節分

February 03, 2014

節分です。
というわけで、豆まき&恵方巻き。
CIMG0575
恵方巻きは今年の吉方、東北東(寅の方角)に向かいながら
無言でもぐもぐと食べました。
しかし、年々、1本食べきるのがつらくなってきている…。

とか言いつつ、今年はデザートに「恵方ロールケーキ」も買ってみました。
CIMG0617

デザート界まで進出するとは
恵方巻きもすっかり関東で定着しましたね。

mackypimacky at 21:36│コメント(0)トラックバック(0)

February 05, 2012

今年も節分の深夜0時。

電話で時報を聞き、自宅にある電波時計に狂いがないことを
確認した私は、0時ピッタリに
2012年の吉方位が「北北西」ということで、南側の壁に
穴八幡宮の「一陽来復」と放生寺の「一陽来福」の
お札をしっかりと貼りました。
<お札の詳細は→ 1月8日の日記 ←に書いています>


これで、今年も良い金運がめぐってきますように!


mackypimacky at 18:32│コメント(0)トラックバック(0)

February 04, 2012

今年も節分がやってまいりました。

もちろん、今年も恵方巻を食べましたよ〜!

2012年の吉方位である「北北西」を向いて
無言でパクパク。

ジュリアーニは帰りが遅かったので
豆まきは私一人で、「鬼は外、福は内!」ってやりました。


お豆は歳の数(+1個)を食べました。

子供の頃はたくさん食べたいと思ったけれど
この頃は「もう、いらない」ってぐらいの数になってきた(笑)


mackypimacky at 22:30│コメント(0)トラックバック(0)

January 08, 2012

冬至、大晦日、節分。
この3日間の0時00分から0時01分までの
わずか1分間の間にしか、貼ることが許されない
「一陽来復」のお守り(お札)をもらいに、
早稲田の穴八幡宮へ行ってきました。


商売繁盛、金運上昇の効果がある
「金銀融通」のお守りとして人気が高いんですが
冬至から節分までのわずか1か月半しか入手できません。
というわけで、初日の冬至には全国からお守りを
手に入れるために、大勢が訪れて、早朝から長蛇の列になります。

私は年明けの平日に訪れたので
ありがたいことに、境内はガラガラ。
今年も例年通り、一陽来復御守と懐中御守をいただいてきました。


今年は恵方(吉方位)が
亥子(真北から少し西よりの方角)だそうです。


去年とは反対側の南の壁に貼らねば。

穴八幡宮で「一陽来復」御守をいただいたら
そのまま、隣の放生寺へ移動。

こちらの御守は「一陽来福」というように
4文字目が「福」の字になっています。


もともとは穴八幡宮の別当寺(神社内のお寺)だったのが
明治の神仏分離で、神社とお寺に分かれたということで
お互い「こっちが本家本元」と主張し合っているようです。

私はここ数年、両方で御守をいただいて、
上下に並べて貼っています。


上下で貼るようになってからのほうが
なんとなく金運が良くなったような気がする。
あくまで気がするだけですが…(笑)。

とりあえず、2月3日の節分の0時に、
絶対に貼り忘れないようにしなければ!
また2月3日に報告します。


mackypimacky at 11:05│コメント(0)トラックバック(0)

February 03, 2011

本日は2011年の節分です。

季節の行事にまったく関心のないジュリアーニに
朝から「今日は豆まきの日だからね!」とアピールし続けた結果、
帰宅後に仕方なく(?)ちょこっとだけ豆まきをしてくれました。
主に、私にぶつけてきたけどね!

毎年続けていけば、そのうち「節分だから豆まかなきゃ」って
思ってくれるようになりますかね?

そして、もちろん、恵方巻を
2011年の吉方位「丙(南南東)」を見ながら
無言でモグモグと食べました。

恵方巻の正しい食べ方は以下の通り。
(1)吉方位(恵方)を向いて食べる。
(2)切らずに1本を丸ごと食べる。
(3)願い事を祈りながら、無言で食べる。

恵方はその年の福徳をつかさどる歳徳神(としとくじん)という神さまが居る方角で
そちらを向いて食べることが何事も良くなるってことらしいです。

切らずに食べる理由は「縁を切らないようにする」ってことのようですね。

そして無言の理由は、食べているときにしゃべってしまうと
「福が逃げる」ということらしいです。

諸説ありますがとりあえず、やるべきことはやったので
願いが叶うかな?

あ、今日は私が大晦日に貼った
早稲田の穴八幡宮と放生寺の「一陽来復」&「一陽来福」の
お札を貼れる最終日でもあります。
お札を持っている人は、0時00分から0時01分の1分間の間に
忘れずに貼りましょうね!

<過去の一陽来復&一陽来福のお話>
http://mackyland.net/archives/2011-01.html?p=5#20110102

mackypimacky at 23:30│コメント(0)トラックバック(0)

January 02, 2011

ちょっと時間を戻して、
2011年1月1日になってから、わずか60秒間のお話。

そもそもの話はこちらで読んでもらうとして→「一陽来復」の話

早稲田にある穴八幡宮で授けてもらう「一陽来復」と
穴八幡宮の隣にある放生寺で授けてもらう「一陽来福」のお札は
冬至、大晦日から元日、節分の3回しか貼るチャンスがありません。
CIMG1491

しかも、貼っていいのは0時0分から0時1分までのわずか1分間だけだし、
もし貼った後にお札がはがれちゃったりすると効果はなくなるとのこと!

今までは年明けにお札をもらいに行って、節分に貼っていましたが、
今回は冬至後にもらいに行き、大晦日に貼ってみようと思いました。
なるべく長い時間、貼っていたほうが効果があるかなぁなんて。

しかし、毎回、毎回、お札を貼るときはかなり緊張します。
いつも直前に時報を聞いて、秒単位で正確な時間を計るんですが
それが余計に緊張感をあおるんですよ〜。

2011年の恵方は「巳午(みうま)」。
真南から少し東寄りの方角だそうです。
北側の壁か柱に、巳午の方向に向けてお札を貼ります。
いただいた指示書(?)を熟読し、
方位磁石を使いながら、方角を確かめて
壁のどこに貼るかも何度か確認しました。
CIMG1514

お札貼りに集中していて、今回は年越しなんて関係なかったなぁ。。。

私の真剣な様子を見て笑っているジュリアーニが
テレビの時計を見ながらカウントダウンしてくれましたが
私は手元の電波時計(我が家で一番時間が正確で信頼できる時計)から
目が離せませんでした。

2011年1月1日0時0分01秒の表示を見た瞬間、
慌てて、用意していた脚立に乗って、お札を貼った台紙を画鋲で壁に留めました!
CIMG1497

2つのお札は横に並べて貼ってはいけないそうです。
神社(穴八幡宮)のものを上、お寺(放生寺)のものを下に貼るのが
正しい貼り方ということでした。

それから、今回知ったことは
一陽来復のお札の中には「金柑(金)」と「銀杏(銀)」の
実が入っているんですって。
「金銀融通」のお札だからなんでしょうが
昔の人って、ダジャレ好きだったとしか思えない…(笑)。

お財布に入れて持ち歩ける、小さいお札ももらってきたので
しっかりと財布に忍ばせています。

ここまでちゃんと指示を守ったのだから
「金銀融通」(お金に困らない)の願いがぜひとも通じますように!!

mackypimacky at 23:52│コメント(0)トラックバック(0)