ブラピ

March 03, 2014

本日は1年に1度のお楽しみ。
米国のアカデミー賞授賞式の日です。

もちろん、仕事は休みました!(笑)
生中継を、ヘンテコな同時通訳を聞きながら
リアルタイムで観るのが面白いんです。

今年のWOWOWのアカデミー賞特番の司会者は
ジョン・カビラと夏目三久。
出産直後だから、さすがに高島彩は出演できなかったんですね。

アカデミー賞授賞式会場での司会は
7年ぶり2回目となるコメディエンヌのエレン・デジェネレス。
彼女の司会はナチュラルで面白かった!

授賞式の最中に自分のタブレットで撮影した
有名俳優たちとの集合写真をTwitterにアップしたところ、
瞬く間にリツィートされ、一時はTwitterのサーバがダウンしたらしい。
4時間で約230万回リツイートされ、
これまでのRT回数記録(オバマ大統領が再選が決まった日に
妻と抱き合った写真をツイートした際に約78万回RTされた)
を大きく更新したそうです。

写真はこれ↓
academy
左端で見切れちゃっているのが、今年の助演男優賞を獲ったジャレット・レトー、
隣の赤いドレスが去年の主演女優賞を獲ったジェニファー・ローレンス、
隣のメガネおばさまが大御所メリル・ストリープ。
メリルの後ろが、チャニング・テイタム、右隣がジュリア・ロバーツ、
その後ろにいるのがケビン・スペイシー。
そして、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー(手のひら見せている)。
プラピとアンジーの間にいるのが今年の助演女優賞に輝いたルピタ・ニョンゴ。
一番前の白いジャケットが司会のエレン・デジェネレス、
その隣がブラッドリー・クーパー(この写真は彼が手を伸ばして撮影している)。
最後に、ブラッドリーの隣にいる黒人の男の子。
彼はルピタ・ニョンゴの付添いで来ていた弟なのです。
素人なのに、なんて豪華な集合写真に堂々と混ざっているんだ!!!
羨ましすぎるぞ。

同じく、授賞式中に突然、会場にいる俳優たちに
「お腹すいた?ピザをとるけど食べる?」と聞き、
本当に近所のピザ店からピザをデリバリーしちゃって
きっと何百万円もするであろう高級ドレスを着ている
(トマトソースをこぼしたら大事件だよ、きっと)
女優や俳優たちが会場でピザを頬張る姿が生中継されました。
エレンがプラピに紙皿を渡して「みんなに配って」と命令し
プラピがそれを配って回っていた姿には大笑いしましたよ。
sarakubari

そんでもって、ピザ食う人々。
pizza

いやー、面白いアクシデントいっぱいの4時間半でした。
肝心の映画のことについてはまた次回。



mackypimacky at 19:35│コメント(0)トラックバック(0)

February 27, 2012

毎年WOWOWで放映されている
米国の映画の祭典、『2012アカデミー賞授賞式』のライブ映像を
今年は友達のマリちゃんと一緒に鑑賞しました!

マリちゃんは5時半起きして、8時過ぎには私の住む駅に着くほど
楽しみにしていたようです。

のんびり観られるように、サンドイッチと飲み物を用意して
いざ、スタート!

最初の1時間半はレッドカーペットを歩く俳優&女優のインタビュー。

今年は全体的にドレスがシンプルな気がしました。
派手な色は少ないし、ゴチャゴチャと飾りがついたドレスの人も
ほとんど見かけなかった。
そして、ゴージャスなアクセサリーをつけている女優が
ほとんどいなくて驚きました。
アカデミー賞と言えば、ハリー・ウィストンのキラキラ、ゴージャスな
アクセサリーを身にまとう人がいっぱいだったのに〜。

アンジェリーナ・ジョリーは黒のドレスだったけれど
ものすごーく深いスリットが入っていて、超セクシーでした。
脚色賞のプレゼンターを務めた時は、「さあ!私の脚を見なさい」ってぐらい
足をグッと突き出したポーズをとってセクシー全開!
(受賞者がアンジーのセクシーポーズを真似てお茶目だった)

主演男優賞のプレゼンターを務めた
ナタリー・ポートマンの赤いドレスもかわいかった!

そして、肝心の結果です。
主要受賞者はこちら。
【助演女優賞】オクタヴィア・スペンサー『ヘルプ〜こころがつなぐストーリー〜』
【助演男優賞】クリストファー・プラマー『人生はビギナーズ』
【主演女優賞】メリプ・ストリープ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
【主演男優賞】ジャン・デュジャルダン『アーティスト』
【監督賞】ミシェル・アザナヴィシウス『アーティスト』
【作品賞】『アーティスト』

下馬評ではマーティン・スコセッシが暴力を封印して(?)
監督した子供が主役の3D映画『ヒューゴの不思議な発明』と
モノクロで無声映画の『アーティスト』の対決って雰囲気でしたが
終わってみれば『アーティスト』の圧勝でしたね。

たしかに『アーティスト』は予告を観ただけでもワクワクする
面白そうな作品。早く観たいな。

『ヒューゴの不思議な発明』は撮影賞、美術賞、録音賞、音響編集賞、
視覚効果賞の5部門で受賞しました。
数でいったら『アーティスト』と同じだけど、裏方での評価となりましたね。

助演女優賞のオクタヴィア・スペンサーや
助演男優賞を最高齢の82歳で受賞したクリストファー・プラマー、
そして、17回目のノミネートとなったメリル・ストリープの主演女優賞の
受賞スピーチも良かったなぁ。

ほかに気になったのはこちら。
【短編ドキュメンタリー賞】『セイビング・フェイス』(イスラエル)
【外国語映画賞】『別離』(イラン)
【脚本賞】ウッディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』
【メイクアップ賞】『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

イスラエルとイランの作品が獲ったのは大きいと思います。
ウッディ・アレンは授賞式に来ていませんでした(笑)。
きっと、どこかで遊んでいたのでしょう。
メイクアップ賞を受賞したは
37年間、ずっとメリル・ストリープのメイク担当だったんですって。
メリルの作品は全部、彼が手がけたそうです。
メリルが受賞を大喜びしていた姿が印象的でした。

授賞式で披露されたシルク・ドゥ・ソレイユのショーも
めっちゃ良かったです。もう、シルク最高!!

また、9回目となるビリー・クリスタルの司会ぶりも安定していました。
毎回、最初に登場する作品賞にノミネートされた作品の
パロディ映像が面白かった〜!!

9時から14時まで、マリちゃんと一緒に
ワイワイ、キャーキャー言いながら、楽しく観ることができました。

いつも一人で観ていたけど、二人で観たほうが断然面白いですね!

mackypimacky at 23:47│コメント(0)トラックバック(0)

November 20, 2011

ブラッド・ピット主演の映画『マネーボール』を観てきました。

数か月前に映画館で予告を観て以来、
「この映画、観に行くぞー」と思っていたら
プロモーション(ジャパンプレミア試写会)のために
ブラッド・ピットが来日すると言うじゃありませんか!

絶対に試写会に行きたい!と思って、
映画関係のサイトから試写会申し込みをしたところ、
なんと当選!! きゃー、ラッキー♪

さらに!
いま、引き受けている仕事の発注元が
このジャパンプレミアにかかわっているということで
「前列7列目の招待席があるのであげますよ。ブラピの目の前」と言われ
もう天にも昇る気持ちになりましたよ〜。

ところが!
何と、その日は大学のスクーリング日。
時間もちょうど授業時間と同じ。
授業をさぼっていくって選択肢もあったけれど
ブラピを見に行くために単位を落としたら元も子もない…。
もう、泣く泣く、本当に泣く泣く、ジャパンプレミアは諦めました。
私の代わりに試写会へ行った友達は、ブラピだけじゃなく
一緒に来日してレッドカーペットを歩いたアンジェリーナ・ジョリーまで
見れたらしい。ああーん、残念。

てなわけで、悔しい思いをした後の鑑賞。
つまらなかったら許さん、って気持ちで観に行きました(笑)。

米国メジャーリーグの弱小球団オークランド・アスレチックスを、
独自の“マネーボール理論”で強豪に作り替えた
実在の人物、ビリー・ビーンを描いた作品です。
要所要所に実際の映像(過去の試合映像)を挟み込んで
ちょっとドキュメンタリーチックに描かれていました。

私は野球にはほとんど興味がないけれど、
実話だと思ってみたせいか、試合シーンには鳥肌が立ってしまった。
あんな劇的な試合を、実際にスタジアムで観たら
もう大興奮だったと思います。

そしてブラッド・ピット。無精ひげだらけでも、変なスウェットを着ていても
やっぱりカッコイイ。歳をとっても素敵ってすごいわ〜。

一緒に観に行ったジュリアーニは
「僕が持っているのと同じシリーズの時計をブラピがしていた」と
なぜか、身に着けているものに興味が注がれていた模様。
人によって、気になるポイントは違うのね(笑)。

【マネーボール】
http://www.moneyball.jp/

mackypimacky at 22:05│コメント(0)トラックバック(0)