浜松

September 29, 2015

今回の旅で一番良かったのは、
ムスメと友人宅の愛犬ココとの交流です。
DSC_3558

ココは私には慣れていて、私が一人の時には
ササッと近づいてきて、膝に飛び乗ったり、身体をスリスリ摺り寄せてくるのに
ムスメが一緒にいるときには一定の距離を保って、
絶対にムスメの手の届く範囲にはやってきませんでした。

DSC_3573

しかし、藤沢へ帰る最終日の朝。
いつも通り、距離を置いていたココちゃんですが…
DSC_3615

興味津々で近づくムスメに、いつもは逃げるのに…
DSC_3624

仕方なく(?)タッチさせてくれた!
DSC_3633

ムスメにとっては人間以外の生き物との初めての接触。
好奇心旺盛なのか、怖がることなく、ココに近づいていく姿は
なかなか面白かったです。
動物好きな子になってくれたらいいな。

帰路も新幹線「こだま」の自由席で帰ってきました。
DSC_3646

やはり、車内はガラガラで、同じ車両にお客さんは
私たち親子以外に2組しかいなかった(笑)。
指定席は混んでいたのに
自由席では隣席も遠慮することなく使えて得した気分でした。

「のぞみ」や「ひかり」じゃ自由席が少なくて無理だけど
「こだま」だったら自由席での旅もいいかも。

帰ってきてから、昨日買った『春華堂』の栗むし羊羹を食べました。
CIMG5256
甘さ控えめで、栗がこれでもかってぐらい、たっぷり入っていて美味しかった!

mackypimacky at 19:32│コメント(0)トラックバック(0)

September 28, 2015

本日は、うなぎパイで有名な『春華堂』のカフェでランチ。

『春華堂』にカフェがあるとは知りませんでした。
DSC_3609
DSC_3610

1階がショップで2階がカフェになっています。
カフェへ向かう階段の取っ手には、以前、出かけた
「うなぎパイファクトリー」と同様、うなぎがいます。
DSC_3596

カフェはゆったりソファがたくさん並んだ
ちょっと大人な雰囲気。
CIMG5246
CIMG5249

ムスメはふかふかのソファでお昼寝中。
CIMG5250

ランチで頼んだのは「クロックマダムセット(908円)」です。
DSC_3594

食事の後は1階のショップでお買い物。

「うなぎパイ」しか知らなかったけれど、
『春華堂』は洋菓子も、和菓子も取り扱っていて、
かなりおしゃれなパティスリーって感じ。
CIMG5240
CIMG5242
DSC_3605
DSC_3606

こちらは持ち帰りで買ったプチガトー。
「ピスタチオ薫るムース(340円)」。
DSC_3612
ピスタチオのムースの中には杏仁豆腐が入っていました。
なかなか他にはない組み合わせで新鮮でした。

◎子連れにやさしい度<☆☆☆>

【春華堂 佐藤店】
〒430-0807
静岡県浜松市中区佐藤2丁目35-23
TEL:053-411-1155
営業時間:9:00〜19:30
カフェ営業時間:11:00〜19:00
定休日:年中無休
http://www.shunkado.co.jp/shop/sato.php


mackypimacky at 22:11│コメント(0)トラックバック(0)

September 27, 2015

ムスメもだんだん成長してきて、グズることも多くなり、
家に2人きりでいるのが大変な今日この頃。
そんななか、ジュリアーニが出張に出てしまうので、
この機会に思い切って、ムスメとの二人旅に出ることにしました。

行先は大好きな浜松。
小田原から新幹線「こだま」に乗って、のんびり旅のスタートです。
DSC_3519

自由席にしたので、座席はガラガラ。
隣の席も気にすることなく利用できました。
ちなみに指定席は結構混んでいましたよ。

浜松駅前では出世大名・家康くんがお迎えしてくれます。
DSC_3643

浜松在住の友達一家に迎えに来てもらい、
そのまま、夕ご飯を食べに『とろろや本店』へ。

座敷席があるうえに
赤ちゃん用のクーハンを貸してくれるお店とのこと。
というわけで、ムスメは早速、クーハンで寛いでおりました。
DSC_3551

とろろは大和芋と自然薯から選べます。
今日選んだのは「秋の旬盛膳」。
DSC_3549

とろろの量は小盛なのにボリューム満点。
お腹いっぱいになりました。

◎子連れにやさしい度<☆☆☆☆>

【とろろや本店】
静岡県浜松市中区佐鳴台2-10-21
053-448-1905
http://r.gnavi.co.jp/n023000/


mackypimacky at 20:10│コメント(0)トラックバック(0)

August 08, 2013

浜松旅行のおまけネタ。

浜松に行ったら必ず買う、
大好きな『まるたや』のチーズケーキ。
今回ももちろん買ってきました。
CIMG1297

いつもは新幹線なので浜松駅で冷凍のチーズケーキを買って帰るんですが
今回は車なので、保冷バッグを持参。
ドライアイスもいっぱい入れてもらい、なんとか溶けないうちに
持ち帰ることが出来ました。

他にも美味しそうなケーキがいっぱい。
CIMG1300
CIMG1299

まるたやの代名詞ともいえる「あげ潮」も勢ぞろい。
CIMG1302

やっぱり、浜松はとても良い街。
また、近いうちに遊びに行きたいです。

【まるたや洋菓子店】
http://www.marutaya.net/

mackypimacky at 19:41│コメント(0)トラックバック(0)

August 07, 2013

浜松での最後の食事は、待ちに待ったうなぎです。

ジュリアーニが「関西風のうなぎがいい」というので
調べた結果(浜松在住の友達・ミオちゃんにもアドバイスもらいました)、
『かんたろう』に決定。
CIMG1272
CIMG1270

混むというので開店と同時の11時に行ったのに
すでに先客がたくさんいました。

関西風のウナギは注文後に捌いで、そこから焼くので
時間がかかります。
30分近く待って、うなぎ登場。

こちらがジュリアーニが頼んだ「うな丼」(2,300円)。
CIMG1282
CIMG1280

私が頼んだ「うな重」(2,500円)。
CIMG1287
CIMG1294

『かんたろう』のうなぎは4つにカットして、上の写真のように配置するのが
特徴だそうです。

関西風はうなぎを捌いた後、蒸さずに焼くから
外側がパリパリ、身はふっくら柔らか。美味しい〜。
関東では食べられないので、一口一口、楽しみながら食べました!

【かんたろう】
〒435-0028
静岡県浜松市南区飯田町616-2
TEL:053-464-6323
営業時間:11:00〜14:00、17:00〜20:00
定休日:月曜日
http://homepage1.nifty.com/kantarou/


mackypimacky at 22:31│コメント(0)トラックバック(0)

August 05, 2013

浜松最後の夜は、旦那さんの転勤のため去年から浜松に住む
友達・トモコ夫妻と遠州料理を味わえる居酒屋さん『霈召燭鵑函戮悄
CIMG1236

ジュリアーニが食べたがっていた「浜松餃子」。
CIMG1222

味噌だれの美味しい「霈哨曠襯皀鵝廖
CIMG1216

食べ終わると白米を入れてくれます。混ぜ混ぜして焼き飯風に。
CIMG1225

「遠州夢豚のごろ焼き」。
CIMG1217

「三方原じゃがバター」。
CIMG1231

締めは「いなさ饂飩(うどん)」。
CIMG1232

というように、ご当地料理を満腹になるまで食べ尽くしました(´∀`*)

ところで、このお店、店内にずっとオリジナルの演歌がかかっていて
それがかなりのインパクト。
どうやら社長が歌っているらしい。

頻繁に訪れているトモコ夫妻は、すっかり覚えてしまったようで
ビールで陽気になりながら一緒に口ずさんでおりました。

【霈召燭鵑函
http://www.tanto-otabe.com/


mackypimacky at 20:13│コメント(0)トラックバック(0)

August 03, 2013

去年末にアルファ・ロメオのアズキちゃんから
スズキのスイフト・マロンちゃんに乗り換えた我が家。

それ以来、冗談なのか、本気なのか、
ジュリアーニが「そのうち、マロンちゃんの故郷に行かねば」と
言っておりました。
マロンちゃんの故郷とは、スズキ本社のある浜松のこと。

なので、その言葉通り、やって来ました「スズキ歴史館」。
suzukirekishi01
事前予約は必要ですが無料で見学できます。

ここが意外にも(?)すごく面白かった!!
CIMG1077

3Dシアターやフライトシュミレーターミレーターなどのアトラクションもあるし
工場で実際に使用されているロボットの動きなども間近で観ることが出来ます。

男子は大喜びしそうな、古いバイクや車もたくさん展示されていましたよ。
suzukirekishi02
CIMG1102
CIMG1103
CIMG1109

こんな近未来的なものも!
CIMG1084

鈴鹿の8耐で優勝したバイクや、最新モデルの車なども並んでいます。
CIMG1074
CIMG1076

すぐに見終わっちゃうかなぁと思っていたけれど
結局2時間近く滞在しちゃいました。
ミニカーのお土産まであり、無料とは思えない充実ぶり。
ぜひまた見学しに来たい!

【スズキ歴史館】
〒432-8062
静岡県浜松市南区増楽町131
開館時間: 9:00〜16:30
休館日:月曜日
http://www.suzuki-rekishikan.jp/


mackypimacky at 20:20│コメント(0)トラックバック(0)