藤沢市

July 31, 2011

買い物へ行くたびに近所(湘南台)で見かける
会社のロゴマークが気になって仕方ない。


気になって、気になって、ついに調べちゃいました。

このキャラクターは佐藤商事株式会社の「マーシャン」。
な、なんとちゃんとした名前があった!


1946年、当時の社長が製造している洋食器や雑貨につけるマークとして、
英国の会社の商標図案をヒントに作成したそうです。
そして1958年、当時話題だった「火星人」に似ているということで、
マーシャン(火星人)と命名、 2年後には特許庁に出願し、商標となったとか。

左右の手はスパナ。手を大きく広げているのは金属商社であることを意味していて、
頭の5本の毛は人の和、仁義、礼、知、信を重んじる心を表すと同時に、
世界の5大陸に向け進展するという理想を掲げたもの。
<※参照Blog「SFC CLIP」

なんだか、デザインからは想像もできないぐらい深いぞ…。

佐藤商事は1955年に自社洋食器工場を設立し、
カトラリーやキッチンウェアなどのオリジナル商品を
「マーシャンブランド」として製造・販売しているそうです。
つまりフォークとかスプーンにマーシャンが付いているってこと。
皆さん、一度、おうちにあるカトラリーをチェックしてみてください。

(↑)この火星人がいるかも。

プロダクトデザイナーの柳宗理さんがデザインした
ステンレスカトラリー、ステンレス鍋、鉄フライパン、耐熱ガラスボール、
南部鉄器、キッチンツールなどの調理器具も製造・販売していて
それにもマーシャンマークが付いているんですって!

楽天市場やamazonでも「マーシャン 食器」って検索すると出てくる!

そんな立派な仕事をしているロゴマークだなんて!!!
いやー、何事も見た目で判断してはダメですね。

ちなみに、佐藤商事の社章もこのマーシャンなんですって。
電車の中で隣のサラリーマンが襟にマーシャンの社章を着けていたら
心の中で応援してあげてください。

【柳宗理デザインシリーズ(佐藤商事株式会社)】
http://www.yanagi-support.jp/series/index.html


mackypimacky at 21:32│コメント(0)トラックバック(0)

November 27, 2010

毎年、8月の第一火曜日に開催されていた「江の島花火大会」。
毎回15万人以上が訪れる人気の花火大会でしたが
今年の夏は名前を「江の島納涼花火」と変え、
規模も大幅に縮小されちゃいました。

理由としては、11月上旬に横浜でAPECが開かれるため、
花火大会が開催される時期に警備を担当する
藤沢警察署や神奈川県警の警察官たちが訓練に入ってしまい、
例年のような警備が不可能だから、ということだったそうです。

そのかわり、藤沢市制施行70周年記念「藤沢市花火大会」と銘打って
本日、改めて江ノ島で花火大会が開催されました!

冬に海辺で花火大会なんて絶対に寒い〜!と思いましたが
花火好きな私が行かないわけにはいきません!!

夏は早めに会場周辺へ行かないと見る場所を確保するのに苦労しますが
冬だし、18時〜18時45分と打ち上げ時間も短いので
それほど混まないと予想し、自宅を出たのは17時半過ぎ。
予想どおり、海岸までスムーズに移動でき、
打ち上げ前には鵠沼海岸へ無事にたどり着きました。
(片瀬江ノ島駅は混雑していると思い、鵠沼海岸で電車を降りて歩きました)

座る場所も十分にあり、のんびりと花火を鑑賞。
ほかの花火大会では観たことがないデザインの花火もいくつかありました。
全部で3000発ぐらい打ち上げられたようです。
CIMG0571
CIMG0515
CIMG0580
CIMG0529

帰りも駅で入場規制されることもなく(夏は電車に乗るまで30分以上かかった)
スムーズに自宅へ帰れました。
打ち上げが終わったのは18時45分なのに
19時15分には自宅付近に戻っていたんですよー。近ーい!

こんな近所でゆったりと花火大会を楽しめるなんて、
花火好きな私にはとってもありがたい。

来年も夏ではなく、ちょっと季節をずらして開催してほしいです。
11月末はちょっと寒いので10月後半とかがいいのでは?

mackypimacky at 23:35│コメント(0)トラックバック(0)