恵比寿

April 01, 2014

恵比寿のロブションでアフタヌーンティーが楽しめると聞いたので
行ってまいりました。
CIMG0997

アフタヌーンティーは平日限定。
事前予約は不可なので、アフタヌーンティータイムの14時ちょうどに来訪。
ランチタイムのお客さんが帰って、空席ができたら入店できるということで
30分ほどロビーのソファで待ちました。
人数が多いと入れないこともあるようで、要注意です。
私たちは3人でしたが、「2人掛けの席しか空かなかった場合、案内できない」と
言われました。

まずはメニューから好きなケーキを1つ選びます。
CIMG1001

三段トレイではなく、お皿に盛られて出てきました。
CIMG1007

スペシャリテは
「ズワイカニ なめらかなアヴォカドのフォンダンにクリアーなトマトをあしらって」。
CIMG1011

もう1つは「甲殻類のジュレとういきょうのクレーム」。
CIMG1012

「サンドイッチと4色のカナッペ」。
CIMG1014

「特製スコーンに木苺とバラのコンフィチュールを添えて」。
そして、悩んだ末に選んだケーキ、「タルトフレーズ」。
CIMG1008

マカロンなど、5種の小菓子。
CIMG1009

紅茶はポットサービスでしたが、おかわりはできませんでした。
私たちは頼まなかったけれど、さし湯は可能かもしれません。

ハイクラスのホテルのアフタヌーンティーより
リーズナブルな価格で、これだけ味わえれば十分かな。
ただ、リピートしたいと思うほどのインパクトはなかったです。残念ながら。

【LA TABLE de Joel Robushon(ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション)】
http://www.robuchon.jp/latable


mackypimacky at 20:33│コメント(0)

January 19, 2013

本日は毎年恒例となっている
同じ歳の友人たちと楽しく美味しい料理を食べる会、
「クラブ・カランタン」(「クラブ・トランタン」から改めました)の日。
今年でもう11年目となります。
最初は3人でスタートしたカランタン・メンバーもいまや7名に。

レストランは悩んだ末に昨年秋に恵比寿にオープンした
『サロン メゾン・エメヴィベール』にしました。


昨年のクラブ・トランタンは麹町にある『メゾン・エメヴィベール』だったので
2年続けて姉妹店での開催、になりました。

こちらも麹町のお店と負けず劣らず、素敵な造り。
バーもあるウェイティングスペースもシックでゴージャスです。


まずは乾杯。
こちらはアルコールが苦手な人のために作ってくれた
バラの香りのジンジャーエール。

浮かんでいるのは生花のバラです。

アミューズ・ブーシェ。
「アカザエビのズッキーニ巻」。


こちらは「パンにつけて食べてください」と出された「豚のリエット」。


そして、こちらは表面がツルツルピカピカに成型されたバター。

「どうすれば、こんなにつやつやの丸い形になるんですか?」と
質問したら、「企業秘密です」とニッコリ微笑まれました(笑)。
あとでちゃんと教えてくれましたけど。

で、やっと真打ち。お料理の紹介を始めます。

まずは前菜。
「スコットランド産サーモンのマリネ 香草風味」。

右上に載っているベーコンが、カリッカリッなんですよ、これが。
サーモンの量もたっぷり。

お次はスープ。
私の大好きな「オニオングラタンのスープ」。


お魚料理は
「金目鯛のヴァプール ソース・ブールノワゼット」。


そして、グラニテ。


肉料理の前にはお肉専用のナイフを1人ずつ選ばせてくれました。

持ち手に象牙を使った1本1本、手づくりのナイフだそうです。

肉料理は
「シャラン産鴨のロースト カルダモンの香るリンゴを添えて」。


一口デザートは
柚子と人参とオレンジと金柑のスープ。


デザートは3種類からそれぞれチョイス。
私の選んだのは
「ラ・フランスのソルベとゴルゴンゾーラのクリーム
オレンジ カラメルソース」。


パリパリの皮と皮の間にソルベとクリームが挟まっています。


こちらは「80%カカオをつかった温かいビスキュイショコラ
バニラのアイスクリームとくるみのカラメルソース」。


「マスカルポーネのクリームとエスプレッソのグラニテ
シナモン風味のシュトロイゼル」。

右の筒の中にエスプレッソのグラニテが入っています。

最後に出てきた小菓子たち。

これは食べきれなくて、お持ち帰りにしてもらいました。

写真を撮り忘れてしまいましたが
パンも3種類出てきて、美味しかったです。

7人とも大満足のボリュームとクオリティでした!
サービスも完璧だし、コストパフォーマンスも良いと思います。

こちらのお店はレストランウェディングも行っているそうで
独身女子の皆さんは館内を「将来の参考に」と
食後に見学して歩いていました。

早く誰か、ここで結婚式をやってくれないかなぁ。

【メゾン・エメヴィベール】
http://www.aimeevibert.com/maison/


mackypimacky at 18:26│コメント(0)トラックバック(0)

December 23, 2010

今日は一日早いクリスマスランチを食べに
家族で恵比寿へ行ってきました。

本当はクリスマスのイルミネーションを見に、
表参道か六本木に行きたかったんですが
同伴者たちのリクエストが「日本食」だったので
なかなか空いてるお店がなく、悩んだ末に恵比寿ガーデンプレイス内にある、
ウェスティンホテル東京の日本料理店『舞』に決定。
CIMG1254

クリスマスシーズンの、恵比寿ガーデンプレイス名物となっている
バカラのシャンデリア。
CIMG1252

シャンデリアの下ではユニセフのチャリティーイベントも開催されていました。
CIMG1250

ウェスティンホテルのロビーに飾られているクリスマスツリーも
とってもキレイ。
CIMG1257

ツリーの足元にはプレゼントのぬいぐるみやオモチャがこんもり。
CIMG1259

数年前、六本木ヒルズのイルミネーションに心変わりするまでは(笑)、
ずっと12月後半にはこのホテル内のツリーやバカラのシャンデリアを
見るために、恵比寿を訪れていたんですよ。

さて、肝心のお料理。
まずは「聖夜にちなんだ前菜と小吸物」。
CIMG1272CIMG1274

次は「雪うさぎに包んだ白身と鮪のお刺身」。
CIMG1276

この氷で出来たうさぎを壊すと、中に鯛のお刺身が隠れています。
CIMG1281

「寒ブリの照り焼きと冬の焼野菜」。
CIMG1282

「冬の根菜と京湯葉の炊き合せ」。  
CIMG1287

土鍋で炊かれていた「鶏肉と牛蒡の炊き込みご飯」、「留椀」、「香の物」。
CIMG1290

最後は「クリスマスデザート」。
上に柿のシャーベットがのっている「柿のプリン」。
CIMG1292

2時間以上かけて食べたせいか、ものすごくお腹いっぱいに
なってしまいました。

店内には枯山水の庭があったりして
クリスマスとはかけ離れた空間でしたが(笑)
騒々しくないし、スタッフの目も行き届いていたので
気持ちよく食事を堪能できました。
年配の人と食事をするには良い店ですね。

食後は館内をちょっと散策。
ウェスティンホテルは外国からのお客様も多いので
すごく海外っぽいクリスマスを演出していて素敵です。
CIMG1302

外に出たら、もう夕暮れ。シャンデリアやイルミネーションが美しい。
CIMG1308

近くで見るとこんな感じ。
CIMG1305CIMG1307

ツリーもこんなにキレイなイルミネーションになっていました。
CIMG1312

恵比寿もそれなりに人は多かったですが
渋谷や新宿と比べれば落ち着いた雰囲気だったので
家族でゆっくりと過ごすにはとっても良かったです。

【ウェスティンホテル東京】
http://www.westin-tokyo.co.jp/


mackypimacky at 20:18│コメント(0)トラックバック(0)