銀色夏生

January 14, 2011

私の好きな詩人、銀色夏生さんが最近、
自身の作詞作品のみを販売するレーベル「サマーボーンレコーズ」を
立ち上げました。

CD販売の第一弾は、銀色さんのお嬢さんである
k-k(カーカ)がボーカルを務める
山元バンドの『ハイネ/神聖な想い』。
ハイネ/神聖な想い
ハイネ/神聖な想い
クチコミを見る


そして第二弾は1月12日に発売された
銀色プレゼンツの『輝き』。
輝き
輝き
クチコミを見る

銀色プレゼンツとは、銀色さんの歌を歌ってくれる、
山元バンド以外の方々の名称のようです。

銀色さんが過去に作詞しリリースされた曲も、
カバーしたりするらしいのでこれからが楽しみ♪


mackypimacky at 16:58│

November 29, 2010

私の大好きな詩人・銀色夏生さんが
今年に入ってから突然、積極的に世の中へ出始めました。

作詞家としてデビューしてから約27年、
そして本を出す詩人としてデビューしてから約25年。
これまではメディアに載ることはほとんどなく、
著書の中でしか知ることができなかった彼女の思いや考えが、
急にいろんな媒体を通して知ることができるようになったんです。

うれしいような、少し寂しいような気持ち。

ラジオに出たり、CDを出したり、トークライブを開いたりと
日々、大忙しのようですが、そんな中、本人の責任編集で
ムック本が発売されました。

KAWADE夢ムック『銀色夏生 その瞳の奥にある自由』

文藝別冊 銀色夏生---その瞳の奥にある自由 (【責任編集 銀色夏生】 KAWADE夢ムック)
文藝別冊 銀色夏生---その瞳の奥にある自由 (【責任編集 銀色夏生】 KAWADE夢ムック)
クチコミを見る

亡くなった尾崎豊との対談なんかも再録されていて
全然かみ合っていない対談ぶりが面白いです。

私は中学生のときから銀色さんの詩のファン。
20年近く前から彼女がライフワークのように綴っている
『つれづれノート』というエッセイは、ページが擦り切れるぐらい
何度も何度も読んでいます。
私の人生のバイブルとも言える。

『つれづれノート』はだいたい毎年1冊のペースで出ているんですが
もう19冊になります。

ムックには、つれづれの愛読者にとっては慣れ親しんだ「銀色さん」が
いっぱい登場していて身近な感じがしますが
このムックで初めて銀色夏生を知る人には
ちょっとビックリするようなところがあるかもしれません。
何も知らない人が読むとどう感じるのか、ちょっと知りたいなぁと思います。

mackypimacky at 21:01│コメント(0)トラックバック(0)

June 26, 2010

大好きな銀色夏生さんのエッセイ、つれづれノートの最新刊、
『今日、カレーとシチューどっちがいい?』が発売されました。

今日、カレーとシチューどっちがいい?  つれづれノート (18) (角川文庫 き 9-18)
今日、カレーとシチューどっちがいい? つれづれノート (18) (角川文庫 き 9-18)
クチコミを見る

まだ、買ったばかりなので、これから読みます。

そうそう、9月まで角川文庫の「銀色夏生フェア」が開催されるそうで
銀色さんの過去の作品で絶版になった詩集も
再販されるとのこと。早々に本屋さんへチェックしに行く予定です。

最近、銀色さんがtwitterを始めました。
本の中、そのままのマイペースな発言の数々で
フォローしていて、すごく面白いです。

大好きな作家の日常を知ることができるって
twitterの利点の1つですね。

mackypimacky at 23:09│コメント(0)トラックバック(0)

March 13, 2010

私の大好きな、詩人でエッセイストの
銀色夏生(ぎんいろなつを)さんの公式ホームページができました!

ここ数年(いや、10数年?)、どちらかというと
あまり表舞台には出てこなかった銀色さんですが
久しぶりにエンジンがかかってきた模様。

本もたくさん出版されるようで、本当に楽しみ!

次の新刊は角川文庫から出る『カイルの森』です。
200909000016















■銀色夏生公式サイト■
http://www.ginironatsuo.com/index.html

mackypimacky at 22:43│コメント(0)トラックバック(0)