スペースシャトル

February 25, 2011

日本時間2011年2月25日6時53分(米国東部時間24日16時53分)、
米国のスペースシャトル『ディスカバリー号』が
国際宇宙ステーション(ISS)へ向けて
フロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げられました!



ディスカバリー号が宇宙へ飛び立つのはこれが最後。
今回のミッションで引退です。
米国はこれからどんどん民間企業に宇宙開発を移していくらしい。

しかし、これでISSには日本の無人補給機「HTV(こうのとり)2号機」、
ヨーロッパの無人輸送船「ATV(ヨハネス・ケプラー)」 、
ロシアの宇宙船「ソユーズ」が2機、同じくロシアの補給船「プログレス」、
そして米国のスペースシャトル「ディスカバリー」と
なんと6機がドッキングすることになります。

すごーい。こんなにいろんなものがくっついても、ちゃんと宇宙ゴミを
避けたり出来るのだろうか?

mackypimacky at 23:20│コメント(0)トラックバック(0)

April 20, 2010

スペースシャトル「ディスカバリー」に乗って
国際宇宙ステーション(ISS)に行っていた
山崎直子宇宙飛行士が、本日4月20日22時8分に
無事、米国フロリダのケネディ宇宙センターに帰還しました。

本当だったら前日に帰還するはずだったのに
フロリダが天候不順だったため、延期に。

今日も最初はもっと早い時間に帰還するはずでしたが
霧が出てきたということで、もう1周、地球の周りを回って
時間を調整していたそうです。

とにかく、事故もなく、乗組員の皆さんが全員、元気な状態で
戻ってきてくれてホッとしました。

宇宙に旅立つ前も、旅立ってからも
旦那さんの山崎大地さんがtwitterで逐一、直子さんとの
やり取りをツィートしてくれていたので、
これまで知ることのなかった、宇宙飛行士の家族の様子や
飛行士の細かな作業や行動規定がよくわかって楽しかったです。

私は月に土地を持っているので
(ここで買いました→http://www.lunarembassy.jp/
生きているうちに宇宙旅行ができるようになるといいな、と思っています。

ジュリアーニには「そんなことは不可能だ」って失笑されますけど
一昔前は携帯電話がこんなに小さくて、パソコン並みに使えるようになるなんて
誰も思っていなかったのに、今では当たり前になっているんだから
宇宙旅行だって、30年ぐらい経ったら「え、熱海に行くのと変わりないでしょ」
ってぐらい、気軽にできることになるかもしれない。

世の中にはありえないことがたくさんあるから、
私は諦めず、のんびりと夢の実現する日を待つことにします。

mackypimacky at 23:18│コメント(0)トラックバック(0)

March 06, 2010

先日、紹介した4月5日にスペースシャトルに搭乗する
宇宙飛行士・山崎直子さんの夫、山崎大地さんの本です。

宇宙主夫日記 妻と娘と夢を追いかけて!
宇宙主夫日記 妻と娘と夢を追いかけて!
クチコミを見る

最初は2人のラブラブな話が続いていたので
気楽な気持ちで読み進めていたら、
中盤からかなり痛々しい話になっていき、
「やっぱり夫婦を続けるって大変なことなんだな」と
実感してしまいました。

とっても仲が良さそうに見えるのに
いつの間にか、気持ちがすれ違い、
数年前から大喧嘩を繰り返して
長い間、別居していたそうです。

最終的には「離婚して欲しい」と大地さんが
離婚訴訟を起こして裁判所で争っていたようなんですが
裁判所は「世間から注目されている宇宙飛行士が離婚なんて!」
ということで、止め続けたらしい。

そこに至るまでの大地さんの思いがかなり率直に書かれていました。
こんなこと、書いていいの? ってことまで。

いまはなんとか、持ち直して
お嬢さんと2人で、直子さんの宇宙飛行を見守ろうと
尽力しているようです。
よかった、よかった。

夫婦の物語として、私は興味深く読みました。
赤の他人が2人、一緒に生きていくって
並々ならぬ忍耐と努力が必要なんだ、と確認させられる本でした。

mackypimacky at 19:02│コメント(0)トラックバック(0)