小栗旬

June 05, 2014

今シーズン(2014年4月スタート)のドラマは
忙しくて、録画はしていても観ていないものがほとんど。
ハードディスクの残量が日に日に少なくなっている…。

毎週、ちゃんと観ているのは『続・最後から二番目の恋』と
小栗旬主演の『BORDER(ボーダー)』。
border

『BORDER(ボーダー)』は最初、
「この設定にはいくらなんでも無理があるんじゃ」と思ったけれど
回を重ねるごとに面白さが増していって、引き込まれちゃいました。
脚本の出来がいいなぁと思って、チェックしたら
原案・脚本が金城一紀だったので納得。
岡田准一と堤真一が出ていたドラマ『SP』も、
映画の『GO』も『フライ、ダディ、フライ』も好きです。

第5話の宮藤官九郎がゲストの回がとても良くて
泣きましたね〜。
1話からずっと全般的に重苦しい雰囲気なんだけど
この回だけはクスッとした笑いがあっちこっちにあって
ホッとする瞬間のあるストーリーでした。

そして、今日は最終回。
いやー、すごい衝撃的な終わり方だった。
続編とか作れないよね、この作品。
『BORDER』ってタイトルにはいろんな意味があるんだろうけど
まさにそのタイトルを現わしているラストシーンだった。

いろんなことを詰め込まずに、パッと終わりにしたところが
ここ最近のドラマでは見たことのない、斬新な終幕だった。
そして、小栗旬って、こんなに演技がうまいんだ、と初めて知りました。
これまでも嫌いじゃなかったけれど(どちらかといえば好きだった)、
演技派と思ったこともなかった。
それが、このドラマでは静かだけれど、複雑な思いを抱えている
主人公をめっちゃリアルに演じていました。

金城一紀は最初から主人公は小栗旬と決めて
当て書きしたそうです。さすがだわ〜。

金城一紀作品には今後も期待します。

【BORDER(ボーダー)】
http://www.tv-asahi.co.jp/border/index2.html


mackypimacky at 23:39│コメント(0)トラックバック(0)

October 29, 2012

ドラマ『踊る大捜査線』の15年の歴史に幕を下ろす、最後の映画
『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』。


最後だ、最後だと前評判をあおり過ぎた気はしますが
まぁ、こんなものかなぁ。フジテレビの映画だもんね。
2時間ドラマっぽくても仕方なし。

設定があまりにもご都合主義っぽくて(犯人グループが)
「最後にまとめるためとはいえ、なんだかなぁ」と思っちゃいました。

観る前から「犯人は香取くん」という情報が氾濫していたけれど
最後のほうまで「あれ、どれが香取くん?」と
私は香取くんがどの役なのかわかりませんでした。
その辺はうまく撮っていたと思う。

これまで『踊る〜』はドラマも映画も全部観てきたので
「ああ、終わっちゃったんだ〜」という気持ちもありますが
いい引き際ではありますね。

しかし、深津絵里ちゃんの「すみれさん」が好きだったから
すみれさんが観れなくなるのは寂しいです。

【踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望】
http://www.odoru.com/index.html

mackypimacky at 00:15│コメント(0)トラックバック(0)

May 12, 2012

小栗旬、岡田将生というまさに「旬」の俳優が主演している
映画『宇宙兄弟』。
T0011070p

原作コミックをまとめ読みし、4月から日テレ系で放映されている
アニメも欠かさず見ているので、とりあえず映画も観てみました。
あまり期待をせず…(笑)。

17巻まで出ている原作の内容を
どうやって2時間の映画にまとめるのか。
それが一番気になったんですけど、
やっぱり、ものすごい端折り方だった〜。うーむ。

原作を読まずに観たら、もしかしたら感動できるのかもしれないけど
原作を知っているとガッカリ。
せめて、3部作ぐらいにしてほしかったな。

ハリウッド映画と違い、予算がないってことなんでしょうが、
宇宙のシーンや打ち上げのシーン、NASAのシーンなども
いまいちしょぼい。
明らかに合成って画面もあって、ちょっと残念でした。

小栗旬も、岡田将生もキャラクターとしては
原作の味を生かしていたので(男兄弟っていいな、と思えた)
なんだかもったいないなぁ。

【宇宙兄弟】
http://www.spacebrothers-movie.com/index.html

mackypimacky at 00:40│コメント(0)トラックバック(0)

March 06, 2012

近々、小栗旬、岡田将生の主演で製作された
映画が公開になる『宇宙兄弟』。


原作は2011年に講談社漫画賞と小学館漫画賞をW受賞した
同名コミックスです。700万部以上売れているらしい。
宇宙兄弟 コミック 1-15巻 セット (モーニングKC)
宇宙兄弟 コミック 1-15巻 セット (モーニングKC)
クチコミを見る

「はやぶさ」が3本も映画化されたこともでもわかるように
いま、日本ではちょっとした「宇宙ブーム」?

我が家の場合、ジュリアーニの仕事が宇宙関係なので
ブームが起こる前から、日常に「宇宙」があるんですけどね(笑)

まぁ、それはさておき…

子供の頃に描いた「宇宙飛行士になる」という夢を実現させるため
努力し続けて、ついに月基地へ降り立つ初の日本人宇宙飛行士となった
弟の南波日々人(ナンバヒビト)。

いつの間にか弟を応援するだけで、自身の夢を諦めていた
兄の南波六太(ナンバムッタ)。
そんな兄がある日、仕事を失い無職となるところから物語は始まります。

兄の本心を知る弟は、兄に内緒で
JAXAの宇宙飛行士募集に履歴書を送り、
奇跡的に書類選考を通ってしまう。

しかし、宇宙飛行士になるのは簡単ではなく
難しい試験が続々と出題され、数少ないうイスをめぐって
多くのライバルと競い合うことに。

一方、弟ヒビトはついに月へ向けて出発する。
しかし、月でのミッションは決して楽なものではなく…。

といったお話です(いまのところ)。

このマンガ、主人公である兄弟の絆や友人との絆、
そしてムッタとヒビトを見守る周囲の人々の優しさが
お仕着せがましくなくて、すごく良い!!
1〜16巻を一気に読んでしまいました。

時間の限られた映画ではどこまで描かれるのかわからないのですが
(たぶん、かなりカットされて拍子抜けなんじゃないかと予想)
原作は一読の価値あり、です。

【映画『宇宙兄弟』】
http://www.spacebrothers-movie.com/


mackypimacky at 22:34│コメント(0)トラックバック(0)