綾野剛

September 22, 2015

久しぶりにマンガの一気買いしちゃいました。

10月からTBSで綾野剛主演でドラマ化されるらしく、
一気に全巻揃えたかったのに、全然在庫がない状態で
1ヵ月ぐらい購入を待ちましたよ。

それがこちら。鈴ノ木ユウ著『コウノドリ』。

コウノドリ(10) (モーニング KC)
コウノドリ(10) (モーニング KC) [コミック]

産科医の鴻鳥(こうのとり)サクラ先生が主人公となり、
妊娠・出産のエピソードを描いている作品です。
男性コミック雑誌で、妊娠・出産を描くって、かなり異質ですが
2015年の講談社漫画賞のノミネートされるぐらい
高く評価はされているみたい。

いやー、泣けます。
ページをめくるごとに泣いちゃいます。
出産直後ってこともあるけれど、どの話も身につまされる場面が多くて。
私も決してスムーズな妊娠・出産ではなかったので(むしろ、問題だらけだった)、
『コウノドリ』を読んでいると、出産って本当に奇跡なんだなと改めて実感します。

最近、自分の子育てに煮詰まることが多いので
落ち込んだときにこの本を読むと、明日も頑張ろうって思えます。

綾野剛のドラマはどうなんでしょうね。
原作がこれだけいいんだから、ドラマ版にも期待しちゃうな。


mackypimacky at 11:25│コメント(0)トラックバック(0)