ヴァンサン・カッセル

May 29, 2011

『英国王のスピーチ』に続き、アカデミー賞受賞作品、
『ブラック・スワン(Black Swan)』を観てきました。

第83回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、
主役のバレリーナ、ニナを演じたナタリー・ポートマンが
アカデミー主演女優賞を受賞。

ナタリー・ポートマンの演技、そして踊りは
ものすごい迫力でした。

真面目な人が追い詰められると
自分ではどうしようもない領域で狂っていく。
そのジワジワと滲み出てくるような変貌ぶりが
正直、怖い。。。

でも、ニナの母親も十分狂っていて恐ろしかった。。。
自分が叶えられなかった夢に固執して
娘をがんじがらめにしていく姿は、
「こういうお母さん、いるよな」と思い当たること多々あり。

それにしても、バレエシーンが良かった!
私は昔、バレエ鑑賞にはまっていた時期があって
『白鳥の湖』は何度か観たことがあります。
有名な古典作品ですが、演出家とバレリーナによってまったく違う舞台になるんですよね。
この映画の中の『白鳥の湖』も今までにない新しいものでした。

ナタリー・ポートマンは撮影開始前、
1年かけてトレーニングで体を作ったり、バレエを練習したりしたようですが
たった1年であそこまで本物っぽく踊れるなんて。
白鳥の純粋で可憐な踊りと、黒鳥の腹黒で妖艶な踊りとを
しっかりと踊り分けた姿に心の中で拍手。
アカデミー賞主演女優賞は当然の結果ですね。

【ブラック・スワン】
http://movies2.foxjapan.com/blackswan/

mackypimacky at 21:30│コメント(0)トラックバック(0)