サービス

January 19, 2013

本日は毎年恒例となっている
同じ歳の友人たちと楽しく美味しい料理を食べる会、
「クラブ・カランタン」(「クラブ・トランタン」から改めました)の日。
今年でもう11年目となります。
最初は3人でスタートしたカランタン・メンバーもいまや7名に。

レストランは悩んだ末に昨年秋に恵比寿にオープンした
『サロン メゾン・エメヴィベール』にしました。


昨年のクラブ・トランタンは麹町にある『メゾン・エメヴィベール』だったので
2年続けて姉妹店での開催、になりました。

こちらも麹町のお店と負けず劣らず、素敵な造り。
バーもあるウェイティングスペースもシックでゴージャスです。


まずは乾杯。
こちらはアルコールが苦手な人のために作ってくれた
バラの香りのジンジャーエール。

浮かんでいるのは生花のバラです。

アミューズ・ブーシェ。
「アカザエビのズッキーニ巻」。


こちらは「パンにつけて食べてください」と出された「豚のリエット」。


そして、こちらは表面がツルツルピカピカに成型されたバター。

「どうすれば、こんなにつやつやの丸い形になるんですか?」と
質問したら、「企業秘密です」とニッコリ微笑まれました(笑)。
あとでちゃんと教えてくれましたけど。

で、やっと真打ち。お料理の紹介を始めます。

まずは前菜。
「スコットランド産サーモンのマリネ 香草風味」。

右上に載っているベーコンが、カリッカリッなんですよ、これが。
サーモンの量もたっぷり。

お次はスープ。
私の大好きな「オニオングラタンのスープ」。


お魚料理は
「金目鯛のヴァプール ソース・ブールノワゼット」。


そして、グラニテ。


肉料理の前にはお肉専用のナイフを1人ずつ選ばせてくれました。

持ち手に象牙を使った1本1本、手づくりのナイフだそうです。

肉料理は
「シャラン産鴨のロースト カルダモンの香るリンゴを添えて」。


一口デザートは
柚子と人参とオレンジと金柑のスープ。


デザートは3種類からそれぞれチョイス。
私の選んだのは
「ラ・フランスのソルベとゴルゴンゾーラのクリーム
オレンジ カラメルソース」。


パリパリの皮と皮の間にソルベとクリームが挟まっています。


こちらは「80%カカオをつかった温かいビスキュイショコラ
バニラのアイスクリームとくるみのカラメルソース」。


「マスカルポーネのクリームとエスプレッソのグラニテ
シナモン風味のシュトロイゼル」。

右の筒の中にエスプレッソのグラニテが入っています。

最後に出てきた小菓子たち。

これは食べきれなくて、お持ち帰りにしてもらいました。

写真を撮り忘れてしまいましたが
パンも3種類出てきて、美味しかったです。

7人とも大満足のボリュームとクオリティでした!
サービスも完璧だし、コストパフォーマンスも良いと思います。

こちらのお店はレストランウェディングも行っているそうで
独身女子の皆さんは館内を「将来の参考に」と
食後に見学して歩いていました。

早く誰か、ここで結婚式をやってくれないかなぁ。

【メゾン・エメヴィベール】
http://www.aimeevibert.com/maison/


mackypimacky at 18:26│コメント(0)トラックバック(0)

May 28, 2012

鍋を必死に磨いたら、数本のネイルがポロッと
剥がれ落ちちゃいました(ToT)

仕方ないので、まだ前回から1ヵ月経っていないけれど
ネイルサロン『JARI NAIL』へGo!

前回のオレンジに引き続き、「初夏」をイメージして
今回は“水色”のフレンチ(ラインはシルバー)にしてもらいました。


人差し指と薬指には小さなお花のシールを散らし、
親指、中指、小指にはクリスタルとトパーズの
ラインストーンでアレンジ。


爽やか〜な雰囲気を狙ってみました!

【JARI NAIL(ジャリネイル)】
251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢6-9 1F
TEL:0466-29-7377
営業時間:11:00〜20:00(最終受付)
定休日:火曜日
http://jari.main.jp/index.html


mackypimacky at 23:24│コメント(0)トラックバック(0)

May 06, 2012

私が藤沢に住むようになって以来、通っているネイルサロンは
藤沢駅南口にある『JARI NAIL(ジャリネイル)』。


かわいくて気さくなネイリストさん2人が経営しているお店で
いつもおしゃべりしながら、リラックスして過ごします。
私にとってネイルの時間は月に一度の癒やしの時間。
ゆったりしたい私にはピッタリのネイルサロンです。

毎回、いろいろと相談しながら色やデザインを決めていて
今回は初夏をイメージしてオレンジのフレンチネイルに。


親指、中指、小指のラインには、
お花模様のかわいいレースシールを使ってもらいました。


人差し指と薬指のセンターにはそれぞれラインストーンでアクセント。


初夏を感じる素敵なネイルになりました。

【JARI NAIL(ジャリネイル)】
251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢6-9 1F
TEL:0466-29-7377
営業時間:11:00〜20:00(最終受付)
定休日:火曜日
http://jari.main.jp/index.html


mackypimacky at 18:17│コメント(0)トラックバック(0)

April 12, 2010

今回の旅、往復ともイタリアの航空会社、アリタリア航空を利用しました。

復路のローマ〜成田便は日本航空(JAL)との共同運航便だったので
実質、帰りはJALだったことになるんですけどね。

成田→ミラノ
ミラノ→パリ
パリ→ローマ
ローマ→成田

これだけ乗っても、69000円(燃料サーチャージと税金は別)。
安いですよねー。

成田→ローマを往復するだけでも同じ値段なので
時間があるなら、アリタリアの飛んでいる都市に
寄り道したほうがお得です。

ちなみに旅行代理店は通さず、直接、アリタリア航空の
サイトで予約しました!

さて、出発直前に気づいたんですが
アリタリア航空には「ハネムーンサービス」っていうものがあります。

これは「ハネムーン」だと自己申告すると
特別食を用意してもらえるというもの。
もちろん、別途料金のかからない、無料のサービスです。

私たちはわざわざ座席を離して予約していたぐらいなので
(2人とも通路側希望だったため隣同士にならずともよし!とした)
まったく「ハネムーン」ぽくない2人だったんですが
そんな特別サービスがあるならば、ちょっと利用してみようと思い、
アリタリア航空に電話して、リクエストしました。

まさに自己申告のみ。証明書を出してくださいとか
全然言われませんでした。
名字が同じなら大丈夫なのかしら。

で、出発当日。
成田空港のアリタリア航空のカウンターでチェックインしたら
搭乗券にこんな文字が!
CIMG8433

すごい。超アピール!(笑)
「MOON」の「O」の字が「ハートマーク」ですよ…。

そして、実際に提供された機内食はこちら。
CIMG8447

通常の機内食はメインディッシュはお肉orお魚から選びますが、
私たちの場合、両方入っていました。
海老と、その下には白身魚のクリーム煮(?)。
右側はビーフステーキ。

さらにお内裏様とお雛様を模した(?)お寿司。
CIMG8448

「Happy Wedding」のメッセージプレート付きケーキ(苦笑)。
CIMG8446

そして、特別デザートでクッキーの詰め合わせ。
CIMG8451

こんなメッセージカードまで付いていて、やや赤面(笑)。
CIMG8452

20代だったら、きっと純粋に喜べるんだろうな、と考えてしまう
アラフォーでした。

ところで、特別食だったため、私たちの食事は
一番最初に配られたんです。

座席は一番後ろのほうだったので、本来ならば
最後に配られるはずなのに、真っ先に配られたため、
目立ってしまいました。

運の悪いことに、私の座席の通路を挟んだ右側は
団体旅行のおばちゃん軍団。

自分たちは当分、配られそうもないのに
さっさと食事が届いた私にいきなり文句。
「ねえ。なんであなたたちだけ早く食事がくるのよ」

にっこり笑って「私たち、ハネムーンなので、
特別にハネムーン用の食事を用意してもらったんですよ」と教えたら、
「あら、そうなの。へえ。それはそれは」と
納得してくれたっぽかったんですが……。

説明後も私の食事が気になって仕方ないみたいで
おばさんたちは、次々と身を乗り出して私のテーブルをのぞきこみ、
「ねえ、それは何?」とか「美味しいの?」とか質問攻め。

たちの悪いことに、前に座るおばさんたちにまで
「あの子の食事は特別なのよ」と伝えられ
わざわざシートベルトをはずして、私の食事を見に来た人までいました。

なんで、団体旅行に参加しているおばさん(ときにはおじさんも)って
あんなにマナーが悪いんでしょうね。

なかにはきちんとした人もいますから全員が同じとは思わないけれど、
比率で言えば、すごい確率で、海外で見かける恥ずかしい日本人は
ツアー参加客のおじさん&おばさんです。

添乗員がついているからと安心しているのか、
「団体だから何があっても大丈夫」と思っているのか、
海外旅行だってことで気が大きくなっているのか、
海外での日本人のおじさん&おばさんのマナーの悪さは顕著です。
きっと1人で旅行していたら、同じことはしないでしょう。

もくもくと食事を食べながら
「ああ、こういう恥ずかしいおばさんにだけは絶対になるまい」と
改めて思いましたよ、はい。

mackypimacky at 15:42│コメント(0)トラックバック(0)