デザート

August 02, 2013

友達一家とランチしようとなり、お店のチョイスを任せたところ、
素敵なレストランへ連れて行ってもらえました。

まるでバリ島みたいな、リゾートっぽい雰囲気。
CIMG1012

「ジ・オリエンタルテラス」。
CIMG1015

こちらは結婚式場としても使えるオシャレなレストランで
佐鳴湖の湖畔にあるため、お店からは湖を含めた素敵な風景を楽しめます。
CIMG1020

もともとは鳥味噌鍋が名物メニューの老舗料亭だったとか。

メニューは1000円のランチセットから4000円弱のランチコースまでいろいろ。
悩んだ末、女性陣は全員、「料亭のパレット」。
前菜、スープ、絵具皿の盛り合わせ、特製ちまき、パレットデザートで2000円。

こちらが前菜のジュレ。
CIMG1027

こちらが絵具皿のパレット。
CIMG1035

ちまきは「鶏肉、人参、ごぼうのちまき」。
CIMG1037

こちらがコンソメスープ。
CIMG1041

まとめて撮るとこんな感じ。ちょっとずつ、という女子心をくすぐるメニューです。
CIMG1045

で、こちらが一番楽しみだったデザートの盛り合わせ〜♪
CIMG1056

パスタランチを頼んだジュリアーニが注文したデザート、
「オレンジ香る ケーク・モンブラン」。美味しそうだった〜。
CIMG1054

2000円以下でこのレベルなら十分ですよねー。
何より総勢5人で、おしゃべりをしながら楽しい会食になりました。

【THE ORIENTAL TERRACE(ジ・オリエンタルテラス)鳥善】
〒432-8021
静岡県浜松市中区佐鳴台6-8-30
TEL:053-447-3241
http://www.torizen.co.jp/

mackypimacky at 20:10│コメント(0)トラックバック(0)

July 20, 2013

友達のチカちゃんと久しぶりにスィーツビュッフェへ行ってきました。
場所は新宿のホテル、ハイアット リージェンシー東京の「カフェ」。

以前はビュッフェを十分満喫できていたのに
ここ1年ぐらいは全然食べられなくなってしまって(胃腸が弱くなった?)
「値段が高いのに、全然もとがとれない」と足が遠のいていたんですが
チカちゃんの希望で、チャレンジすることに。

グラスデザート、マカロン、チョコレート、アイスクリームなどなど。
CIMG0621
CIMG0623
CIMG0626
CIMG0627
CIMG0614

ケーキも充実。
CIMG0629
CIMG0631
CIMG0617

その場で焼いてくれるクレープもありました。
CIMG0641

さらにテーブルまで持ってきてくれるスペシャルデザート(1人1皿限定)。
チカちゃんはこのプレートが食べたくて、今回、このビュッフェを選んだとのこと。
「赤桃のコンポート シャーベット添え マンゴープリン“レッジーナ”」
CIMG0648

豊かな酸味が特徴のフランス産の赤桃“ペッシュ・ド・ビーニュ”を使った一皿。
CIMG0646

こちらがフレッシュなアルフォンソマンゴーを使用し、しっとりとなめらかな食感のプリン。
CIMG0645

さらに!
CIMG0652
誕生日ということで、お店側からメッセージ入りのプレートがサプライズで登場。

お皿にのっているスィーツはビュッフェで用意されていたものばかりで(笑)、
レア感はありませんでしたが、心遣いはうれしかったです。

でも、こんなにいろいろなスウィーツが揃っていたというのに
私が主に食べ物はこちら。
CIMG0642
だって、甘いものってすぐにお腹いっぱいになっちゃうんですもの〜。

CIMG0643
サラダにかける調味料もオリーブオイル、バルサミコ酢、ワインビネガーと
高そうな瓶が並んでいたので、いろいろと使ってみました。

というわけで、「元をとる」なんてことからはほど遠く、
今回も敗北感いっぱいのスィーツビュッフェとなってしまいました。

【ハイアット リージェンシー東京「カフェ」】
スイーツビッフェ
開催日:祝日を除く平日のみ
時間:15:30〜17:30
http://www.hyattregencytokyo.com/restaurant/caffe.html


mackypimacky at 15:45│コメント(0)トラックバック(0)

January 19, 2013

本日は毎年恒例となっている
同じ歳の友人たちと楽しく美味しい料理を食べる会、
「クラブ・カランタン」(「クラブ・トランタン」から改めました)の日。
今年でもう11年目となります。
最初は3人でスタートしたカランタン・メンバーもいまや7名に。

レストランは悩んだ末に昨年秋に恵比寿にオープンした
『サロン メゾン・エメヴィベール』にしました。


昨年のクラブ・トランタンは麹町にある『メゾン・エメヴィベール』だったので
2年続けて姉妹店での開催、になりました。

こちらも麹町のお店と負けず劣らず、素敵な造り。
バーもあるウェイティングスペースもシックでゴージャスです。


まずは乾杯。
こちらはアルコールが苦手な人のために作ってくれた
バラの香りのジンジャーエール。

浮かんでいるのは生花のバラです。

アミューズ・ブーシェ。
「アカザエビのズッキーニ巻」。


こちらは「パンにつけて食べてください」と出された「豚のリエット」。


そして、こちらは表面がツルツルピカピカに成型されたバター。

「どうすれば、こんなにつやつやの丸い形になるんですか?」と
質問したら、「企業秘密です」とニッコリ微笑まれました(笑)。
あとでちゃんと教えてくれましたけど。

で、やっと真打ち。お料理の紹介を始めます。

まずは前菜。
「スコットランド産サーモンのマリネ 香草風味」。

右上に載っているベーコンが、カリッカリッなんですよ、これが。
サーモンの量もたっぷり。

お次はスープ。
私の大好きな「オニオングラタンのスープ」。


お魚料理は
「金目鯛のヴァプール ソース・ブールノワゼット」。


そして、グラニテ。


肉料理の前にはお肉専用のナイフを1人ずつ選ばせてくれました。

持ち手に象牙を使った1本1本、手づくりのナイフだそうです。

肉料理は
「シャラン産鴨のロースト カルダモンの香るリンゴを添えて」。


一口デザートは
柚子と人参とオレンジと金柑のスープ。


デザートは3種類からそれぞれチョイス。
私の選んだのは
「ラ・フランスのソルベとゴルゴンゾーラのクリーム
オレンジ カラメルソース」。


パリパリの皮と皮の間にソルベとクリームが挟まっています。


こちらは「80%カカオをつかった温かいビスキュイショコラ
バニラのアイスクリームとくるみのカラメルソース」。


「マスカルポーネのクリームとエスプレッソのグラニテ
シナモン風味のシュトロイゼル」。

右の筒の中にエスプレッソのグラニテが入っています。

最後に出てきた小菓子たち。

これは食べきれなくて、お持ち帰りにしてもらいました。

写真を撮り忘れてしまいましたが
パンも3種類出てきて、美味しかったです。

7人とも大満足のボリュームとクオリティでした!
サービスも完璧だし、コストパフォーマンスも良いと思います。

こちらのお店はレストランウェディングも行っているそうで
独身女子の皆さんは館内を「将来の参考に」と
食後に見学して歩いていました。

早く誰か、ここで結婚式をやってくれないかなぁ。

【メゾン・エメヴィベール】
http://www.aimeevibert.com/maison/


mackypimacky at 18:26│コメント(0)トラックバック(0)

December 25, 2012

友達のマユちゃんと会うので、場所をどこにしようか迷ったのですが、
「きっとゴージャスなクリスマスツリーが飾られているはず!」と思い、
日本橋のマンダリンオリエンタルホテルへ行くことにしました。

目的地は3階にあるカフェ『ヴェンタリオ』。
こちらが土日祝日だけ開催している
デザートブッフェ「ドルチェ ヴィータ」。

過去に2〜3回、利用していますが
美味しいし、バリエーション豊かなので飽きません。
今回はこんなラインナップでした。



でも、悲しいかな。
以前ほどたくさん食べられなくて(お昼ご飯を抜いて出掛けたのに)
デザートは2回取りに行っただけでギブアップ。


あとはずっとサンドイッチやキッシュなど甘くないものをつまみに
紅茶をたくさん飲んで過ごしました。

途中、各座席にアイスクリームを持ってきてくれます。
今回は抹茶味と紅茶味でした。


帰ってきてから気づいたんですけど
おしゃべりに夢中になってしまい、
結局、まったくクリスマスツリーをチェックせずにホテルを
出てしまいました。
ロビーからは離れているカフェだったから、
思い出しもしなかった。
きっと綺麗だったはず〜。来年、観に行きます。


mackypimacky at 21:52│コメント(0)トラックバック(0)

November 24, 2011

横浜のルミネの3階に、
私の大好きなフレンチトースト(パン・ペルデュ・シュクレ)の
お店があるのを発見したので行ってみました。

ちなみに「パン・ペルデュ」とはフランス語で
「ダメになった(失われた)パン」って意味らしいです。

『Le Moulin de la Galette(ムーラン ドゥ ラ ギャレット)』。
その存在を知らなければ見逃してしまう、
フロアの隅っこにあります。

ここはコーヒーと紅茶が飲み放題で
女の子が長い時間おしゃべりをするカフェとしては最適かも。

私は「クリームチーズ、キャラメル」。


一緒に食べに行ったジュリアーニの妹Mさんは
「焼きりんご、シナモン」。


フランスパンのフレンチトーストなので
まわりはカリッとしていて、中はしっとり。

お食事系のパン・ペルデュ・サレもありました。

いろいろと食べたいから一人で行くより
何人かで出掛けて、少しずつ分けて食べるといいと思います!

【Le Moulin de la Galette (ムーラン ドゥ ラ ギャレット)】
神奈川県横浜市西区高島2−16−1 ルミネ横浜店3F

TEL 045-440-5004
http://r.gnavi.co.jp/g053559/

mackypimacky at 20:47│コメント(0)トラックバック(0)

August 24, 2011

先日、友達マユちゃんとともに
『L'OCCITANE Cafe(ロクシタンカフェ) テラス・ド・プロヴァンス』で
4時間もおしゃべり&ディナーしてきました。


『L'OCCITANE(ロクシタン)』といえば
南フランス発祥の自然派スキンケアやボディケアのショップ。

そんな『ロクシタン』がオーガニック素材を使ったカフェを出しています。
場所は渋谷と池袋。
今回は池袋店に行きました。

18時過ぎに着いたのでディナーの
「Menu de Provence(ムニュ ド プロヴァンス)」の
サラダセット(スープ・パン付)をチョイス。


エビやムール貝などシーフードたっぷりのサラダ。


お替りし放題の自家製パン。


野菜いっぱいのミネストローネスープ。


デザートは2種類から1つを選択。
私が「旬フルーツのブランマンジェ」。


まゆちゃんはもう1つの「ブリュレ ロクシタン」。

ブリュレは食べ終わった時にお皿に「あたり」が書いてあれば
プレゼントがもらえるらしい。
遊び心がありますね。

【L'OCCITANE Cafe(ロクシタンカフェ)テラス・ド・プロヴァンス】
http://www.loccitane.co.jp/shop/cafe/index.aspx

mackypimacky at 19:48│コメント(0)トラックバック(0)

August 21, 2011

銀座マロニエ通り沿いに建つ
穴がいっぱいあいている変わった形の『ミキモト』のビル。

ここの8階&9階に入っているイタリアンレストラン、
『DAZZLE(ダズル)』。


これまでオープン以来5年間、ディナー営業しかしていなかったのですが
今年は8月の1ヵ月間限定で、土日もランチ営業を始めたのです。
夜は値段も高めでちょっと足を踏み入れられなかったけれど
ランチなら手が届く!
というわけで、20年来の友達カンちゃんとアケミちゃんとともにランチしてきました。

エレベーターが8階で止まりドアが開くと、いきなり目の前に厨房が!
一瞬、「あ、降りる階を間違えた」とたじろぎますが
調理中のスタッフが「いらっしゃいませ!」と声をかけてくれるので
恐る恐るエレベーターを降りました。
すると、受付のスタッフが遠くに一人いて、
厨房の奥にあるエレベーターへ案内してくれます。
8階と9階だけを往復するそのエレベーターで9階へ上がると、
ダイニング登場。
目の前には天井まである大きなワインクーラー。


3000本以上のワインがストックされているらしい。

店内は2フロア分の高さがあり、外観の特徴でもある
たくさんの穴(窓?)から光が差し込みます。
照明は全部スワロフスキーですって。ゴージャス!


お料理は3皿+デザートのプリフィクスコース。

まず、こちらがパン。
イベリコ豚とほうれん草のパンとライ麦パン、そしてバターとハーブ入りオリーブオイル。


イベリコ豚とほうれん草のパンは美味しかったけれど(3回もお替りしちゃった)
ライ麦パンは硬くて全然半分に割れず。爪が割れるかと思った…。

私の前菜は
「留萌産 ボタン海老と白桃の冷製カッペリーニ スペアミントのアクセント」。


カンちゃんとアケミちゃんの前菜は
「味の濃いハーブ・サラダ 自家製子羊の生ハムとソーセージ 熟成コンテ仕上げ」。


セコンドは、私が
「函館産 帆立貝のリゾット
ソラマメのソテーやミント 黄色トマト・ソース仕立て」。


アケミちゃんは「モンサンミッシェル産 ムール貝のスパゲティーニ
フルーツ・トマトとアーリオ・オーリオ ジェノべーぜ仕上げ」。


カンちゃんは「ニュージーランド産 手長海老のラヴィオリ バジリコとトマトソース」。


メインディッシュは、アケミちゃんとカンちゃんは
「奥州産 いわい鶏腿肉のコンフィー ミネストローネ仕立て」。


私は「鹿児島産 黒豚の網焼き ケイジャン仕立て オレンジのマーマレード・ソース」。


注文するときに、「ケイジャン仕立て」ってところが引っかかって
「これは辛いですか?私は辛いのがダメなので迷っているんですが」と聞いたら
「僕も辛い物が苦手ですがこちらのメニューは全然辛くないですよ。
大丈夫です」と言われたので、「じゃあこちらで」と注文したのに!
食べてみたらものすごく辛かった…。

スタッフの言うことよりメニューの言葉を信じれば良かった。
とりあえず、お肉に付いている調味料は全部そぎ落とし
添えられていたマーマレードのソースを使って食べました。

デザートは3種の盛り合わせ。


「ライチとレモングラスのシャーベット、ヨーグルトのブリュレ、フォンダンショコラ」。
これに紅茶かコーヒーが付きました。
フォンダンショコラも中のチョコレートがほどよく温かくて、ちょぴりビターで
美味しかったけれど、カップに入ったヨーグルトのブリュレが一番美味しかった。

お客さんは30代以上の女子会が圧倒的に多かったです。
あとは大人系のカップル。
20代前半のキャピキャピした若者はいませんでした。
インテリアは若い人好みだと思いますけどね。

お料理はそこそこ美味しいから、ランチならまた利用したいけれど
スタッフのサービスがいまいち、良くなかったのが大きなマイナス点。

私のメインディッシュに関する説明の失敗だけでなく
注文を全然取りに来なくてずっと放ったらかしだったとか、
カトラリーの配置忘れとか、小さなミスが多かった。
スタッフがお客さんに注意を払っていないってことがよくわかってしまった。
場所もいいし、雰囲気もいいけど、サービスは
高級店とは言えないレベルですね。つくづく残念。

ただ、メルマガの会員は誕生日月に半額で食べられるみたいです。
来年は利用したい!

【DAZZLE(ダズル)】
〒104-0061
東京都中央区銀座2-4-12 ミキモトギンザ2 8F-9F
TEL 03-5159-0991
http://www.restaurant-dazzle.com/

mackypimacky at 23:30│コメント(0)トラックバック(1)