神様

January 08, 2013

飯田橋にある東京大神宮で
ジュリアーニの後厄の厄除祈願をしてきました。

東京大神宮は「恋愛の神様」として人気が出て以来、
三が日は信じられないぐらい混んでいて
参拝するのに2〜3時間かかるようになってしまったので
(以前は10分ぐらい並べば参拝できた)
元日の初詣に行くのはやめてしまいましたが
厄払いはずっと東京大神宮で行っているので
平日の今日、行くことにしたのです。

でも、平日なのに…混んでた。信じられない。


参拝するのにも並びました。平日の昼間なのに〜。
みんな、会社や学校は休んできているの!?


御祈祷も、到着してすぐの回は満員で、
次の回にされてしまいました。
おかげで30分ぐらい暇になってしまい、
おみくじを引いたり、お守りを買ったりして時間潰し。

おみくじ売場もお守り売場も本当に女性ばかりで
異様な熱気がみなぎっていて居場所がなかったです。


恋をしたい、もしくは結婚したいって願う女性って
こんなにたくさんいるんだなぁと
東京大神宮へ行くたびにしみじみとしてしまいます。
がんばれ、独身女性たち!

さて、やっと、祈祷の時間になり本殿へ。
祈祷をお願いする人が多いからなのか、手抜きからなのか、
祈祷の儀式は年々質素になっている気がします。
今年は巫女さんの舞のときの音楽が生演奏じゃなかったです。

東京大神宮で祈祷を受けるとお土産がもらえるのですが
1人分(初穂料5000円)のセットを2つ持ち帰るか、
2人分(初穂料10000円)のセットを1つ持ち帰るか、
最初に確認されます。
前厄(←ジュリアーニの)の時は
1人分を2セットもらったけれど、すごく重たかったので
去年の本厄のときから2人分の1セットにしてもらいました。
それでも、相当重いですけどね。

今年はこんな品々でした。


2人分の御札のほかに
破魔矢や絵馬(すぐに書いて神社に奉納してきました)、
御神酒、御神水、お茶、入浴剤、和菓子(羊羹3種類)、
餅、福財布などなど。

そうそう、厄除け祈願が終わり、本殿から外へ出たら
今度のフジテレビの月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』の
製作発表記者会見が突然始まり、
剛力彩芽とEXILEのAKIRAと高橋克実さんの3人が
着物姿で登場しました。

まったく、そんなことが始まるなんて予告がなかったので
そのとき境内にいた人たちは「このたくさんのカメラマンたちは
いったいなんなの?」と遠巻きに見ていたんだけれど
剛力彩芽が振り袖姿で出てきた瞬間に
「これは何かのイベント!?」と気づき、大騒ぎになっておりました。

私は剛力彩芽よりも高橋克実さんを見れたことが嬉しかったですけどね(笑)。


mackypimacky at 23:52│コメント(0)トラックバック(0)