フレンチ

October 25, 2015

ムスメのハーフバースデーのお祝いにかこつけて、
8ヵ月ぶりに鎌倉のフレンチレストラン『ete』へ。
CIMG5403

前回来たのは今年の結婚(入籍)記念日のお祝いで、ムスメはお腹の中。
「出産したら、赤ちゃん同伴なんて無理だから
しばらくはフレンチレストランには来られない」と嘆いていたら
昨年末、パパになったばかりのシェフが
「赤ちゃん連れで来てもいいですよ」と言ってくれたので
お言葉に甘えて連れて行っちゃいました。

本当は多少うるさくても大丈夫そうなランチに行きたかったんですが
相変わらず予約を取るのは困難極まりなく
電話がかかった時はすでにランチは全日満席。
ディナーしか空いていませんでした…。

2時間、おとなしくしていてくれるか、かなりの賭けでしたが
美味しいものを食べるため、その賭けに出ちゃいました。

『ete』のディナーコースは5000円の1コース。
メインとデザート選べます。

まずは「鎌倉野菜のカニみそ入りバーニャカウダ」
CIMG5412

「温かいバケットと豚肉のリエット」
CIMG5418

「しらすの揚げパン」
CIMG5423

「しめ鯖のカボチャとトマトと柿のソース」
CIMG5428

「サンマと栗カボチャのクレープ ひよこ豆の泡入り」
CIMG5431

「フォアグラのポワレとホタテのソテー キノコのコンソメスープ ホワイトマッシュルームのせ」
CIMG5439

「金華豚の肩ロースのロースト マディラ酒のソース」
CIMG5442

「和牛肉(とも三角)のステーキ 赤ワインのソース」
CIMG5445

お肉料理のつけあわせに毎回ついてくる
「野菜のココット焼き」
CIMG5449

デザートは「マロンパイ…みたいなやつに塩キャラメルと栗のスープ」
CIMG5455

塩キャラメルと栗のスープがかかったところ。
CIMG5470

こちらは私が選んだ「イチジクのロースト、ショコラ、マスカルポーネ、木イチゴ」
CIMG5465

何度かムスメに大きな声を出されてドキドキしましたが、
2時間、大泣きすることなく、頑張ってくれました。

ムスメが大きくなるまでフレンチディナーなんて無理と思っていたけれど
こんなに早く実現できてうれしいです。

シェフやスタッフの寛大な対応に感謝。
そして、帰りがけ、他のテーブルのお客さんたちに
「騒がしくて、ご迷惑をおかけしてすみませんでした」とお詫びしたら
皆さん、「いいえ、全然問題なかったですよ」と笑顔で応えてくれて
とてもありがたかったです。
いい店にはいいお客さんが集まりますね。

【ete(エテ)】
http://www.ete-ete-ete.com/



mackypimacky at 23:04│コメント(0)トラックバック(0)

August 09, 2014

浜松在住の友人トモコが、夏休みに埼玉の実家へ
帰省する際、通り道にある我が家で1泊していくことに。

とりあえず、藤沢駅で待合わせし、
荷物をジュリアーニに預け(自宅まで持って帰ってもらった)、
私たちは江ノ電に乗って、いざ鎌倉観光へ!

まずは七里ガ浜の坂の上にあるフレンチビストロ
『CERISIER(スリジエ)』でランチ。

DSC_0116
CIMG1724
CIMG1722

この後も、いろいろと食べる予定なので
2人ともボリューム控えめで、スープ+メイン料理のコースにしました。

まずは本日のスープ、
「焼とうもろこしの冷製ポタージュ」。
CIMG1731
甘くて美味しい〜。

私のメインは「岩手県産鶏むね肉のロースト グリーンペッパーソース」。
CIMG1737
お肉が柔らかーい。

トモコは「真鯛のポワレ」。
CIMG1740
皮がカリカリに焼けていて、こっちも美味しそう。

パンは大船の有名なパン屋さん『kルヴァ』のバケットが好きなだけ食べられるので
2皿コースにしたのにお腹がいっぱいになってしまった。

食べ過ぎたお腹を減らすため、ひたすら歩く、歩く。
まずは長谷寺へ。
DSC_0125

上の宝物殿が修繕中で、宝物殿に収められていて
日頃は非公開で拝めない大黒様が下に降りてきていました。
DSC_0129

触れる大黒様もありました。トモコ、ご満悦。
DSC_0131

長谷寺のお庭もキレイ。
DSC_0128

池の蓮もこんなに大きくなっています。
DSC_0127

鎌倉の八幡宮の蓮池もすごいことになっていました。
DSC_0140

そういえば、ジュリアーニはついこの間まで
レンコンが蓮の根、だと知りませんでした。
「蓮根」って書くのにね。

鎌倉散策の続きは、また後日。


mackypimacky at 19:44│コメント(0)トラックバック(0)

May 27, 2014

七里ヶ浜在住の友達と、以前から気になっていた
ビストロでランチしてきました。

我が家のお気に入りのカレー屋さん『珊瑚礁』本店の
並びにある『鎌倉フランス食堂 Cerisier(スリジエ)』。
CIMG0900
ここは大船にあるフレンチレストラン『シェ・ケンタロウ』で
修業したシェフが開いたレストランです。

『シェ・ケンタロウ』はランチもディナーもかなり前に
予約しておかないと食べられない人気店なので
私もまだ1度しか行ったことがないんですよね〜。
なので、姉妹店で気軽に訪れることができる店ができてうれしいです。

七里ヶ浜、しかも駅からは長くて急な坂をのぼらなければいけない
遠い場所にあるので、予約なしで行っても大丈夫だろうと
思っていましたが、私たちの席以外は予約客で埋まっていて
もうちょっと到着が遅かったら、わざわざ行ったのに入れなかったかも。

『Cerisier(スリジエ)』とはフランス語で「桜の木」のことで
その名の通り、お店の前には「桜のプロムナード」と名付けられた
桜並木があります。
桜の季節はお花見しながらフレンチが食べられるなんて素敵〜。

ランチは3種類。
Aは前菜orスープ+魚料理or肉料理 1600円(税込)
Bは前菜+スープ+魚料理or肉料理 2000円(税込)
Cは前菜+スープ+魚料理+肉料理 2900円(税込)

これにデザートと飲み物が付くと+500円、
飲み物だけ、デザートだけだとそれぞれ+300円。

今日のメニューはこれでした。
CIMG9981

前菜は「テリーヌ・ド・カンパーニュ」。
CIMG9987

パンは毎日、大船の『Calva(カルヴァ)』から
(シェ・ケンタロウの入っているビルの1階にあるパン屋さん)
運んできているそうで、電話での取り置き予約も可とのことでした。
CIMG9988

スープは「新玉ねぎのポタージュ」。
CIMG9992
甘みがあってとってもクリーミー!

魚料理は「真鯛のポルトゲーズ」。
CIMG9994
今日の感動はこの一皿。
お魚が最高に美味しかったです。

お肉は2人とも注文しなかったんですが
「三浦野菜と仔羊の煮込み」。

デザートは「抹茶のバウンドケーキ バニラアイス添え」。
CIMG9998
バニラアイスもお店オリジナルなんだそうです。

メニューが決まっているので(プリフィクスじゃない)
選択の楽しみはないけれど、丁寧に作ってくれているなぁとは感じました。
スタッフは皆さん、愛想がいいし。

今度はジュリアーニと訪れてみたいです。

【鎌倉フランス食堂 Cerisier(スリジエ)】
〒248-0025
神奈川県鎌倉市七里ヶ浜3丁目1-14
TEL:0467-66-5024
定休日:毎週水曜日・第三火曜日
http://chezkentaro.com/cerisier/index.html


mackypimacky at 22:01│コメント(0)トラックバック(0)

April 16, 2014

沼津近辺で泊まるつもりが、なかなか気に入る宿がなく
悩んだ末に、箱根・仙石原にある
「箱根ハイランドホテル」に宿泊することにしました。
CIMG9658

なぜ、ここにしたかというと、私たちが頻繁に利用している
小田急線の駅にこのポスターが貼られていたから。
highland

素敵じゃないですかー。
2人とも、このポスターを何度も見て興味があったんですよね。
なので、ジュリアーニにとっては「宿泊するには近すぎる」という
箱根なのにもかかわらず、予約してみました。

ところが!
実際の庭はこんな感じ。
CIMG9686

あ、あれれ?
まだ、全然、緑がない。閑散として寂しい感じが漂いまくり。
はっきりいって冬景色。
うーーーん。訪れる時期が早すぎました。
2人そろって、超ガッカリ。

庭を楽しみにしていただけにテンション下がりまくりでしたが
お風呂はとっても良かったので、私はお風呂あがりには気分上々。

こちらは女子内風呂(誰もお客さんがいなかったので撮影しちゃいました)。
CIMG9739

露天風呂も広くはないけど気持ち良かった。
CIMG9743

そして、お風呂場を出たところに、庭を眺めながら
ホテル内の湧水を飲めるレストルームがありました。
highland02

このお水は持ち帰りもOKだったので、帰りにペットボトルに詰めてきちゃった。
highland03

さて、お風呂の次の楽しみは朝食。
箱根ハイランドホテルの朝食は「フレンチジャポネ」。
メインは2種類あったので、ジュリアーニとそれぞれ違うものを頼みました。

こちらは季節のフルーツジュース。
CIMG9714


ジュリアーニのメインは「味噌ベーコンとクレソンのサラダ 温泉卵のコンソメ風味」。
CIMG9724

私のメインは「彩野菜のパレット 温泉卵のコンソメ風味」。
CIMG9728

私の野菜のパレットには2種類のドレッシング。
CIMG9729

温泉卵はトロトロでした。
CIMG9734

主食は私は五穀パン。バターとジャム。
CIMG9735
CIMG9715

ジュリアーニの主食は「雑穀のヘルシーリゾート」。
CIMG9726

最後は季節のフルーツコンポート。
CIMG9720

ホテルの朝食というとビュッフェのところが多いけれど
たまにはこういうのもいいですね。


mackypimacky at 22:43│コメント(0)トラックバック(0)

January 13, 2014

毎年、同じ歳の友達と開催しているクラブ・カランタンを
今年は代官山、ヒルサイドテラスの地下フロアにある
フレンチレストラン『PACHON(パッション)』で開きました!
CIMG0245

エントランスのお花がゴージャス&ビューティフル!
CIMG0332

こちらがメインダイニング。私たちは個室だったので、こちらで食べれず残念。
CIMG0257

ダイニングの一番奥に、フランスの修道院から移築してきたという
17世紀の暖炉があります。
CIMG0254

暖炉の火を使ってお肉をグリルするんですよー。
CIMG0252

暖炉を燃やすため、店内には薪がたくさん。
CIMG0255

さて、お料理。
私たちは悩んだ末に4200円のコースをチョイス。

アミューズ・ブーシュはこちら。
金時人参のムースとアンチョビのミニパイ。
CIMG0267

バケットとバター。
CIMG0278

前菜はプリフィクス。
私は「手長海老のロースト ズッキーニと根菜のタグリアテル
ピンクグレープフルーツ添え レモンバームのバターソースとフランボワーズのクーリ」。
CIMG0290
手長海老がプリプリ〜。
グレープフルーツの酸味がいい感じ。

こちらはもう1つの前菜。
「サバのマリネと赤パプリカのロール」。
CIMG0280
CIMG0282

スープは「赤カブのポタージュ」。
CIMG0301

メインはいくつか選べましたが、全員一致で
暖炉で焼いてもらう「和牛フィレ肉の暖炉焼きと牛ホホ肉のマデラワイン煮
オニオンピュレとチョリソー入りミヤス添え」に決定。
値段は+2100円とお高いですが、せっかくだからやはり暖炉焼きを食べないと。
CIMG0302

デザート。名前は特になったような気が…。
焼きメレンゲでマスカルポーネのクリームとイチゴが挟まれています。
上にのっているのはラズベリーシャーベット。
CIMG0316

そして、デザート後に出てきたのがこちら。
プチフルールを3つ選べます。
CIMG0323
CIMG0325

メインはもうちょっとボリュームがあっても良かったかも。
最後のプチフルールも3種類だけじゃなく全種類選びたかった…。

個室だったので周囲を気にせずおしゃべりできたんですが
話すことに夢中になっちゃって、あまり料理に集中できなかったんですよね。
やはり少し緊張しつつもダイニングで食べるほうがいいのかな。

【PACHON(パッション)】
http://www.pachon.co.jp/jpn/pachon/


mackypimacky at 22:41│コメント(0)トラックバック(0)

October 02, 2013

フランスレストランウィークを利用したランチ第2弾、
『Le CHEVAL Jingumae(ル シュヴァール ジングウマエ)』で
女子会してきました!
CIMG8956
CIMG8959

20席ぐらいの小さなお店ですが、かわいい雰囲気。
CIMG8983

お皿もステキ。
CIMG8961

今回も2013円で前菜、スープ、メイン、デザートのコースが食べられました。
なんて、コストパフォーマンスが良いんでしょう!

こちらは最初の一皿「グジェール(チーズ味のプチシュー)」。
真ん中にザワークラウトが挟まっています。
CIMG8981

パンは温かいバケット。
皮はパリパリ、中は柔らか。
CIMG8997

珍しい野菜を使った前菜3種盛り。
CIMG8992

じゃがいもの上にお魚(名前を忘れちゃいました)のペースト。
CIMG9000

生で食べられる「コリンキー」という名のかぼちゃとミニトマト、
上にのっているのは砂肝。
CIMG9001

帆立とミラノ大根。
CIMG9003

人参のポタージュ。
CIMG9012
甘みがあるので、何が入っているのかを聞いたら
人参と玉ねぎだけで作られているそうです。
玉ねぎの甘み、なんだなぁ。

メインは「十勝の森 放牧どろぶたのロースト バルサミコソース」。
辛くない唐辛子(緑の野菜)、古代蓮根、“ガブリエル”という名前の赤いパプリカ、ナス。
CIMG9022

デザートは「ガトーショコラ ぶどうのコンポート添え」。
CIMG9045

紅茶と一緒に出てきた小菓子「バニラクッキー」。
CIMG9058

2013円とは思えないほど充実したコースで
一緒に行った友人たちも「また、来たいね」と大満足の様子でした。

目でも舌でも楽しませてくれる、こんな素敵なレストランを知ることが
できたのはフランスレストランウィークのおかげですね。

来年もぜひ、活用したいです。

【Le CHEVAL Jingumae(ル シュヴァール ジングウマエ)】
http://www.lecheval.jp/

mackypimacky at 22:10│コメント(0)トラックバック(0)

September 21, 2013

湘南台にあるフレンチレストラン『プチパピヨン』で
近所に住む友達とランチしてきました。
CIMG8804

ランチコースを注文。
私はハンバーグのコース(1575円)。

まずはサラダ。鎌倉野菜なのか、お野菜の味が濃くて美味しかった。
CIMG8809

バターとパン。パンはコースだと2個提供されます(通常ランチは1個)。
CIMG8814
CIMG8816
ちゃんと温めたパンを出してくれます。

スープはトウモロコシのスープ。
CIMG8818

メインのハンバーグ。
CIMG8820

こちらが今日のデザート。ベリーのムースとフルーツ。
CIMG8824

正直、おしゃべりに夢中で全然食事に集中しませんでした(笑)。
最初のサラダ以外はそれほど印象深くもなく…。
ハンバーグだったからかもしれません。
日替わりの肉料理はちょっとおいしそうでした。

あと、パンがおかわり自由だとうれしいかも。

お隣の長後にある『ボン・グーコクブ』のほうがコスパの良さが感じられました。

【プチパピヨン】
http://petitpapillon.web.fc2.com/


mackypimacky at 21:24│コメント(0)トラックバック(0)