広瀬すず

July 19, 2015

細田守監督最新作、『バケモノの子』を観てきました。
20150719161400

Mr.Childrenが主題歌を担当しているってことで
すこーし気にはなっていたんですが
前回、『海街diary』を観に行ったときに予告編を観て
俄然、興味がわいてきてしまった。

細田監督作品は『おおかみこどもの雨と雪』しか観ていませんが
『おおかみ〜』と同じく、家族愛の話だなぁと思いました。
前回は母と子どもたちだったけれど、今回は父(師匠)と子ども。
『おおかみ〜』では人間の母と、オオカミと人間のハーフの子ども、
今回はバケモノと人間の子ども。
種族は違うけれど、子どもに精一杯の愛情を注ぎ、育む。
親としての根本的な愛情の在り方、みたいなのが伝わってきました。

もしかして、細田監督は子供時代に苦労したことがあるのかなと
考えてしまいました。
平凡な子供時代を過ごした人には書けない脚本な気がする。

それから、渋谷と代々木の街がかなりリアルに描かれていましたね。
慣れ親しんでいる景色がアニメで見られるってちょっと新鮮。

【バケモノの子】
http://www.bakemono-no-ko.jp/index.html

mackypimacky at 23:43│コメント(0)トラックバック(0)

July 17, 2015

妊娠中も、後期の安定していた頃には何本か
映画を観に行きました。

『ベイマックス』『うまれるずっと、いっしょ。』
『ANNIE(アニー)』『くちびるの歌を』
『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』
『アメリカン・スナイパー』
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
ほかにも数本、観ました。

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』と
『アメリカン・スナイパー』は今年度アカデミー賞の候補作でした。
どちらも実話が元になっているので、話に重みがありましたね。

さて、出産後、初めての映画鑑賞は
是枝裕和監督にとって初の原作ありの作品『海街diary』。
poster

主人公の四人姉妹を綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずという
豪華キャストが演じている、ということでも話題になっていますね。

私は原作のマンガの大ファン。

私の住む藤沢やお隣の鎌倉の、街並みやそこに漂う情緒が
丁寧に描かれているし、主人公たちの心情がものすごーくリアルに
描写されていて、ときに笑い、ときに涙して読んでしまいます。

是枝監督が映画化、ということで期待はしていましたが
原作ファンとしてはちょっと消化不良な内容だったかな。
でも、あれだけ深い話を2時間でまとめるのはさすがに無理があるかも。

四姉妹の演技はまったく期待していなかったんですけど
意外に良かったです。
特に長女を演じた綾瀬はるかが「上手い」と初めて思いました。
天然ボケっぽい役ばかりってイメージだったから
今回はしっかり者でシャキシャキしている役柄なので
ミスキャストでは?と思っていましたが、そんなことなかった。
キャスティングは成功ですね。

映画よりも連続ドラマで、是枝監督に作ってもらいたいなぁ。
しかも民放じゃなく、NHKとかWOWOWとかでお金と手間をかけて
製作したら、良いドラマになると思うんだけど。

【海街diary】
http://umimachi.gaga.ne.jp/


mackypimacky at 11:00│コメント(0)トラックバック(0)