとともにイタリアへやってくる。
50年前に別れた相手、ロレンツォを探すために。

ソフィは「ぜひ、記事にしたい」と願い、2人の旅に同行することに。
その旅の中でソフィが知る、運命の愛とは……。
----------------------------------------

なんだか、あらすじが長くなっちゃいましたが(笑)
イタリアのヴェローナの街並み、田舎町の風景、素朴な人々。
匂いや音や風の心地よさが感じられる、映像がたくさん出てきました。
いますぐにでもイタリアに行きたい!って思ってしまった。

映画に出てくる50年前の恋人たちを演じる2人は
実生活でも40年の時を経て結婚した
英国人女優とイタリア人俳優のカップルなんですって。
映画とリンクして、なんてロマンチックなんでしょう。

この作品には悪い人が1人も出てこない。
みんな素敵。若い人も、年配の人も輝いています。

そうそう、ヴィクター役がガエル・ガルシア・ベルナルなんですけど
これまでの重たい役とは打って変わって
超オチャメな、イタリア大好き男を演じていて笑えます。

上映館があまり多くないようでしたが
女性にはオススメできる作品です。
DVDが出たら買っちゃう!!

【ジュリエットからの手紙】
http://www.juliet-movie.jp/

mackypimacky at 23:48│コメント(0)トラックバック(0)

January 28, 2011

会場内で一番行列ができていたのは
『Pâtisserie Sadaharu AOKI Paris(パティスリー・サダハル・アオキ・パリ)』。
元TBSアナウンサー雨宮塔子さんの旦那さまで
パリで大活躍中のパティシエ、青木定治さんのショップです。

チョコレートも美味しいですが、私は『サダハル・アオキ』の
マカロンが大好きっ!
日本人パティシエの中では
青木さんのマカロンが一番美味しいと思っています。
『ラデュレ』や『ピエール・エルメ』のような“パリのマカロン”そのものです。

長蛇の列には理由があって、まず、青木さんご本人がいらしていて
お客さんに直接、売っていました。

そしてさらに混雑を招いていたのはこれ!
「東京焼きマカロンショコラ(381円)」。
CIMG1697

今川焼きの中身がマカロンなんでーす!!
CIMG1696
焼いている様子を見ながら、
「すごーい!すごーい!こんなの初めて見た」と連呼しちゃいました。

次の予定が入っていなければ、並んだのに〜(ToT)

後ろ髪を引かれながら、『サダハル・アオキ』をあとにしましたよ。

次に足を止めたのはフランスと並ぶショコラ大国ベルギーの
有名ショコラティエ『Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)』。

こちらでも「新宿伊勢丹サロン・デュ・ショコラ限定商品」がありました。
それはこれ。
「チョコレートペーストワッフル(300円)」。
CIMG1700
CIMG1705
こっちは列ができていなかったので迷わず買っちゃいましたよ!

「香り高いココアパウダーを使用したワッフルに
濃厚なオリジナルチョコレートペーストをあわせました」という説明どおり、
どちらにもチョコがたっぷり。

ほかにも気になるショップはたくさんあって、
もうどれを買っていいのやら。目が回りました(@o@)

今年の傾向は「イタリア・トリノ」のチョコレートかなぁと思いました。

『Peyrano(ペイラーノ)』や『VESTRI(ヴェストリ)』といった、
ピエモンテ州(トリノは州都)の特産物であるヘーゼルナッツ(ノッチョーラ)を使った
ジャンドゥーヤがメインのショップが目立ったんですよね。
試食させてもらうとどれも美味しい。
小粒のものだけでなく、ペースト状になったものもあって
パンに塗ったら最高だろうな。

ピスタチオの入ったジャンドゥーヤのように、
ナッツ+ナッツのチョコレートがいい感じでした。

今回は購入しなかったけれど
『VESTRI(ヴェストリ)』のスプーンですくって食べる
クリームタイプチョコレートは買ってみたいな。

【サロン・デュ・ショコラ】
http://www.isetanspecial.com/sdc/

【VESTRI(ヴェストリ)】
http://www.vestri.jp/

mackypimacky at 03:55│コメント(0)トラックバック(0)

April 10, 2010

本日、無事にフランス・イタリアの旅から帰国しました。

帰りのローマから成田までの12時間のフライトは
映画を観ていたら、あっという間に過ぎちゃった。
その分、眠い……。

現地に滞在していた10日間、ほぼ毎日、「雨」って天気予報だったので
傘は手放せなかったんですが、私は自他共に認める
最強の「晴れ女」!!!

今回の旅でも神がかり的にピンポイントで“晴れ”を呼び込みました。

つい数分前まで大雨が降っていても、
私が「ここを見学する!」「ここの写真を撮る!」と心に決めて、
地下鉄の改札や建物を出ると、あーら不思議。

こんな天気や、
CIMG8536(サクレ・クール寺院)

こんな天気や、
CIMG8662CIMG8824
(ベルサイユ宮殿&エッフェル塔)

こんな天気や、
CIMG8898CIMG9218
(モンサンミッシェル&凱旋門からの眺め)

こんな天気が
CIMG9637CIMG0018
(フィレンツェのドゥオモ&カプリ島)

一瞬(もしくは長時間)、訪れる奇跡。

うーん、結婚式に引き続き、この晴れ女ぶりは我ながら
よくやった、と思います。

旅の思い出は少しずつアップしていく予定です。

mackypimacky at 23:06│コメント(0)トラックバック(0)