飯田橋

January 06, 2017

都内に出る用事があったので、
ついでに(って言ったらいけないのかもしれませんが)
毎年、お参りしている飯田橋の東京大神宮へ寄ってみました。
rps20170109_043401

平日の昼間だから空いているだろうと思ったら大間違い。
近頃話題の、ベビーカーで参拝なんて絶対にできない混雑具合だったので、
ベビーカーは邪魔にならない端っこに置かせてもらい、
ムスメには歩いてもらって参拝しました。

砂利道や階段もあったけれど、なんとか到着。
rps20170109_043417
rps20170109_043350

お賽銭を入れるのも初めて、パンパンと手をたたいてお参りするのも初めて。
初めて尽くしでしたが、ぐずることなく、ちゃんとできました。

お守りを買ってから、おみくじ。
もちろん、おみくじを引くのも初めてで、手にしてもなんだかわからない様子(当たり前!)。
rps20170109_043445

ムスメのおみくじは「小吉」でした。
DSC_2857
本人は結んであるおみくじに興味津々で
なんとか外そうと頑張っていました。
外したらダメだからね!!

mackypimacky at 20:49│コメント(0)トラックバック(0)

January 08, 2014

毎年、恒例となっている東京・飯田橋の
「東京大神宮」で初詣をしてきました。
CIMG0138
(1月3日に葉山の森戸大明神に行ってしまったので
正しくは“初”ではないと思いますが…)

去年はジュリアーニが厄年で、お祓いをしてもらい(ついでに私もしてもらった)、
お札をもらっていたため、お札を返す&お礼参りも兼ねています。
CIMG0121

参拝するために何時間も待たなきゃいけない三が日は避け、
空いていそうな、平日の夕方近くを狙って訪れたにもかかわらず、
そこそこ混雑していました。

今や、東京で一番の恋愛系パワースポットなんではないだろうか。
おみくじやお守りを買う女子が相変わらずいっぱい。
CIMG0126

平日なのにこんなに人(ほとんどが女子)がいるなんて!
皆さん、会社とか学校は休んできているんですかね。
若い人だけじゃなく、私と同年代やもうちょっと上の人たちも
たくさんいました。
そして、年々、若い男性の参拝者(たいてい2〜3人のグループ)が
増えている気が…。

「婚活」って言葉は、まさにこの場のためにあるような気がします。
この神社に来て、「縁結びみくじ」を引いている女性を見かけたら
最大のチャンス!!
「彼氏もしくは旦那様募集中」の可能性が高いので
男性陣は何か理由をつけて接触を図るべし。

私は、おみくじを引いて、その内容に一喜一憂している
女子の会話を聞くだけで楽しい。
何歳になっても「恋がしたい」ってパワーはまわりを明るくしますね!

mackypimacky at 02:59│コメント(0)トラックバック(0)

May 24, 2012

ミスチルのライブが3時間半だと思っていたので(←しつこい)
終了後に藤沢へ帰るのは難しいかなと考えて
都内のホテルに宿泊しました。

ライブ会場が東京ドームなので、そこから徒歩で帰れる範囲と定め、
いろいろと検討した結果、以前からずっと「泊まってみたい」と憧れていた
飯田橋(神楽坂)にある『アグネスホテルアンドアパートメンツ東京』に
泊まることに!


oz mallのプランを利用したせいか値段はとても安かったんですが
もう大満足のお泊りになりました。

お部屋も広くてきれいだし、バスルームにはシャワーブース付。


部屋に備え付けのお茶には紅茶、コーヒー、日本茶のほか
ハーブティーも用意されていました。


ちょっとハイソな外国人の利用者が多かったですね。
そのせいか、随所に配慮が行き届いていて
とても居心地が良かった。

朝食も、絞りたてのオレンジジュースや出来立ての玉子料理などが揃い、
美味しくいただきました。


パリのプチホテルみたいなこじんまりとしたホテル。
都内に泊まるときの定宿にしたい1軒です。

【THE AGNES HOTEL AND APARTMENTS TOKYO】
162-0825
東京都新宿区神楽坂2-20-1
TEL 03-3267-5505
http://www.agneshotel.com/



mackypimacky at 18:14│コメント(0)トラックバック(0)

January 07, 2012

昨年の元日、例年通り、東京大神宮へ初詣へ出かけたら
何がどうしちゃったのか、長蛇の列ができていて
参拝するのに4時間も(!)かかって辟易…。

というわけで今年は元日参拝は諦め、
仕事始めが過ぎてからの平日に「東京大神宮へ行ってきました。


昨年は4時間もひたすら待つしかなかったので、
暇つぶしに周囲を観察していたんですが
カップルで来ている人たちや、家族連れの人もいたものの
大半は女性のグループ。
あっちこっちから聞こえてくる会話は
「今年こそ彼氏が欲しい」「今年こそ結婚相手を見つける」などなど。
恋人募集中の人が都内近郊でこんなに大勢いるのか、と
ある意味、感動する光景でした。。。

さすがに今日は行列はできていなかったので一安心。
それでも、たくさんの女の子がお参りをしに来ていた。


1人で来ていても、グループで来ていても
女性はみんな、いくつもおみくじを引き(一番人気は「縁結びみくじ」)、
いろんなお守りを買っていました。
みんな、頑張れ〜。

今年の驚きは男性グループが多かったこと。
男の子が「縁結びおみくじ」を引いて、一喜一憂している姿が新鮮でした。
ついに男性の中でも「恋人(彼女)が欲しいなら東京大神宮だ」という
認識が広まったのでしょうか。

さて、今年は同居人ジュリアーニが本厄なんですが
本人はまったく厄払いなどに興味がありません。
「バレンタインデーはお菓子屋の陰謀だ」というのと同じレベルで
「厄年なんて、神社が設けるための陰謀だ」と言う人なので(笑)
厄年の意味を説いたところで、のれんに腕押し。

この年齢には有無も言わさず体調に変化がくることが多いから気をつけて!
という昔から延々と受け継がれている「忠告」だと私は思っているので、
気をつけるに越したことはないと思うんですけどね。

厄除け祈願も絶対に受けなきゃいけないものではないでしょうが
私はお祓いを楽しみながら受けるタイプなので、せっかく厄年なら
受けたほうがいいんじゃないと思ったりします。

で、今年はジュリアーニの代理で、私が厄払いを受けてきました。
本人の生年月日、住所、名前を書き、あとは「代理です」というだけでOK。
神様は意外と臨機応変ですね〜。

私もついでに「心願成就」というオールマイティーなお願いで
ご祈祷してもらいました。

東京大神宮で祈祷を受けると、帰りにお土産をもらえるんですが
今年は2人分だったので、こんなにたくさん。


それぞれのお札のほかに、破魔矢、絵馬、お神酒、ご神水、神塩、
お箸、入浴剤、海苔、とらやの羊羹、お財布、お餅などなど。

ありがたいけれど、めっちゃ重かったです〜。


mackypimacky at 11:04│コメント(0)トラックバック(0)