ドイツ

November 08, 2013

新宿伊勢丹のバームクーヘンショップ
『ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ』に期間限定商品が登場。
orange

オレンジ味のバームクーヘンなんですが、気になったのは味よりも
箱のデザイン。
パッケージが伊勢丹の新しい紙袋と同じ柄になっている!!
CIMG9803
CIMG9822

伊勢丹のスウィーツ売場では、新しい紙袋と同じ柄の
袋や包装紙の商品を扱っているお店が多数ありましたよ。


mackypimacky at 23:33│コメント(0)トラックバック(0)

May 05, 2013

自宅からそう遠くない場所に
本場ドイツ並の美味しいソーセージを売っている店があるという
情報を入手しました。

その店の名は『Wunderbarhof ANDO』。
店頭にはドイツ国旗が揺らめいています。


入口にはオススメの商品を紹介した看板あり。


何種類もあって、どれを買おうか迷いましたが
お店の方がいろいろと説明をしてくれるので
悩んだ末に3種類を購入。

1つ目はドイツ・ミュンヘンの名物でもある
白ソーセージ「ヴァイスヴルスト」。

国際コンテストで銀メダルを受賞したそうです。

ノンスモークのウィンナー「メットヴルスト」。

お湯で軽く茹でた後に、油をつかわず
フライパンで焦げ目がつくまで炒めます。

こちらはハムを使った加工品「シンケンアスピック」。

豚ハム・ヤングコーン・マッシュルームのブイヨンゼリー寄せ。
私にはちょっとしょっぱかった。残念。

でも、ウィンナーソーセージは2種類とも美味しかったです。
ビールが好きな人にはたまらないかも。

【湘南くん煙工房 Wunderbarhof ANDO】
〒252-0802 神奈川県藤沢市高倉606-4
TEL:0466-44-2911
http://andomeat.com/


mackypimacky at 18:54│コメント(0)トラックバック(0)

January 05, 2012

エコの精神を大事にしつつ寒い冬を乗り切るために、
今年から湯たんぽを使うことにしました!

お店で探したり、ネットで検索したり、
気に入る湯たんぽを見つけるまで、すごーく時間がかかりましたが
やっと、「これだ!」というものに出会いました。

それが、このアーガイル模様のカバーがついた、
ドイツのブランド「FASHY(ファシー)」の湯たんぽ。
fashy デラックス湯たんぽ アーガイル 2.0L ブルー 【フリースイエロー洗替カバー付】 O33701
fashy デラックス湯たんぽ アーガイル 2.0L ブルー 【フリースイエロー洗替カバー付】 O33701
クチコミを見る

ほかにも、フリース素材のカバー(カラーバリエーション豊富!)とか、
スケルトン素材でイラストが描かれた湯たんぽなど
どれにするのか迷っちゃうぐらい、いろんな種類があります。
fashy フリース湯たんぽ 2.0L イエロー 【フリースピンク洗替カバー付】 O80006
fashy フリース湯たんぽ 2.0L イエロー 【フリースピンク洗替カバー付】 O80006
クチコミを見る

【水枕にもなる】fashy スケルトン湯たんぽ 2.0L スノー 【カバーなしでも使える】 O33907
【水枕にもなる】fashy スケルトン湯たんぽ 2.0L スノー 【カバーなしでも使える】 O33907
クチコミを見る

さらに!
なんと、ぬいぐるみになっている湯たんぽもあります。
fashy アニマル湯たんぽ オリジナルベアー 0.8L ブラウン O33835
fashy アニマル湯たんぽ オリジナルベアー 0.8L ブラウン O33835
クチコミを見る

fashy アニマル湯たんぽ ヒツジ 0.8L O33830
fashy アニマル湯たんぽ ヒツジ 0.8L O33830
クチコミを見る


嘘か本当かはわかりませんが、
ドイツで使われている湯たんぽの半分がFASHY社製と
言われるほどスタンダードな商品らしい。
お湯だけでなく、夏には水を入れて冷蔵庫で冷やせば
水枕としても使える優れもの。
製品づくりには絶対の自信を持つドイツ製ということで
長持ちしそうと思い、購入しました。


mackypimacky at 11:27│コメント(0)トラックバック(0)

December 15, 2011

今週は学校の勉強が大変でした〜(ノ◇≦。) ビェーン!!

レポートの締切が3つ、最終試験が1科目。
たった5日間でこなすのは超きつかった〜。

でも、やっと勉強が終わったので、これで私の冬休みがスタート。

そこで、まず初めに約4年ぶりに、
『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』を体験してきました。

『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』とは…
--------------------------------------------------------
ダイアログ・イン・ザ・ダークは、
真っ暗闇のエンターテイメントです。

参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、
何人かとグループを組んで入り、
暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)の
サポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。
その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、
そしてコミュニケーションの大切さ、
人のあたたかさを思い出します。

世界30か国・約110都市で開催され、
2010年現在で600万人以上が体験したこのイベントは、
1989年にドイツで、哲学博士アンドレアス・ハイネッケの
発案によって生まれました。
1999年以降はボランティアの手によって日本でも毎年開催され、
約7万人が体験しています。
--------------------------------------------------------

というわけで、90分間、真っ暗闇の中で
散歩をしたり、カフェに入ってお茶を飲んだりするのです。

今回は「クリスマスバージョン」ということで
闇の中でクリスマスを味わうという主旨でした。
見えない中でペンやハサミを使って
クリスマスカードを作ったりもしました。

暗闇で過ごすのって、本当に怖い。
ほんの1歩、2歩、進むにも杖を何度も移動させて
障害物がないかを気にしちゃいます。

匂いに敏感になったり、音に耳を澄ませたりしながら
すごく慎重に動くしかないんです。

私はたった90分だけだけど、視覚障害者の方は
これが日常なんですものね。

今までも、できるだけそうするように心がけてきたけれど
これからも、街で困っている人をみかけたら
積極的に手助けしたいと思います。

そして、こういう体験は大人だけでなく、子供のうちから
どんどん経験させたほうがいい。
弱者の気持ちを小さいうちから知ったり、体験することは
絶対に子供の成長にとってプラスに働くはず。

優しい子に育つかどうかって、こういう教育があるかないかでも
変わってくると思う。

学校の社会科見学などを利用して、
定期的に経験させていくことを望みます。

【ダイアログ・イン・ザ・ダーク】
http://www.dialoginthedark.com/

mackypimacky at 20:51│コメント(0)トラックバック(0)

December 02, 2011

数年前から12月に入ったらシュトーレンを買うようにしています。

いつも、どのお店のものを買おうか悩むんですが
今回は『Afternoon Tea(アフタヌーンティー)』のものにしました。


クリスマスらしい、こんなにかわいいパッケージ。


クリスマスまで1日1切れずつ、ちょっとずつ
食べていくものなんですが、小さいから24日までもつかなぁ。

mackypimacky at 22:10│コメント(0)トラックバック(0)

August 28, 2011

昨日はジュリアーニの好きな場所へ行く日、だったので
永福町でピッツァを食べた後は「麻布十番に行きたい!」という
リクエストに応えました。

麻布十番といえば私も大好きな街の1つですから
「喜んで」って感じでお付き合いいたしました!

麻布十番商店街をブラブラした後は「東京タワーの下に行きたい!」と
言われたので、ちょっと蒸し暑かったけどテクテクと東京タワーまでお散歩。


真下に行って見上げてみる。先っぽが3月の震災以来、
ヘニョっと曲がったままです。


ジュリアーニは東京タワーに昇る気はなかったようで
写真だけ撮って立ち去る予定でしたが
入口前で『東京タワーオクトーバーフェスト』を
開催していました。


ビールに、ソーセージ、プレッツェル。ドイツの料理が並びます。


「スパゲティーアイス」なんて代物まであった!


でも、規模はとっても小さく
お店は3軒しか出店していませんでした。

実はここ最近、「オクトーバーフェスト」が気になっていたジュリアーニ。

先週、私が一緒にランチを食べた友達のカンちゃんが
食後、ダーリンと待ち合わせて
「芝公園のオクトーバーフェストに行く」と言っていたと話したことがきっかけ。

ドイツのミュンヘンで毎年開催されているお祭り『オクトーバーフェスト』が
(ミュンヘンでは昨年200周年を迎えたほど伝統あるビールの祭典なんですって)
日本でも開催されていたのは知っていましたが
5月末に日比谷公園で開かれるイベントだと思っていました。
それが「ここ数年は日比谷以外でも年に何度か開催されているんだよ」と
カンちゃんに教えられたのです。
その話をジュリアーニにしたら興味津々で、とても行きたがっておりました。

ジュリアーニの昨日の構想では、もともと東京タワーを経由して
芝公園のオクトーバーフェストに寄るつもりでいたようです。
まさか東京タワーでもオクトーバーフェストをやっているとは思ってもいなかった!

というわけで、規模が小さい東京タワーの会場だけではなく
当初の予定通り(?)芝公園の『オクトーバーフェスト』まで足をのばすことに。


こちらもある意味、東京タワーの足元でのイベントですね。


こちらが「本家」ですから、
出店店舗の数も東京タワーより断然多かったです。


芝公園のオクトーバーフェストは今日でおしまいですが、
9月1日からは豊洲で開催されるそうです。
でも。「オクトーバー」って付くわりには
肝心の10月には開催されないんですよね…。

気になる方は出かけてみてはどうでしょう?
本場ドイツのビールや料理が楽しめます。

あ、ただし、ビールは値段が高いです。1杯1300円とか1500円とか。
ビールを飲むときのグラスもデポジットを取られるから要注意。
もちろん、飲み終わったらデポジット分の1000円は
返金してもらえますけどね。

【オクトーバーフェスト公式サイト】
http://www.oktober-fest.jp/


mackypimacky at 22:06│コメント(0)トラックバック(0)