体験

October 09, 2015

茅ケ崎にある、講師の方の自宅でレッスンが受けられる
少人数制ベビーマッサージ教室に参加してきました。
全2回で、今回が1回目。

ベビーサインに続き、ベビーマッサージにも興味があったんですが
なかなか通いやすい場所で、都合のいい日程で体験できる教室がなくて、
ネットで検索しまくり、やっとみつけた教室です。

行き慣れていない住宅街の中の普通のマンションがレッスン会場なので
スタート時間までに、ちゃんとたどり着けるか不安でしたが、
最寄駅である辻堂駅から車で送迎してもらえると聞いて、
すごーく安心しました。

今回の参加者はママ4名+赤ちゃん4名。
赤ちゃんは女の子が3人、男の子が1人というハーレム状態(笑)。

女の子の中ではうちの子が一番月齢が小さかったのに、
体格は断トツでうちの子が大きかった…。
しかも、ほかの女の子は抱っこさせてもらうと柔らかくてフワフワなのに
うちの子はアスリートみたいに筋肉質で堅かった…。
どんだけがっしりしているんだか。

マッサージを受けるにあたり、赤ちゃんは全員、裸になります。
オムツも脱ぐので、お尻におしっこシートを敷いて、レッスンスタート。

先生の指示に従い、オイルをたっぷり使って、
歌を歌いながら優しく足や胸をマッサージ。

と言いたいですが、なぜかムスメは隣の赤ちゃんのママに夢中で
マッサージを教わっている間、まったく私の方を見てくれません(;´Д`)
素敵なママだから、みとれる気持ちはわかるんだけどねぇ。

レッスン自体は正味20分ぐらいかな。

マッサージが終わると、赤ちゃんたちもリラックスしたのか、
裸のまま、おしっこをしちゃう子もいて、
ママたちはその処理に大わらわでした。

そして、オムツをつけたら、赤ちゃん4人は自由気ままにゴロゴロ。
DSC_3769
DSC_3780

ママは4人とも、友達と一緒とかではなく個人で申し込んだので
全員が初対面だったんですが、そこは月齢の近い乳児のママ同士。
保育園情報や近所の習い事の情報交換をするなど、
会ったばかりとは思えないぐらい話が弾みました。
先生からのサービストリートメントを受けることができ
(ママもヘッドスパやリフレクソロジーなどをしてもらえる)
楽しい2時間となりました。

次のレッスンが待ち遠しいです!


mackypimacky at 20:06│コメント(0)トラックバック(0)

December 15, 2011

今週は学校の勉強が大変でした〜(ノ◇≦。) ビェーン!!

レポートの締切が3つ、最終試験が1科目。
たった5日間でこなすのは超きつかった〜。

でも、やっと勉強が終わったので、これで私の冬休みがスタート。

そこで、まず初めに約4年ぶりに、
『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』を体験してきました。

『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』とは…
--------------------------------------------------------
ダイアログ・イン・ザ・ダークは、
真っ暗闇のエンターテイメントです。

参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、
何人かとグループを組んで入り、
暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)の
サポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。
その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、
そしてコミュニケーションの大切さ、
人のあたたかさを思い出します。

世界30か国・約110都市で開催され、
2010年現在で600万人以上が体験したこのイベントは、
1989年にドイツで、哲学博士アンドレアス・ハイネッケの
発案によって生まれました。
1999年以降はボランティアの手によって日本でも毎年開催され、
約7万人が体験しています。
--------------------------------------------------------

というわけで、90分間、真っ暗闇の中で
散歩をしたり、カフェに入ってお茶を飲んだりするのです。

今回は「クリスマスバージョン」ということで
闇の中でクリスマスを味わうという主旨でした。
見えない中でペンやハサミを使って
クリスマスカードを作ったりもしました。

暗闇で過ごすのって、本当に怖い。
ほんの1歩、2歩、進むにも杖を何度も移動させて
障害物がないかを気にしちゃいます。

匂いに敏感になったり、音に耳を澄ませたりしながら
すごく慎重に動くしかないんです。

私はたった90分だけだけど、視覚障害者の方は
これが日常なんですものね。

今までも、できるだけそうするように心がけてきたけれど
これからも、街で困っている人をみかけたら
積極的に手助けしたいと思います。

そして、こういう体験は大人だけでなく、子供のうちから
どんどん経験させたほうがいい。
弱者の気持ちを小さいうちから知ったり、体験することは
絶対に子供の成長にとってプラスに働くはず。

優しい子に育つかどうかって、こういう教育があるかないかでも
変わってくると思う。

学校の社会科見学などを利用して、
定期的に経験させていくことを望みます。

【ダイアログ・イン・ザ・ダーク】
http://www.dialoginthedark.com/

mackypimacky at 20:51│コメント(0)トラックバック(0)