吉祥寺

May 24, 2014

茅ヶ崎にある精肉屋さん『肉の旭屋』の
メンチカツを買うために、朝から車を飛ばしました。
CIMG0476

ここのメンチカツは吉祥寺にある、行列のできる人気店
『ミートショップ サトウ』のメンチカツと同じで
黒毛和牛を使ったジューシーなメンチカツ。
(息子さんがサトウで修業して、同じ材料を同じ仕入れ元から仕入れて
作っているらしい)

午前中に買いに行かないと売切れてしまうので、急いで出て、
10時45分ぐらいにお店に着いたらシャッターが閉まっている。
「なんだ、今日はお休みかぁ」と、Uターンして帰ろうとしたら
シャッターが突然ガラガラっと開きました。

そして、お店の前にはあっという間に行列。
CIMG0484

実はこれまでも何度か買いに来ていたけど、大抵閉まっていて
「いつ営業しているんだ」と思っていたんですが
「急がなきゃ」と思うあまり、いつもかなり早い時間に来て
開店前の店を見て「また、閉まっている」と思っていたのだなぁ。

いままで買えた時はたまたま11時過ぎに買いに来ていたようです。
CIMG0480

なぜ、10時50分なんていう中途半端な時間に開くのかと思ったら
事前にたくさんメンチカツを揚げていたからなんですねー。
シャッターが開いた途端に、周辺に揚げ物の匂いが広がりました。

山盛りのメンチカツ。
CIMG0481

でも、みんながすごい勢いで買っていく。
1人8〜10個は当たり前。
なので、どんどんなくなっていきます。

1個だと150円(税込162円)ですが、
5個以上は1個130円(税込140.4円)になります。
CIMG0478

もちろん、せっかく来たのだから、私もたくさん買いました!
今日食べきれない分は冷凍しておきます。
ただ、哀しいかな。
帰りの車の中がずっとメンチカツ臭かったです。

【肉の旭屋】
神奈川県茅ヶ崎市浜之郷686-1
TEL:0467-86-9929


mackypimacky at 15:16│コメント(0)トラックバック(0)

May 15, 2013

なんとなんと!

幻の羊羹といわれる、吉祥寺『小ざさ(おざさ)』の羊羹が
我が家にやってきました!!
CIMG9688
CIMG9685

友人が前日の終電で吉祥寺へ行き、
24時間営業のマクドナルドで時間を潰しながら
明け方を待ち、早朝4時過ぎからずっと並んで買ってきた
貴重な羊羹1本&最中をおすそ分けしてくれたのです。
CIMG9690

たぶん、日本で一番入手困難な羊羹だと思う(笑)。
お店の敷地はとっても小さい(約1坪)し
羊羹と最中しか売っていないのに
年商3億円だっていうから驚き。
羊羹は1本580円、最中は1個54円とリーズナブルな価格なのに、ですよ。

小ざさの創業1951年、創業以来、羊羹はすべて店主のおばあさんの手作り。
毎日、鍋でじっくりとアズキを煮込んで作るので大量生産できず
1日限定150本のみの発売。
1人3本まで買えるので、先着50人で売切れです。

朝4時ぐらいから並び始めて、早朝6時頃には50人になってしまうので
藤沢からだと始発で行っても間に合いません。
都内に住んでいるときから「一度は食べたい」と思ってましたが
まだ暗いうちから並ぶのに躊躇していて今に至てしまいました。

それが友人のおかげで、こうして何も苦労せずに食べられるとは!
感謝、感謝です。
CIMG9705
CIMG9708

友人が並んでいるときに知り合った常連さんから
「1週間ぐらい、食べずにとっておくと、水分が飛んで美味しくなるよ」と
裏ワザ(?)を教わってきたそうですが
1週間なんて待っていられませんから!!!

早速、日本茶を入れて(ジュリアーニはコーヒーで)
食べてみました!
CIMG9716
CIMG9722

甘さは控えめなんですけど、とっても滑らかな舌触り。
時間と手間をかけているだけに、本当に美味しい。
ほんのちょっとで幸せな気持ちになれるので、毎日、少しずつ
食べて行こうと思います。

本当にありがとう、シブヤさん。



mackypimacky at 20:59│コメント(0)トラックバック(0)

May 16, 2011

吉祥寺ネタの最後はフローズンヨーグルトショップの
『ウッドベリーズ』。

丸井の向かい側、半地下の場所にお店はあります。

新鮮なフルーツをその場でヨーグルトに混ぜてくれます。


私はペリカンマンゴーと、リコッタチーズの2種類をチョイス。


さっぱりしていてすごく美味しい♪
これならいくらでも食べられるっ!!

吉祥寺は美味しいお店がいっぱいあって
また遊びに行くのが楽しみです。

【ウッドベリーズ】
東京都武蔵野市吉祥寺南町1−4−1 井の頭ビル 1F
TEL 0422-48-3315
営業時間 12:00〜22:00<平日>
       11:00〜22:00<土日祝>
http://woodberrys.co.jp/

mackypimacky at 21:38│コメント(0)トラックバック(0)

May 13, 2011

今回、吉祥寺で絶対に寄りたかったお店が
4月22日にパルコの地下1階にオープンした
パンケーキ屋さん『j.s.pancake cafe』。


アパレルの『JOURNAL STANDARD』が展開する
飲食業の一店舗です。

表参道店には行ったことがあり、
吉祥寺にも店舗ができたというので、ぜひぜひ行ってみたくて。

紅茶は温めながら飲めるポットで出てきます。


そして、一番の目的であるパンケーキは「フルーツパンケーキ」。

先日の元町『モトヤ』のパンケーキより小ぶりで
食べやすかった。

そういうえば、レジの横では、お持ち帰り用のパンケーキのほかに
ドーナツも売られていました。
吉祥寺店限定の「パンケーキドーナッツ」だそうです。

今回はお腹がいっぱいで諦めたけれど
機会があれば、買ってみたい。

【j.s.pancake cafe】
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 吉祥寺パルコB1F
TEL 0422-28-0650
http://journal-cafe.jp/




mackypimacky at 22:23│コメント(0)トラックバック(0)

May 10, 2011

日曜日は永福町の後、吉祥寺へ足を伸ばしました。

高校時代は自転車でよく遊びに行った街です。
小学校の時は「遠足」といえば、井の頭公園が定番だったし、
私にとっては親しみのある街。

でも、社会人になってからは滅多に行かなくなったし、
結婚して藤沢に移ってからは一度も行っていませんでした。
いつの間にか伊勢丹もなくなっちゃったようだし。

久々の訪問なので、twitterで「吉祥寺のオススメスポットを教えて」と
呟いたところ、いろんな人から情報が寄せられました。

その中で一番気になったのは、このお店。
『Dans Dix ans(ダンディゾン)』というパン屋さん。


東急の裏の、ちょっとわかりづらい場所にあります。
階段を降りた先にある、地下のショップ。


パンは作る先から売れちゃうみたいで、あまり並んでいませんでした。


様々に配合を変えて焼いた食パンが人気のようです。

私はプチパン(グラッパ、ブラーヴォ)と、バター&牛乳のパン「BL30」を買いました。

ここの特徴は、店員さんが店内に何人かいて、
その人たちがパンをトレイに載せてくれるってこと。
お客さんは自分でトングとトレイを持てません。
私みたいに自分でゆっくり選びながらトレイに載せたい派(こんな派、いるのか疑問だけど)
にはちょっと物足りないシステムでした。
あと狭い店内に、それじゃなくてもお客さんがたくさんいるのに
店員さんが何人もいるからぶつかる。これって、いかがなものかと。

パンはどれも小ぶりだけどモチモチ感が抜群。
何より、お店の外にまで広がる、パンを焼いている匂いが
幸せな気分にさせてくれます。

【Dans Dix ans(ダンディゾン)】
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2−28−2
TEL 0422-23-2595
営業時間 10:00〜18:00
定休日 水曜日/第1・3火曜日
http://www.dans10ans.net/

mackypimacky at 14:22│コメント(0)トラックバック(0)