サンドラ

March 05, 2014

ちょっと間があいてしまいましたが
今年の第86回アカデミー賞のまとめです。

主なアカデミー受賞者はこちら。

作品賞           「それでも夜は明ける」
監督賞           アルフォンソ・キュアロン「ゼロ・クラビティ」
主演男優賞        マシュー・マコノヒー「ダラス・バイヤーズクラブ」
主演女優賞        ケイト・ウィンスレット「ブルー・ジャスミン」
助演男優賞        ジャレット・レトー「ダラス・バイヤーズクラブ」
助演女優賞        ルピタ・ニョンゴ「それでも夜は明ける」
脚本賞           スパイク・ジョーンズ「her 世界でひとつの彼女」
外国語映画賞       「追憶のローマ(イタリア)」
長編ドキュメンタリー賞 「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」
短編ドキュメンタリー賞 「The Lady in Number 6: Music Saved My Life」
短編実写映画賞     「Helium」
視覚効果賞        「ゼロ・グラビティ」
長編アニメーション賞  「アナと雪の女王」
短編アニメーション賞  「Mr. Hublot」
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 「ダラス・バイヤーズクラブ」
衣装デザイン賞     キャサリン・マーティン「華麗なるギャツビー」
歌曲賞           “Let It Go”(「アナと雪の女王」)
作曲賞           スティーブン・プライス(「ゼロ・グラビティ」)
美術賞           「華麗なるギャツビー」
編集賞           アルフォンソ・キュアロン、マーク・サンガー「ゼロ・グラビティ」
撮影賞           エマニュエル・ルベツキ(「ゼロ・グラビティ」

ゼロ・グラビティが7部門で受賞し、今回の最多受賞作品でした。
ずっとこの作品を認めていなかったNASAもアカデミーの受賞を知って
正式にお祝いのコメントを出したそうです。
NASAの宣伝にもなるんだから、もっと前からポジティブなことを
言ってあげれば良かったのに。

「それでも夜は明ける」の監督はスティーヴ・マックイーン。
最初、「えっ!?俳優の?」と思ったけど、同じ名前ですが
英国人の黒人監督でした。
英国人監督のせいか、ドラマ『Sherlock』で大人気の
ベネディクト・カンバーバッチも出ています。
もちろん、授賞式にも出席していました。
歌曲賞候補で呼ばれていた、ロックバンドU2の記念撮影時に
飛び入りした写真(フォトボム)も話題に。
N0061097_l
お茶目だなー。

脚本賞を獲ったスパイク・ジョーンズは日本人女優・菊池凜子の
恋人って報道されていた人ですよね。

主演男優賞を獲ったマシュー・マコノヒーは綺麗な奥さん連れで
出席していたけど、その並びに元恋人のサンドラ・ブロックがいて
ドキドキしちゃいました。
同じく元恋人のペネロペ・クルスもプレゼンターでいましたね。
業界内恋愛って、やっぱ危険〜。

スピーチではジャレット・レトーの言葉に涙。
お母さんへの感謝にあふれていて、シングルマザーのお母さんが
どれだけ愛情をこめて育てたか伝わってきました。

今年も楽しい一日になりました。
来年はどんな映画が出てくるんだろう。
今から1年後が楽しみです。

mackypimacky at 20:18│コメント(0)トラックバック(0)